ここから本文です

(登録免許税)裁判所書記官による嘱託抹消の場合

bei********さん

2007/3/2313:56:06

(登録免許税)裁判所書記官による嘱託抹消の場合

裁判所書記官の嘱託によって登記が抹消される場合、抹消分として登録免許税1000円はかかりますか?また登記官の職権による場合はどうなんでしょう?

閲覧数:
4,389
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

裁判所書記官の嘱託によって登記が抹消される場合は、抹消分として登録免許税1000円はかかります。
(予納金から支出されます。)

また登記官の職権による場合は、掛かりません。

<登録免許税法>
(嘱託登記等の場合の納付)
第23条
(第1項)官庁又は公署が別表第1第1号から第31号までに掲げる登記等を受ける者のために当該登記等を登記官署等に嘱託する場合には、当該登記等を受ける者は、当該登記等につき課されるべき登録免許税の額に相当する登録免許税を国に納付し、当該納付に係る領収証書を当該官庁又は公署に提出しなければならない。
この場合において、当該官庁又は公署は、当該領収証書を当該登記等の嘱託書にはり付けて登記官署等に提出するものとする。
(第2項)前項の場合において、登録免許税の額が3万円以下であるときは、登記等を受ける者は、同項の規定にかかわらず、同項の嘱託する官庁又は公署に対し、当該登録免許税の額に相当する金額の印紙を提出して登録免許税を国に納付することができる。
この場合において、当該官庁又は公署は、当該印紙を同項の登記等の嘱託書にはり付けて登記官署等に提出するものとする。

別表第1→http://www.houko.com/00/01/S42/035.HTM#sh
(*抹消登記は、一(十五)に該当します。)

(非課税登記等)
第5条
次に掲げる登記等(第4号又は第5号に掲げる登記又は登録にあつては、当該登記等がこれらの号に掲げる登記又は登録に該当するものであることを証する財務省令で定める書類を添付して受けるものに限る。)については、登録免許税を課さない。
〔第5号〕登記機関(登記官又は登記以外の登記等をする官庁若しくは団体の長をいう。以下同じ。)が職権に基づいてする登記又は登録で政令で定めるもの

<登録免許税法施行令>
(職権登記等の非課税)
第2条
法第5条第2号に規定する政令で定める登記又は登録は、法別表第1第1号から第31号までに掲げる登記又は登録で、当該登記又は登録を受ける者の申請(官庁又は公署の嘱託を含む。以下同じ。)に基づかないで登記機関が職権によりするもの(当該登録を受ける者の法令の規定に基づく出願、申請、裁定の請求その他の行為によつてした処分に伴い登記機関が職権によりするものを除く。)とする。

質問した人からのコメント

2007/3/23 18:28:55

登録免許税法その他の法令も引用していただきどうもありがとうございました。別表のURLすごいですね。お気に入りに登録させていただきます。
oshu0701さんもどうもありがとうございました。嘱託と職権は登録免許税がかからないと間違えて覚えていました。勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

osh********さん

2007/3/2314:54:20

毎度どうも。

裁判所の嘱託による抹消でも、登録免許税として不動産の個数×1000円はかかります。
例:差押えの抹消

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる