ここから本文です

6月の毎月勤労統計調査(速報) 給与、13カ月連続で減

ihd********さん

2013/8/914:47:41

6月の毎月勤労統計調査(速報) 給与、13カ月連続で減

6月で輸出(数量指数)は13か月連続減


この現実って、アベノミクス信者はどう認識しているの?

補足またいつもお馴染みの「ミンシュガー」か……。あたまいかれすぎていない?

閲覧数:
287
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tgi********さん

2013/8/1513:12:43

信者がまともな認識を持っているはずがないじゃないですか。



そのうち悲惨な結果が待ち受けていると思います。



1デフレ脱却などと理由をつけて カネを刷り
2インフレに転じたと称して 消費税を増税し
3消費税増税から来るデフレ圧力にはさらにカネを刷り

こうやってお金の価値を落としながら増税を繰り返し、景気回復して税収も増えたでしょ? と情報操作するのがアベノミクスの基本戦略です。


サンドバックにされるのは国民です。そらそうだ。高度経済成長期などは貿易黒字で企業が儲かり、給与に反映され消費意欲が高まるとともに世界に類の見ない貯蓄率で個人金融資産を増やしてきたわけです。 今は貿易赤字で貯蓄も増えず円安に流れれば(赤字だから) 輸入のコスト増で貿易赤字が拡大し物価も上がり、苦しくなる一方です。TPPなんかやってりゃ、外国と賃金格差が縮小する方に向かうので賃金も下がるのは確実です。それでも輸出企業は儲かるからうれしいのでしょう。

今まで蓄えていた貯蓄をお金の価値を下げながら奪い取るのがアベノミクスです。
この暴政に気が付いた人を中心にキャピタルフライトが始まる。 かといってこれをやめれば今度は国債の需給が急激に悪化します。 終末に向かってまっしぐらではないかともいます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

編集あり2013/8/915:05:01

5月の毎月勤労統計調査によると、基本給などの所定内給与は民主党時代からの12カ月連続で減少ですがなにか?
給与は政府が上げるものではない。

日本がデフレ脱却するのが先。
労働者は企業との契約者でしかない。
事実!
企業が潤ってはじめて企業は給与を考える。
税収が潤ってはじめて国家運営は健全になる。
そうですよね?

クレクレ君は日本には要らない。

都合悪いこと書かれたからって、あたまいかれたあんたがグチってもね。
選挙で勝とうね。

5月の毎月勤労統計調査によると、基本給などの所定内給与は民主党時代からの12カ月連続で減少ですがなにか?...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる