ここから本文です

なぜ生成物の生成熱の総和から反応物の生成熱の総和を引いた値が+になると発熱反...

nan********さん

2013/8/1615:53:52

なぜ生成物の生成熱の総和から反応物の生成熱の総和を引いた値が+になると発熱反応になり➖になると吸熱反応になるのですか?

化学的に説明してもらえると助かります‼

閲覧数:
321
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ku9********さん

2013/8/1616:27:08

生成系の生成熱の総和-反応系の生成熱の総和 ・・・(*)

この意味がしっかりと理解できていないといけません。

図を用意しましたが、今回原子状態から考えたとき、
H2+Cl2=2HCl+QkJ という熱化学方程式において、
左辺と右辺のエネルギーの総和はイコールです。
すなわち、水素と塩素1molずつのもつエネルギーは、
塩化水素2molの持つエネルギーとQkJの差があると言えます。

これが、図でのQkJに当たるところですね。
(*)の式は、この差を一気に求めているだけにすぎません。


であれば、吸熱反応となる時は右辺の物質がエネルギー図上で高いところに
位置することになります。当然、(*)にあてはめて式を立てれば、
Qの値はマイナスになります。

生成系の生成熱の総和-反応系の生成熱の総和 ・・・(*)

この意味がしっかりと理解できていないといけません。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる