ここから本文です

発明をしたら。私は普通の主婦です。 以前からこんなのがあったら良いのに…と日用...

rey********さん

2013/8/900:35:42

発明をしたら。私は普通の主婦です。
以前からこんなのがあったら良いのに…と日用品で思っていたのがあるんですが、
どこを探しても無いんです。
その時
あ、私自身が発明して商品にならないかな?と考えました。
主婦が発明した商品ていっぱいありますよね。
私が考えた商品はまだ見た事も聞いた事もありません。
しかし、発明を考えた所でどうすれば良いかさっぱり分かりません。
どうしたら商品化出来ますか??ごく普通の主婦で企業にコネもありません。
「商品を作って売り込め」と以前記事を見ましたが一般人では作れる物ではないですし
売り込み方も分からなければ、特許の取り方も分かりません。
一から丁寧に教えてくださると助かります。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
11,495
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jir********さん

編集あり2013/8/1400:11:36

実際の成功例を読まれるとイメージがつくと思います。

http://allabout.co.jp/gm/gc/292392/
http://allabout.co.jp/gm/gc/292395/
http://allabout.co.jp/gm/gc/292393/

記事で紹介されている発明学会はこちら(当方発明学会については良く知りません。簡単に調べると、ちょっと気になる記事も見つかったので、もし利用される場合には、よく精査してから行ってください)。
http://www.hatsumei.or.jp/faq/index.html

ただ、商品化というのはプロとして行っている社員でも大変なものです。
売れるかわからない商品、それも特許等はアイディア提供者が持っていて、商品代は高くつく。
失敗したら事業の費用は会社もち。
上の例でも断られて当たり前という状況ですから、アイディアを提供さえすれば、お手軽に商品化してくれるということは難しく、泥臭い地道な作業が必要になると思います。

ましてや、斬新なアイディアを売ろうとするわけですから、決まったルートなぞないに等しい世界だと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sst********さん

2013/8/1310:36:52

貴方のアイディアが、公知で無い事!。(公に知っている方が居ない事)
陳腐化してい無い事、・・・過去に有ったけど、もう廃れたアイディア。
ネット検索などで、先願特許などを調べると、数十年、百年前に先願特許が有った・・・・多いよ。
弁理士などに相談・・・・・そんな事やっていると、たちまち経費で食われます。
自身で、とにかく調べる事!。
どんな良いアイディアでも、コストが高ければ、商品として成立しない!。
貴方のアイディア商品が、世の中に無いのはどうしてか?。
委託生産、販売の場合、権利は利益の3パーセント位。
特許貧乏に落ち込まない様に、現実も良く診てみよう。
商品化して、利益を生むアイディアは、千に一つ、万に一つと言われています。
星の数ほどアイディアは生まれ、そしてほとんどが消えて行く。
アイディア商品・・・・・消えて行ったもの、幾つ知っていますか?。

cra********さん

編集あり2013/8/1014:36:32

発明を金に変える方法か?

>以前からこんなのがあったら良いのに…と日用品で思っていたのがあるんですが、
どこを探しても無いんです。

現代社会において、自分の考えたビジネスアイデアや商品、又はサービスが、存在しない場合、〝社会はそれを必要としていない〟という可能性を先ず疑うべきだ。

>主婦が発明した商品ていっぱいありますよね。

この世の中で、主婦の開発した商品の比率を冷静に考えればとてつもなく低いことが分かるはずだ。
あなたが毎日買うスーパーの商品の中で、いくつ主婦が考案したものがある。
それは、宝くじの確率に近い。


>しかし、発明を考えた所でどうすれば良いかさっぱり分かりません。

順を追って説明しよう。
先ず、3Dプリンターって知っているか?
めちゃくちゃ安く試作品を作れる最先端のシステムだ。
ネットで検索すれば出てくるだろう。
あなたがCADが使えればもっと手軽にできるが、できない場合は3Dプリンターを持っている会社がやってくれる。
簡単な図が入った設計図でももっていき相談してみればよい。

そこで、あなたの考えた〝まだ見ぬ商品〟を先ずプラスチックで作る。
パーツ毎に作り、組み立て、本当にそれは、自分の思うような優れた〝日用品〟なのかを先ず検証する。
そして、それが〝イケる!〟と判断したら・・・いろんな主婦友達や旦那や第三者にも意見を聞く事をお勧めする。

次に
近所の〝弁理士〟をネットで検索する。
弁理士は〝特許〟のプロのことだ。

そこに試作品を持ち込み、どうやって特許を取るかを相談する。

ちなみに特許の本質とは、ある機能が有するが故に、あることが極めて便利になったり、効率的に作用する〝効用〟や〝作用〟が生じる事であり、先にそれを誰も考えていないことである。
つまり、なんかの分野で、極めて効用が発生する新しい機能の発明である。

なので、カッチョイイモノや洒落たモノでは機能がないので取れない。
ビジネスモデル特許も日本では取れにくいのは〝論理〟であって機能や効能ではないからだ。

〝特許〟は取れなくても出願中であるだけで他の類似発明を押さえられる。
その本質は、その特許の類似発明をその発明者が出願している可能性が高いからだ。
つまり、周辺特許も一気に取っておかなければならない。
あなたの特許を脅かす特許を自分で考え、それを倒す手法を事前に考え、取って行くことである。
弁理士にもよるが100万ぐらいかかる。

上の特許関連の作業と同時並行して東京なら大森あたりの町工場にでも行って小ロットで〝商品〟の金型を作ってくれるところを探す。
試作品専門見たいな工場も以外にあるので、ネット検索で、試作品 金型 とか調べればよい。
これで、プラスティック以外の金属でも商品を作れる事になる。

特許を出願したら、次に何をするかと言うと、
現在は、クラウドファンディングというのがある。

ここで、自分の考えた試作品や新しいアイデア商品を売る為の資金を募る。
クラウドフファウンディングは、新規ビジネスの金の融資を募る為の場所ではなく、試作品の試し売りの場所である。ここで、あんたの試作品を〝売れるか〟試す。

結構なオーダーが来たら、次にオープン開発が最もベターだが・・・集めた顧客の意見をもとに更なる〝良い商品〟にするべく
改造や改善を行う。

次に取る行動は、ある程度少ないロットで〝商品〟を生産をしてくれるところを探す。
CAD情報と試作品があれば、結構少ない金額で生産してくれるところはある。
中国やインドやインドネシアでも安く作ってくれる。
一個、10円とかで作ってくれる。
それを自分で作ったホームページ上で販売する。

その実績を持って、〝日用品〟なら百均のダイソーのような、日用品の企画を常に探している企業に片っぱしから企画をメールで送りこむ。
その際は、周辺特許も含めて特許を出願中であることを忘れずに。かきとめる。
プレゼンをして、上手くいけば、大手の流通のルートにあなた商品は乗る。

言っておくが、今日のビジネスマーケットにおいて、Ips細胞ぐらいのノーベル賞クラスの発明でなければ、その画期的な商品の発明より、その誰も知らない商品の認知とマーケティングと宣伝を考えた奴の方が上にくる。

漫画の原案と同じで、単行本や実写の映画という金を莫大に生みだす仮定でどのような売りかたを考え出すか・・・又はそのアイデアにどれだけ金を出すかという投資家のジャッジが勝負を決する事になる。

笑っていいともの主婦の考えた特許で儲けた順番なんてのをやっているが、イケメンおねぇの売れる確率と同じに考えなければ、ならない。
実際は相当当たらない。
いっそのことダイソーに就職して商品企画部に配属された方が、早くあなたのアイデアを商品化できる。
あそこの社員は毎日死ぬ気で新商品を考えている。

このような、
宝くじのような確率でしかヒットしないビジネスに投資をしているのが我々VCだがな。

yaf********さん

2013/8/912:37:48

まず、気持ちを急がせすぎて、商品化するために生活費や貯金を削るようなことは避けてください。
起業に失敗して明日も生きる金が無い人はそうやって、必要な金をギャンブルのように使い、「これで儲かれば倍になって帰ってくるから大丈夫」と言って使います。
その後金が無いと困ります。

まず、金が必要であれば、今後の金から、しっかり仕分けして開発に使っても大丈夫な額を確保してください。
主婦ということなので、アルバイトして自分で稼ぐか、そうでなければ、家族のお金ですから家族と相談して行ってください。

で、個人で製品を作る上で一番オススメなのは、人脈でやれる人がいないか?を探すことです。
例えばどこかの会社に持って行くとすると、今後、多少は企業の言いなりになります。
なぜならあなたと企業の間は金だけで繋がった関係だからです。
必ずしもそうでは無いですし、営業の掛け方でいい関係、お金だけではない、心同士が繋がったと感じれるパートナー企業を見つけることは出来なくないです。
それを探すか、
もしくは、人脈であれば、金だけでなく、お互いに知り合いの知り合いなわけですから、助け合いの気持ちが生まれます。

まとめれば、まずは、お金で繋がらずに気持ちで繋がれる、商品化の技術を持ったパートナーを見つけましょう

nat********さん

2013/8/903:27:17

まずは試作品を作らないことにはどうにもなりません。
手書きで良いので設計図を作り、どこがどうなっているのか
どういう原理なのかを説明出来るものを作ってください。
次に、その試作品が作れそうな町工場などを探します。

電話帳や地図などから、作れると思うところへ片っぱしから
連絡とお願いをしましょう。
基本的に個人であること、ロット単位では無い1個からの作製と言う事で
引き受けてくれるところはなかなか見つからないと思いますが、
特許を取ると言う事は、それで利益を得ようとする事ですから
根気よく足を使い頭を下げて片っぱしからお願いをしましょう。

試作品が出来たら次に特許や売り込みの方法ですが、
こちらは試作品が出来た段階で改めて質問してください。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる