ここから本文です

先祖の因縁や、供養について教えて下さい。 あるきっかけ(兄の精神病や、私や兄や...

vwv********さん

2013/8/2008:53:51

先祖の因縁や、供養について教えて下さい。
あるきっかけ(兄の精神病や、私や兄や従兄弟・全員30代後半から40代も結婚の縁がないなど)で完結に言うと、私のご先祖様の因縁を受けているから、先

祖供養をしてあげて下さい。と言われました。
どうやら、身内同士でお金で揉めたり、商売していて女絡みや、お金の問題をかかえたご先祖さんがいらっしゃったとの事。だから、多くのひとから恨みなどをもたれた的な話しです。
そういう事だと信じ、すがる人も居るとは思いますが、私は冷静です。
でも、もし、それが本当であり、やらなければいけない事を怠っていたり、間違っていたりするのならば、ちゃんとしたいと思っています。
実家には仏壇もまつり、父親が管理してます。月に1回は、お坊さんがお経をあげに来られています。
私は、実家とは別に暮らしており、仏壇風のちょっとした物を作って、毎日水子さんを思い、ご先祖さんを思い、線香をあげ、手を合わせています。
そこで、先祖供養って?となりました。
仏壇で手を合わせ、先祖さんを思っていますが、それだけでは供養にはならないのでしょうか?
先祖さんを思うより、先祖さんが苦しめた方々の怒りを鎮めると考えるべきなのか…。
因縁をかかえたご先祖さんの問題はプロの特別な力をかりて、特別な供養をしなければ供養として成り立たないのでしょうか?
じゃあ、毎月お経をあげに来てくださってるお坊さんのお経は何の意味もない物なのでしょうか?
本当に因縁とかでご先祖さんが苦しんでいたりするなら、どうにかしたいし、そのせいで現世で生きてる私達に本当に災いのような事があるのなら、普通に嫌ですし、だから本当の事が知りたいのです。
何かしら、やるべき事が足りていないのなら、それをちゃんとしたいです。
でも、この世の中、お金が絡む事だと信用しにくいのも現状ですが…。
特に宗教などを信じないタイプですし。
何かしら感じて、この私に助言して頂けるとありがたいです。
色んな方の意見や、経験を伺って、それを参考にどうするべきか考えたいと思っています。

補足信心深かった祖母がやっていたように、常識的な事はやってます。形より気持ちが1番と思ってますので、お仏壇の前でなくても、身近だった祖母や祖父は特に思い出したり、心で話しかける事もあります。お坊さんに任せっきりのつもりはありません。それでも先祖供養をして下さい…と言われた事に疑問が出たのです。先祖供養より、先祖の悪行での因縁をどうにかすべきと考えるべきなのか。そもそも因縁って?となりました。

閲覧数:
50,612
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tam********さん

編集あり2013/8/2508:52:15

因縁とは何か? についてですが、これは意見の一つとして聞いてください。人間は死んでからも『現世に対する強い思い』は残ります。良い思いも、悪い思いもです。そしてそれは何と現世を生きてる私達にも実は届いており、人生に何らかの影響を及ぼします。生きていた頃に何らかの相当な被害を受け、恨みの念を抱いたまま亡くなった方の思いは、実は加害者に届いています。そして恐ろしい事に、それは子孫にも届きます。これが因縁です。因縁を抱えてしまった人、もしくはその子孫の人生は、現世をどれだけ努力しても、どれだけ健全な生き方をしていても、スタートが普通の人のマイナス50、マイナス100からとなってしまいます。あなたはきちんとご先祖様を供養なさってますので、先祖様は実はあなたに救いの手を差し伸べていると思います。しかしそれ以上に霊界からあなたの先祖に対する恨み、憎しみの念の方が圧倒的に強いから、あなたを取り巻く境遇はそのようになっているのではないかと思います。先祖供養は合っていますので、今まで通り行ってください。さて、因縁を取り除くにはどうすればよいのでしょうか? それは『素直に謝る』ことです。『私の先祖に被害を受けた霊たちに告げます。大変なご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。』と。こういうお詫びの気持ちもまた、あの世に届きます。自分の人生を因縁から早く解放させ、本来の幸せな人生を取り戻して頂きたいと思います。今から具体的な方法を紹介します。この方法は、霊媒師に頼らず、さほどお金もかかりません。長期戦にはなりますがやってみる価値は十分にあります。①先祖の悪業や大きな不義理があったのか、親族に事実確認をする。(家系の負の歴史はなかなか子孫に言わないと思いますが…。それでも頑張って聞き出してください。謝罪・供養すべき対象をより明確にするためです)②家系図を作成する(過去帳や戸籍謄本・除籍謄本があれば自分で作れます。身内内でもめ事があったなら、トラブルの因果関係も明確にわかります。また、お仏壇で供養する際も、今自分は誰あてに供養しているのか明確にわかるため、一点集中もできる分、供養の心も届きやすくなります)③先祖の悪業や大きな不義理がもしあった場合は、不義理ごとにカテゴリー分けする。(金銭問題・異性関係など。霊も全体でいっしょくたに謝罪されるよりも自分の為に謝罪される方を望むためです。生きてる人と同じです。)④カテゴリー分けができたら、それぞれの位牌を作る(お水とお線香だけよりも、位牌という礼拝対象があるため、これまた供養の心も届きやすくなります。それでは位牌の作り方です。白い綺麗な厚紙を長方形に適当な大きさでチョキチョキ切ります。切ったら下の部分を折り、厚紙が自力で立てるようにします。厚紙は新品のパンストなんかに入ってるもので構わないでしょう。次に筆ペンを用意し、厚紙に供養したい人の名前を書きます。これで位牌の出来上がりです。このような位牌でも霊はちゃんと来ます。名前がわからない場合は、『〇〇家の先祖より金銭的な被害を受けた霊』といった具合にします)⑤毎日の仏壇でご先祖様の供養が終わったら、次はこれらの位牌にそれぞれ謝罪・供養をします。お水もそれぞれあげてください。時間に余裕のある時はそれぞれに般若心経をあげるとベストです。これを日常的に行います。日常の事となるとかなり大変ですが、これを続けていると、状況は次第に良い方向に向かっていくと思います。お祖母様もきっと手助けしてくださるでしょう。⑥今度は写経会(しゃきょうえ)に行き、それらの霊のために写経します。写経会は全国各地で行われておりますが、大阪でしたら一心寺などが有名です。写経は自宅でも構わないのですが、やはり阿弥陀如来さま等の仏像の前で写経した方が、大きな功徳を得られ、霊が慰められるスピードも違います。写経の最後に『為 〇〇家先祖より金銭的被害を受けた霊位』と書き、あなたの住所・名前・写経した日付を書き、お寺で回向してもらいます。一心寺の場合は般若心経1枚で千円~2千円です。これらを行う事で、被害を受けた霊は癒され、成仏へと歩みだすでしょう。そうすることで質問者一族をさんざん苦しめていた手を緩め、状況は比較的早いスピードで好転していくと思います。今まで大変な苦労を味わってきた分、より幸せな人生が早く送れますことを願っています。

手作りの位牌の作り方は故・宜保愛子さんの著書
『霊が喜ぶ法事・仏壇・お墓の供養』に記載されています。大変良い本です。ご一読をおすすめします。

色情因縁について……同じく宜保愛子さんの著書
『色情因縁・地縛霊・物に宿る霊』に具体的に載っています。こちらもおすすめです。

質問した人からのコメント

2013/8/25 23:06:41

降参 たくさんご意見頂き本当にありがとうございました。子供の頃、とんねるずの番組に出てらした宜保愛子さんの本を読んでみようと思っていたところに、この助言を頂き本当に驚いています。運命なだけだと辛い人生を受け入れていましたが、もし、因縁が本当であれば、私にも出来る事があると思うと、諦めていた人生が明るく見えてきました。私には本当にすんなりと耳に入るお答えでしたので、ベストアンサーとさせて頂きました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kij********さん

2013/8/2511:13:30

先祖供養は、釈迦(しゃか)仏教とは無関係
http://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/sp_newsletter/spnl_backnumber/spnl-...

大半の日本人は、先祖供養は仏教本来のものであり“シャカの教え”であると信じています。またお盆の墓参りなども、仏教の習慣そのものであると思っています。

しかし、ほとんどの日本人が持っているこうした常識は、実は大きな錯覚なのです。このように言うと、おそらく多くの方々はびっくりされるでしょうが、先祖供養もお寺にある先祖代々の墓も、毎年定期的に行われるお盆の行事も、シャカの教えとは無関係なのです。

mel********さん

2013/8/2417:28:15

この世の中、先祖を思い、手を合わせ心を向けている事は本当にすばらしいと思います!
その仏心が幸せになる為の第一歩で、心を込めて行なっているのに幸せになれない。毎月お坊さんを呼んでお経をあげているのになぜだろうと思うのは当然だと思います。

私の実家も毎月お坊さんを呼んでみんなでお経をあげています。私が小さいころ、母が宗教?(入信とかは無いところなのですが)をしていて、毎月そこに勉強に行ったり、先祖供養・水子供養などのお塔婆を書いていました。
代々うちは離婚家系なので、そうならない為にもと幸せを願ってやっていました。
でも、離婚しました。
こんなに心を向けて、必死でやっていたのになんでだろうとずっと思っていました。やっぱり疑問が沸きますよね。

私は結婚して、静岡県に引っ越してホームタウンというところを知りました。
ここで、どうしたら幸せになれるのかということを学びました。
やっぱり一番は仏心で、先祖と私たちは切っても切れない縁ということでした。
でもどんなに心を向けていても苦しんでいるご先祖様を救う事をしなければ、私たちにも写しとなって現れてくるんですよね。
ホームページがあるので、78355と検索して是非見てみて下さい。
体験談や漫画なども載っています。

参考にして頂けたらと思います。

kag********さん

2013/8/2413:17:37

「本当に因縁とかでご先祖さんが苦しんでいたりするなら、どうにかしたいし、そのせいで現世で生きてる私達に本当に災いのような事があるのなら、普通に嫌ですし、だから本当の事が知りたいのです。何かしら、やるべき事が足りていないのなら、それをちゃんとしたいです。」ということですので、私が今学んでいるGLAというところで、先祖供養についてどう考えているのか、(私は先祖供養に興味がないのでうろ覚えで違っているところもあるかもしれませんが)、一応書いてみます。
まず、因縁とは何かということですが、高橋先生はある神理実践報告の中で、たしか生きている自分が三つの「ち」の呪縛から解放された時に、因縁を超えた(断ち切った)という表現をされていたように思います。三つの「ち」については、用語解説を見てもらいたいのですが(http://www.gla.or.jp/tamashiinogaku/termiology.html#ma03)このうちの「血」に該当するものが今回の問題に関わっているかと思われます。「両親から受け継ぐ肉体的条件、親・家族・一族から流れ込む精神的条件、ものの見方、考え方、価値観、生き方、習慣、癖、つぶやき等です。例えば、両親の願望や恨みや情熱などを、私たちは無自覚に吸収して心に宿し、当然の前提として生きてゆきます。」とされています。そこから考えますと、ご先祖さまの生き方で第三者から聞いた話は除外して、親御さんから聞いたご先祖様の話を中心にご先祖様のイメージを持たれた方がいいかと思います。誰かの恨みの霊にたたられているとか、ご先祖様が身内に取り付いて因縁を撒き散らしているとかいうのは、間違った考えのようです。
ご両親がそのご両親から受け継いだ「肉体的条件、親・家族・一族から流れ込む精神的条件、ものの見方、考え方、価値観、生き方、習慣、癖、つぶやき等」が質問者様のご両親を通して、一族に流れ入っているので、「私や兄や従兄弟・全員30代後半から40代も結婚の縁がない」などの現実が生じていると考えるべきかと思います。見方によってはこのことも、ご先祖様の因縁を受けている、という意味であるかもしれません。
原因があるから結果があるというのが、仏教の考え方です。当時は出家してみんな独身でしたが、結婚の問題に関してもこの法則が当てはまると思います。推測しますと、結婚生活の必要を感じさせないライフスタイル(生き方・習慣)や、どうしても結婚したいと思う価値観が根付いていない、両親が強く要求できない感じだったとか、ご兄弟全員ということですので、大きな原因とともに、いろいろとその要因と考えられるものがあるかと思います。
これを超えてゆくには、自分の人生の目的に合わせて、ニュートラルな立場で改めて設定しなおすということになろうかと思います。
先祖供養に関しましては、例えばお盆が生まれた原因となった弟子の話を見てもわかるように、霊能力のある優れた弟子でさえ、母親に水を供養しようとしても出来なかったように、一般のお坊さんがいくら漢文のお経をあげても、暗いところにいる人には届かないようです。届くのは、生きている人間の生き方がちゃんとしているのを見て、そのご先祖様もしっかりしようという自覚を持つことだけだそうです。その人間が光にあふれた生活ができるようになり、救われるならば、四代先までの先祖と子孫が救われるとも言われています。

だいたいこんなところですが、質問に戻りますと、先祖供養より、自分の生活に流れ入っている先祖よりの因縁をつかんで、修正して行ったほうがいいという意見になります。

lig********さん

2013/8/2115:44:54

お仏壇で拝む時に、ご先祖様には 安らかに成仏してくださいと、それと回りにご迷惑をかけた方々のことを思って(先祖様がしたこと申し訳ありません)お線香をあげてみたら いかがですか因縁を絶つには お不動様ですよお経をあげていただくのもいいですが お坊様もお仕事です 他人におまかせするだけではなくご親族のお気持ちが一番大切だと思いますよ 色んなことに気づいたのですから 今からおやりになってはいかがですか

ods********さん

編集あり2013/8/2120:24:27

御先祖の情報は肉体がなくなっても、

自分の心の中にはもちろん、周辺の人を含む

環境に保存されています。

供養することはその記憶情報を確実に保存して、

復活の時の資料にする為と信じている。

補足
先祖の悪因縁は、反面教師としましょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる