ここから本文です

営業会社で売れてた仲間数人と独立し、 会社を立ち上げました。 ここで今抱えてい...

en2643さん

2013/8/703:00:24

営業会社で売れてた仲間数人と独立し、
会社を立ち上げました。

ここで今抱えている問題があります。

一番売れてるNo.1が元々上司であり社長です。
No.2が独立した今の仕組を持ってきた人間です。

No.2は社長の給料も踏まえて、会社の金を管理しようという主張に対して
社長は払うものを払ったら残ったものを
社長の判断で会社の金を残しつつ
社長の出来高制にしようというものです。
現在はNo.2から会社の口座を社長が取り上げ
後者の状態にしています。
No.2はその状態を不服に思いながら
我慢してる状態です。

ほとんどの契約は社長が絡んでおり
誰の契約であろうと
社長はNo.2に金を5万なり10万なり
つけてあげてます。
No.2は月給200万超える勢いです。

それが社長のNo.2に対するシステム構築料兼
社長の金の流れに対する口止め料になっています。

社長曰くは社員の給料など
払うものを払ったら残った自分の取り分を
考えると活躍の割に社員より少ない場合が
ある。
だから余り金の事をグダグダ言うな。
(それが飲めなかったら組織解散。
も含まれる)

しかし、そういう憂き目(社員より給料が
多い時もあれば、ピンチもある)
それが社長になってしまう事じゃないかなと
思います。

私は営業兼金の流れをパソコンで
管理させられており

営業車2台親友から買って150万と言われ
記帳した所
実際領収書を見たら130万だったり、

…20万組織の金から抜いたか?
と思われる使途不明金が発見されてから
No.2の言う様に全て管理ならわかりやすいな。
と思いました。

でも社長のいざという時の営業力は
ひと月で2000万、3000万は能力的にあるので
社長の好きな様に営業させた方がいいか?
管理するとおそらくやる気落とすだろうな。

それに社長に従順な所が気に入られ
月給100万は叩きだせる力と環境を貰ったので
付き合いも長く、こいつ(社長)は好きな環境じゃないと力を発揮しないなと思う所があります。

まだ社長もNo.2も私も含めて
絶対いなければならない人間は
多分いません。営業力だけな未熟な集団です。

方向性だとか、何をやるべきだ。
などのアドバイスを頂けたらと思います。

閲覧数:
757
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2013/8/714:03:28

立ち上げたばかりの会社のようですが、法人会計、経理について、ちゃんと専門的にわかる人がついていないのですか?
そんな雑でいいかげんな会計をしていたら、会社なんて持ちませんよ。

期末になったら税理士でもたのんで申告の準備をするのでしょうかね?
そのときになって、会計のめちゃくちゃなことが解っても、もう遅い、ってなことにならなければ良いですが。

社長という肩書からしたら会社の代表者。代表者であれば、使用人兼務など認められませんから、社長の給与は全部「役員報酬」になります。

役員報酬が「出来高制」なんてできません。そんなことをしたら会社の利益操作と見られ、税務署から脱税行為だと指摘されます。

役員報酬は、年度の初めの時期に金額を決め、基本は1年間固定の報酬額を支払わなければなりません。
もしも、役員の報酬が、毎月バラバラに支払われていたら、1年間の毎月の報酬の中で一番少ない金額を「確定した役員報酬」だとみなして、その金額を上回った分は、全部「期中に臨時に支払われた役員賞与」の扱いになります。

「期中に臨時に支払われた役員賞与」がどういう扱いになるか、というと、会社の経費とは認められず、会社の課税所得として申告し、その分の法人税を納めなければならなくなります。


こんなことをして、会社の会計がおかしくなる例を示しますと、
① 社長が、毎月、200万、300万、400万、100万というように、変動した報酬を受け取ったとする。
② 法人税の確定申告の時期になって、社長の報酬について、損金経理(会社の経費になるもの)と認められるのは、最低金額の月だった100万円の12か月分だけだ。1200万円を上回った1000万円分は、経費にならないで、課税される、と言われる。
③ 会社の利益剰余金は、社長に報酬を払った残りだけの500万円あって、そこから法人税関係で200万円弱の納税が必要だと思っていたら、社長に支払済みになっている1000万円も、会社の課税対象になり、会社には500万円の現金しか残っていないのに、1500万円があったものとして納税しなければならなくなる。計算したら、納税額が600万円になった。
④ 現金が500万円しかないのに、納税が600万円。黒字を出した会社なのに一発で債務超過です。

社長の他、No2の方も役員かもしれませんね。
会社法を勉強して、こんな報酬の払い方はできない、やったら会社がつぶれる。って、そのくらい理解したほうが良いです。

自分らに営業力があるから、と、独立してやろうとして、経理、会計のことがまったくわかっていない人たちの集まりで、最初の内は売り上げがあがり、景気の良い数字だけを見て喜びながら、決算になったら一遍に立ち行かなくなる会社の典型のような話ですね。

十分に利益があがっている会社なら、いまのうちに、税理士さんを雇って帳簿をしっかりとみてもらったほうがいいですよ。
それを怠って、自分らでやれる、と社長がいうことを聞かないようなら、早いうちにつぶれますね。

質問した人からのコメント

2013/8/8 01:27:36

ありがとうございます。
詳しく書いて頂けたので
BAとさせて頂きます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tkjapan123さん

2013/8/705:10:22

このような仕組みでは長くは続きません。
多分1~3年。

2013/8/703:04:39

なんの会社が分かりません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。