ここから本文です

百日咳とは?

M.Kさん

2007/4/116:36:11

百日咳とは?

閲覧数:
13,273
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

txj********さん

2007/4/121:11:26

概説

 この病気は乳幼児でとくに問題となり、病態が完成されると文字どおり百日間もの長期にわたりひどい咳が持続するところから名前の由来があるようです。この病気は、百日咳菌という細菌が気管支粘膜などの気道粘膜に感染し発症します。この菌が感染すると気道粘膜が剥がれ落ち、炎症が起きて重大な損傷を受けます。その結果、痰を吐き出すことが困難になったり、ちょっとした物理的刺激で咳発作が誘発され、その咳がまた次の咳を誘発するという悪循環によって咳の重積化が起こります。咳の重積発作が長引くと呼吸困難となり、さらに低酸素状態に陥るとけいれんなどの中枢症状が出現し、それだけでなく脳細胞に重大な損傷を与えます。とくに乳児期においては生命にも関わる病気なだけに、現代の医学では三種混合ワクチンによって積極的に免疫確保を図る方針になっています。その結果、患者数の減少や重症者の軽減が得られてはいますが、いまだに外来でも患者さんはみかけますし、死亡例の報告もあります。アメリカの統計では、入院加療が82%、肺炎合併が25%、けいれん合併4%、脳症合併1%、死亡1%といった報告がでています。

症状

 感染から発症までの潜伏期間は数日から1週間程度で、初期の症状としては鼻水やくしゃみ、軽い咳を最も多く認めます。ですから、母胎からの免疫抗体をもっているから半年未満の乳児、とくに2~3カ月の乳児がかぜをひくのはめずらしいとはいいますが、早期乳児がかぜ症状を示したら百日咳を疑う必要があります。
 感染源の多くは両親だといわれています。そして大人は免疫を獲得しているので、鼻かぜくらいの症状から進展せずに治ってしまうことが多いようです。鼻水やくしゃみ、軽い咳といった初期の症状の段階で外来に受診し適切な投薬を受ければ、気道粘膜の損傷は最小限で阻止され、咳の重積発作を起こすまでには至らないと考えられます。
 ある程度、気道粘膜の損傷が進展すると、気道分泌物が増え、またそれを吐き出しづらいため咳の重積化が起こります。また冷気やほこり、唾液などを吸い込んで物理的刺激を受けるとやはり咳の重積発作が起こります。咳の重積発作に伴い、顔が真っ赤になるとか、逆に真っ青になってチアノーゼを呈したり、咳に伴って吐いてしまったり、呼吸困難になったりします。咳の重積によって顔面や眼球に点状出血を認めることもあり、脳出血を起こすこともあります。また、予備力の乏しい早期乳児では、無呼吸発作や呼吸困難を起こしやすく生命に関わることがあります。これは、低酸素や脳出血が原因であることの他に、百日咳菌の毒素によって無呼吸や脳症といった病態が引き起こされるとも考えられています。
 しかし、これほどの呼吸症状を示しながら、発熱、とくに高熱を伴うことは極めてまれです。ただし他の細菌感染が合併したりすれば話は別で、高い発熱も起こしえます。また、いったん、百日咳の病態が確立すると、症状そのものが改善するのに2~3カ月かかります。そうなる前に適切な対処をとるか、あるいはワクチンでの予防に取り組むことが重要です。

診断

 呼吸器症状からまず疑い、胸部レントゲン写真や血液検査で所見を分析します。レントゲンでは肺炎像や気管支炎像といった所見を認めるのが一般的と考えられます。血液所見は百日咳ではリンパ球の増加が特徴的とされています。ただしこれは乳幼児などの小児の患者に特有のもので、成人は必ずしも認めないといわれています。また通常では、百日咳の確定診断には血清の抗百日咳抗体の上昇や、気管分泌物などからの百日咳菌の検出を必要とします。

参照URL http://health.yahoo.co.jp/katei/bin/detail?sc=ST110050&dn=2&t=key

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる