ダイハツムーブのエアコンについての質問です。 エアコンガスの添加剤を購入しようと思っているのですが、134a専用の物でもよいのでしょうか? 平成20年式なのですが、ガスの種類は134aな

ダイハツムーブのエアコンについての質問です。 エアコンガスの添加剤を購入しようと思っているのですが、134a専用の物でもよいのでしょうか? 平成20年式なのですが、ガスの種類は134aな のでしょうか? よろしくお願いします。

車検、メンテナンス817閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

エアコン添加剤でもノウハウを持っているショップがあります。 作業はディーラー、ショップ等になります。 あるショップの情報です。 こちらはワコーズではありません。 軽自動車にコンプブーストは確実の効果が現れます。 これは...間違いがありません。 施工はいつもの...SST http://minkara.carview.co.jp/userid/343904/blog/30620790/ このコンプブーストは日産のディーラーで作業出来ます。 日産純正部品になっています。 http://www.nissan.co.jp/SERVICE/MAINTE/SUPPLEMAINTE/POWER/ http://nutec.jp/lineup/comp-boost/nc200.html エアコンのコンプレッサーの内部潤滑およびシステムの機密性を高めてガス漏れをふせぐために使用しているコンプレッサーオイル用の添加剤です。 説明動画 http://www.youtube.com/watch?v=WkMybF0TtH0 コンプブーストの添加によってエアコンによるフリクションロスが劇的に低減します。 エアコン・コンプレッサーのフリクションロス(損失馬力)の低減はエンジンの性能向上やチューニングに比べてその進歩は少なく、ましてフリクションの低減はあきらめに近いものがあります。 そのフリクションロスの低減に最新のテクノロジーとエンジニアリングで真剣に取り組んだ製品です。 冷媒が「R12」を使用していた時代は、冷媒自体が塩素系で潤滑性能に優れ、コンプレッサーオイル自体にはあまり大きな負担を担わされておらず、鉱物油や部分化学合成が使われていました。 しかし「R12」には環境問題やエアコンシステム内部の腐食や摩擦などの問題が多く、「R134a」に取って代わることになりました。 「R134a」は非塩素系で環境やシステムの腐食問題にやさしく、より安全な冷媒ですが自己潤滑性にとぼしく、ここにきてようやくコンプレッサーオイルの重要度が増してきました。 NC-200 コンプブーストは耐熱や耐久性、油膜保持が良好である100%エステルの化学合成油に、ニューテックのノウハウを注入した特殊添加剤を配合することによって、エアコンシステム内部のフリクションを劇的に低減するとともに気密性を高め、今までにはない程のシステムの高効率化を実現しています。 これによりコンプレッサーの回転が軽くなり、エアコンON/OFF時のショックや走行中のパワーロスが激減。 また、冷媒の流れを含め、スムースに各部が作動するために燃費の向上や騒音も低減し、エアコン自体の耐久性が向上します。 もちろん塩素系素材は一切使用していないので内部金属面、ガスケット、シール類への攻撃性はなく、継続的に減摩作用・高気密性を保ちます。 小・中排気量車や欧米車などは特に効果が実感しやすく、ACの常時作動が気にならなくなるでしょう。 チューニング車などのエンジンパワーとコンプレッサーのフリクションでエアコンコンプレッサーが焼き付きやすい車両や電磁クラッチが破損しやすい車両などにも効果的です。 施工自体は通常のエアコンオイルの注入と変わらず低圧側からの注入で済み、専用の充填機が必要ないのも特徴です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2013/8/1 10:13

その他の回答(1件)