ここから本文です

asの訳し方について

cha********さん

2013/7/2611:33:26

asの訳し方について

英語が苦手な理系大学生です。
よく英語の論文を読むのですが,asの訳し方にいつも苦戦します。
品詞は判別できるのですが,ネット辞書で調べてもどの訳が当てはまるのかがわからないのです。

どんなことでもいいので,asが出てきたときの訳し方のこつを教えてください。
よろしくお願いします。

閲覧数:
349
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

und********さん

2013/7/2611:57:50

asには、いろんな意味が辞書に載っていますが、実は、Asの基本イメージは、一つしかありません。
それは、天秤の真ん中にある支点です。シーソーで言えば、板の真ん中にある台です。
A as B と、言えば、AとBが、天秤の両方に載せられて、釣合っているイメージです。
A of Bの場合は、AとBは、同じものA=B のイメージなのですが、A as Bは、AとBは、同じではないけれど、ある点に関して等しい 釣合っている というニュアンスです。
だから、比較 A as 形容詞 as B なんかでは、形容詞の表す性質において、AとBは、同じだ というニュアンスになりますし、A as B では、BとしてのA 例えば、 He is good as a doctor. のように、医者(とういう面では、)、彼は、良いよ。 のような使い方をします。また、理由を卒いる節の文頭に接続詞として、使う場合もあります。Becauseと同じような使い方です。
becauseと違うのは、理由の原因が、会話している人にもよくわかっている場合にasを使います。
例えば、彼は、若いので、その職は、彼には無理だろう なんていう場合、彼が若いことをみなが知っているなら、
As he is young, he is not suitable to the post.のように使いますが、これは、彼が若い という理由と、その職にふさわしくないという結論が、釣合っている と考えているので、Asを使います。
また、よく会話の中の常套句として使われる As you know みなさん、ご存知の”ように” というAsも、皆さんが知っていることと、これから、私が言おうとしている内容が等しい(釣合っている)のですよ というニュアンスでAsを使っています。
このように、一見、まったく違う意味で使われているように見えても、Asの持っているイメージは、実は、一つしかないのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる