先日痩身エステの体験に行ってきました。 体験だけのつもりだったのですがはなからコースの案内、断れない雰囲気で30万コースを契約してしまいました。 そのあと契約内容の確認など行ったのですが

先日痩身エステの体験に行ってきました。 体験だけのつもりだったのですがはなからコースの案内、断れない雰囲気で30万コースを契約してしまいました。 そのあと契約内容の確認など行ったのですが クーリングオフと途中解約の説明が非常に簡素でよく分からないうちに同意書を書かされていました。 内容としては「クーリングオフ期間内でも施術した料金は負担していただきます」というものです。 そしてデビットで半分、クレジット分割で残りの半分を支払うことになりました。 家に帰り、クーリングオフについて調べてみると8日以内なら施術した分の料金負担はないとなっており、不信な気持ちを抱きました。 しかし同意書にサインしてしまい(印鑑を持っていなかったので名前だけです)これは施術してもらったらお金を8日以内でも支払わないといけないのかと疑問に思い質問させていただきました。 7日に契約して10日と22日に予約が入っております(契約したときに「2回ほど先に予約をいれときますね!」とゴリ押しで予約を入れられました) こういった状況で無条件でクーリングオフは行えるのでしょうか?

補足

先ほど二つの予約をなんとかキャンセルしてきました。(クーリングオフの話はしていません。)それだけでも「担当者に代わりますー!」と言われて次の予約を入れようとされ、「仕事が今立て込んでて予定が組めない」と何とか電話を切りました… 言いくるめられそうなので店舗に訪問、電話なしでなんとかクーリングオフを行いたいと思っています。

エステ、脱毛630閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

0570064370 消費者ホットラインです 法的な面も踏まえて相談に無料で乗ってもらえるのでどうぞ

その他の回答(1件)

0

脱毛や痩身などのエステティックサービスで、期間が1カ月、契約代金が5万円を超える契約については「特定継続的役務提供」に該当し、店舗で契約を結んでいても、法定書面を受け取った日から8日間はクーリングオフができます。 クーリングオフの方法は、書面で行います、書面で行うことは、法律(特定商取引法第9条)で定められています。 クーリングオフは発信主義を採っています、つまり、クーリングオフは、書面を発信した時に効力を生じます。 詳しくは・・・http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n6473 >「クーリングオフ期間内でも施術した料金は負担していただきます」というものです ↑は違法な書面です、クーリングオフをすると契約は解除され、支払ったお金は返金され、解約料などを支払う必要はありません。 商品を使っていても、サービスを受けていても、その費用を支払う必要はありません。 ↑の様な「同意書」を強要する業者は即、クーリングオフすべきです。 素人の意見で心配な場合は↓に相談してください。 消費生活センター・・http://www.kokusen.go.jp/map/index.html