ここから本文です

エンジン発電機(SUZUKI SV2300H)の始動後エンジンが止まる

yu_********さん

2013/8/1516:30:59

エンジン発電機(SUZUKI SV2300H)の始動後エンジンが止まる

SUZUKI SV2300Hエンジン発電機について
スタータを引くとエンジンはかかるですが
10~20秒以内に停止します.
なおすぐに起動しますが,又、停止します.
そして、ときどきバックファイアが起きます.
なぜ止まってしまうのでしょう?

補足本日オイルの量をチェックしてみました。
案の定、オイルがだいぶ少なかったので、入れ替えをしました。(550ml)
しかし、相変わらず症状は変わりません。

他になにかチェックするところはないでしょうか?

閲覧数:
16,043
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wor********さん

編集あり2013/8/1701:12:13

問題なく始動できるけどすぐに止まる。
何度も始動はするがすぐに止まる。
チェック1:エンジンオイルの量を確認(4サイクルエンジンの場合)
エンジンオイルの量が規定値より減ると、クランクケース内に取り付けられたオイル量センサーが働き、数秒後に点火を制御してエンジンが止まる構造になってます。
チェック2:発電機本体の底に付いてる「ゴム足」は4個とも正常?
発電機は基本的に「水平」に置かないと、これまたオイルの偏りによりセンサーが働き点火カットされ数秒後にエンジンが止まります。
補足の回答
オイル量点検だけですか?
使用する場所の「水平」は大丈夫?
本体の底のゴム足は全部有る?
キャブレターがオーバーフローしてない?
エアークリーナーケースの中にフィルターちゃんと入れてる?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

maiさん

2013/8/2121:27:03

負荷をかけてバックファイアがして止まるならプラグ不良だよ、自分の発電機ではプラグ交換後は正常にエンジンは回ってる。

sam********さん

2013/8/2015:40:31

機械的に問題が無いのに使用方法の問題でそういう症状が出る場合はチョークの開け忘れが怪しいです
エンジンをかける際にチョークを閉じてエンジンをかけてからチョークを開く必要がありますが
開くのを忘れているとエア供給量が少なくてエンジン停止します
他の部分が問題なくてエンジンがかかるのに停止するのはこれの可能性が結構あります

その他にエアクリーナーを清掃していなくて詰まっていてエアーが入っていってないことも考えられます
工事現場何かでよく知らない人がエアクリーナーのフィルターを外すとエンジンがかかるからってフィルター外した状態で使っている人がいます、これはエンジン内部にほこりなどが入っていくのでエンジン寿命を短くしてしまっていますから速やかにフィルターを掃除するなり部品購入するなりした方が良いですがひとまずのチェックとしてはフィルターを外してエンジンをかけて見るのも手です


何度かかかるけどそのうちかからなくなるなんてことがあるなら燃料が十分に行っていないことが想像されます
回転数を低く設定してエンジンをかけた場合と高く設定してエンジンをかけた場合で停止までの時間は変化しないのであれば燃料供給量では無いかなと思います
または燃料が古くて変質しているとか

そのあたりの基本的な部分でダメならキャブ清掃とかいろいろ外して調べていくことになるかなと思いますが工具とかもいるし細かい作業なので分解しても組み立てられないなんてこともあり得るので修理屋に任せる方が良いと思います

ryu********さん

2013/8/1517:20:28

ん? チョーク?

もしかして、チョークが付いていませんか?(もしかしてですが・・)

症状的には、チョークを引きっぱなしの感じに酷似してます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる