ここから本文です

ベランダのペンキが剥がれ、雨漏りがしているので大工さんに話をしたら、今の床に...

tam********さん

2013/8/1118:42:31

ベランダのペンキが剥がれ、雨漏りがしているので大工さんに話をしたら、今の床に新しいコンパネを張り下処理、下塗り後FRPの塗装を塗れば一生大丈夫と勧められ終わりました。そこで、

仕上がりが気になるのですが、コンパネの継ぎ目に溝ができていてがっかりしました。大工さんが頼んだ塗装店の社長が見積もりを持ってきましたが、それは防水シート塗装とFRP塗装で、説明はなかったので平らなベランダをイメージしていました。後日社長に見ていただいたら自分はFRPはできないから、他の塗装店がやったことを知りました。FRPはどんなやり方でもコンパネの継ぎ目が凹凸が出てしまうのでしょうか?面積は17,5ヘイベです。

補足そのようにガラス繊維(べたべたした)のようなものをやりました。仕上げの色はグリーンでペンキを塗ってもらいました。
コンパネは傷んでいる所は新しくし、その上にベランダ全部に8枚貼って仕上げたのです。ボートにやるようにやったと言っていました。仕上がりがまっ平らなイメージをしていたので・・・8枚分の継ぎ目がどうしても気になります。誰がやってもそうだと言われました。

この質問は、50代の男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
675
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pno********さん

編集あり2013/8/1202:16:38

「FRPはどんなやり方でもコンパネの継ぎ目が凹凸が出てしまうのでしょうか?」ーーーそんなことはありません。コンパネを部分的にしか貼らないからそういうことになっているんじゃないでしょうか?床全面にコンパネを貼れば溝などできようがないのですが。

蛇足ですが、FRP塗装と表現されていますが、塗装という認識は間違いです。強化ガラス繊維製の布を床一面に広げて、そこにクチャクチャと樹脂を塗り込んで固めたものをFRPー繊維強化プラスチックといいます。
参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%8A%E7%B6%AD%E5%BC%B7%E5%8C%96%E...

以上、参考にしてください。

補足読みました。
床に全面敷き詰めたその合板どうしの境目に凸凹があるのですね。
既存の床に貼られた合板は、その一枚=3尺×6尺の面の平均の高さ・勾配で敷かれます。隣り合う合板もまた同じです。既存の床にうねりがあると、隣り合う合板どうしの境目は一致しません。段差ができます。凸凹があったなら更にズレます。合板は凹凸・勾配なりにしなってくれないからです。つまり、この方法の場合は確かに「誰がやっても」同じ様な凸凹はつくでしょう。
それでもそれぞれの合板がしっかり固定されていれば、後々ズレが広がってFRP層に亀裂が入るという可能性も少ないですから、それで良し、としたのでしょう。

境目に段差のないまるっきり一枚の床の様にするためには、既存の床を撤去して下地の根太の状態を見て、根太を修正しながら合板の端部どうしを同じ根太に固定するという方法をとります。場所によっては合板を三角形にして貼ります。こうすれば合板どうしの端部のズレは起きません。新築の時はこの方法です。

このあたり打ち合わせ・説明不足とも言えます。社長さんと話し合うしかないですね。

質問した人からのコメント

2013/8/12 10:59:31

降参 ありがとうございます。話がこじれなければいいのですが・・・もう一度来て頂いて話し合いをします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる