無線LANのチャンネル設定

無線LANのチャンネル設定 無線LANを設置するときの「チャンネル」を指定する時、特にルールのようなものはなく、適当でもいいのですか?例えば建物の中に数台アクセスポイントを設置した場合、全部違う、もしくは全部同じチャンネル、でも問題ないのですか?あるHPには「チャンネルとは無線LANで使用する電波の周波数の区分です。同一のチャンネルを使用するパソコンとだけ通信できる」とありますが、よく分かりません。同じネットワーク内ならPC同士は通信できると思うのですが。。

LAN42,526閲覧

ベストアンサー

9

同じチャンネルのアクセスポイント(以下APと略記)が複数台ある場合には次のようなことが起きます。 ・同じチャンネルつまり電波の周波数が同じなのでAPからの電波が干渉する。 ・干渉すると無線LANの通信速度が落ちるなど性能に悪影響を及ぼす。 というわけで,建物の中に複数台APを配置した場合は,できるだけ全部違うチャンネルを使うのがいいでしょう。 802.11b/gの場合,チャンネル番号は1から13までありますが,チャンネル番号が近いと周波数が重なるので注意が必要です。 つまり,チャンネル1と2では一部の周波数帯域が重複しているため,チャンネル番号を変えたつもりでも電波の干渉が発生します。 チャンネル1と3でもチャンネル1と2の時ほどではありませんが干渉が少し発生します。 電波の干渉を完全に排除するにはチャンネル番号を5以上離す必要があります。 つまりチャンネル1,6,11というようにすれば電波の干渉は起きません。 ただ,この場合だと使えるチャンネルが3種類なのでAPの配置に支障をきたす場合があります。 多数のAPを配置する場合には若干の電波干渉を覚悟でチャンネル1,5,9,13の4種類を用いることもあります。 一方,802.11aタイプの無線の場合は近隣チャンネルとの電波の干渉はありませんのでチャンネル番号さえ同一でなければ干渉は起きません。 ところで,無線LANのチャンネルとは電波の周波数のことです。 ラジオで希望の局を聴くときには周波数を合わせますが,無線LANでもそれは同じです。 周波数が違うと通信できません。 同じネットワーク内ならPC同士は通信できると思うのですが‥‥‥‥について。 無線LANの電波は有線LANのLANケーブルに相当します。 チャンネルが違うというのは,いわばLANケーブルの規格が異なっているようなもので,そもそも物理的に通信できない状態です。 ということはAPとPCが接続されていない状態ですからそのようなPC同士も当然APを介しては通信できないということになります。

9人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

分かりやすい解説、ありがとうございました。とても助かりました!

お礼日時:2007/4/5 9:55

その他の回答(2件)

0

明確なルールは無いですが、以下のことを覚えてください。 ルールを守らなくても使えますが、通信が切れたり、遅くなったりします。 1. 同じチャンネルを使わない。 2. 複数のチャンネルを使う場合は2つ以上間を開ける 無線LANはチャンネルが違うとネットワークに参加できません。 ネットワークに参加できないので当然通信もできません。 日本の無線LANのチャンネルは規格上では結構数があります(8以上あります)が、 製品は必ずしも全部使えるとは限らないのでその辺は気をつけてください。 802.11gという規格の製品であれば、大抵問題ないはずです。 802.11gは規格上13のチャンネルがあります。 802.11aは規格上8つのチャンネルあります。 全ての規格が使えるかどうかは、製品によって異なります。

0

無線LANのチャンネルも、TVのチャンネルも、同じ理屈です。 無線LANの場合は、8チャンネルあります。 チャンネルが一致しないと、見たい番組が、受信できないでしょ? 無線LANも、同じにしないと、通信できません。