ここから本文です

練習!

sho********さん

2007/3/2815:12:50

練習!

打ちっぱなしに毎日のように行っていますが、すごくいい調子で打てる時や、帰るまでイマイチだったりとまちまちです。・・・かえって毎日打たないほうがよいのでしょうか?みなさんはどの程度の頻度で練習してますか?

閲覧数:
8,227
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

noa********さん

2007/3/2822:48:26

毎日練習できる事は、ゴルフに限らず上達する為には、とても良い事だと思います。


それが練習場で打てるのであれば、なおさら有意義な練習ができると思いますが、練習と言うからには目標があるはずです。

「練習」なのか「運動」なのかが大事なところで、何を練習するのか?何の為の練習なのか?先ず、目標をしっかりと置いた練習でなければ、運動をしに練習場ヘ行き、体を動かしてるだけだと思います。

私も昔は一日1000球の目標を立てて、毎日1000球以上を打った期間もありましたし、その時間は無駄ではなかったと思いますが、その時期が間違っていたり、1000球打つ事が最大の目標になってしまったのでは、「練習」と言うよりも「運動」になってしまいます。

今の球が右に曲がったから今度は右に曲がらないように打とう!
↑こんな練習を繰り返すのでは、毎日練習を繰り返しても上達は遅くなるでしょうし、そうやって沢山ボールを打てば、そこそこ打てるようになり、ショットは安定するのでしょうが、そのうちにスコアが安定しないとか、飛距離が出ないとか、クラブによって得て不得手があるなど、沢山悩みを抱えることでしょう。


正しいグリップやアドレスなどは、練習場でなくても練習できますし、実際にボールを打つだけが練習ではない事もあります。

反面、ボールを打つ事に慣れず、知識ばかりを詰め込み、頭でっかちになってしまうと、理論にくわしく素振りは綺麗なのに、実際ボールを打つときのスイングが違う、いわゆる素振りシングルになってしまう場合もあります。


私の意見としては、勉強した事や、レッスンを受けた事の確認や、体(筋肉)へ憶えこませる為にボールを打つ事を練習場での目的とし、感じが掴めたら繰り返しボールを打ちながらも、1球1球練習している事の意識を無くさず、実際のルーティンの中に自然に取り込めるようにしたり・・・と言うように練習場での練習から、コースを視野に入れる事も大切だと考えます。

ゴルフに費やせる時間にもお金にも制限が出来た現在では、量より質と言うか、体に思い出させる為に数ヶ月に1度くらいしか練習場へは行きませんが、昔とった杵柄とでも言うのでしょうか?スコアもそれなりに出せますし,今でもショットにはそこそこの自信はあるつもりです。

練習場で1球を打つのにかかる時間は、若い頃にくらべると何倍も遅くなったと思いますが、その練習場で1球にかける時間(アドレスをして打つまでの時間ではなく、今から何を注意して打つのかや、そのイメージを固める時間等)が長くなるほど、コースへ出た時の1打にかける時間は短くなり、良い結果に繋がるのだと思います。


毎日打てる環境は素晴らしい事ですので、我慢をする必要は全くないと思います。
問題は、その内容ですので、球数も時には大事ですが、「練習の目的」をいつも頭に置くように頑張って下さい!

質問した人からのコメント

2007/3/29 12:47:32

笑う 「練習」から運動」になってたかもです。他の方の回答にも「目的意識」や「コースに出て悪かった所を練習」など大変参考になる意見ばかりでありがとうございました。・・・練習場が職場から2分のところにあるので行くことが練習と思ってしまっていたようです。今後は中身の濃い練習を心がけます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

a97********さん

2007/3/2907:34:06

 私も最近ゴルフに行けなくて練習を多くしてました。しかし、考え方の間違いに気がつきました。あなたも文面から私と同じ間違いをしてます。練習で好不調を決めてしまってるし、練習場で好調だと満足してしまってます。ようはゴルフ場でいいスコアで上がることが目標ではなくなってるんですね。いい球を打つこととスコアがいいとは違います。ゴルフ場で通用する練習が出来てるかが問題です。一番いいのはゴルフに行って修正したい所や改善すればスコアアップにつながることを練習することが練習だと思います。ゴルフ行って練習する、ゴルフ行って練習する。このサイクルが一番いいです。例えば練習場ではまっすぐ飛んで芯に当たれば満足だと思います。しかし、ゴルフ場に行けば高い球は通用せずグリーンに届かず、ショットの練習ばかりやってアプローチをマットからしかやってないのでちゃっくり。その後、パターは寄らず入らずのパット。みたいなことになります。常にコースを想定した練習をしましょう。

wth********さん

2007/3/2821:11:36

其れは極普通に起こる事です
スイングがそれだけ安定してないとも言えますが
体調も日々変わります、それによってスイングの調子が微妙に変われば
球筋にも影響が出るのは普通です
技術の差・精度の差は在りますがプロでも毎日同じにはいきません
アマチュアなら尚更です
打てるなら毎日打った方が感覚は良くなりますが
リフレッシュする意味では休みも在った方が良いです
明らかにショットの状態が良くないならやめて、アプローチだけを軽く練習するして止めるとか
悪いのに無理に練習しないのも在りだと思います
悪いとあれこれスイングをいじり過ぎる事が在りますから
プロとは違うので無理に練習しない策も良いと思います

asa********さん

2007/3/2816:06:58

私も毎日のように練習に行っていた時期もありましたが、同じようにすごく調子よく打てる時やまったくの日もありました・・・
そこで、ここ半年の練習方法として、打ちっぱなし場に行くのは週に2回(月・金)のみの平日夜にして、後はそれ以外の毎日は自宅で素振りをするようにしました。(ゴルフ5で売っている「コンドルマット」という重ーい人口芝マット(5kg)とスタンスマット(ヤフオクで購入)」

理由は調子のいい時は考えなくてもいい球が打てるのですが、調子が悪い時は「ヘタを固める」といいますか、スイングするというより球に当てにいく練習になっちゃっている事に気がついたからです。
素振りを取り入れる事によって、金銭的に無駄使いがなくなった事と、クラブを振る・スイングするという感覚が掴みやすくなり、球に当てに行くや、テークバックで球をみすぎてぎこちないスイングになりにくくなりました。後は体の動きを感じられるようになりました。

それから、素振りを取り入れる事で、練習場で練習する際はこれまでやみくもに次から次へ球を打つ傾向にありましたが、(200球~300球)今では量より質で(100球前後)1球1球集中して練習に取り組める様になりました。

おかげで、以前の様なあたる日あたらない日の波がなくなり、調子も今いい方向へ向かってます。
練習場で調子がイマイチの時は帰って素振りを繰り返し、どこが悪かったのか確認する様にもしてました。いい振りをした時はクラブを気持ちよく振れ、体のどこにも負担がかからずフィニッシュでピタっととまる事ができるので、大まかには、その点を気にして素振りしております。

お互い頑張りましょう

tak********さん

2007/3/2815:36:37

私は、週一でプロのレッスンを受けているだけです。

kaa********さん

2007/3/2815:31:22

自分は、週1プロにレッスンを受け、あと2~3日に1回の練習頻度です。
毎日出来るなら、毎日の方が良いように思いますが、正しく、丁寧(闇雲に打つのではなく)かどうかという意味で、中身次第だと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる