ここから本文です

借地借家法第28条の賃貸借の解約の申入れの「正当理由」に関して、条文に例示され...

imo********さん

2013/8/2317:05:40

借地借家法第28条の賃貸借の解約の申入れの「正当理由」に関して、条文に例示されている事項以外にどういう事項が該当するか教えて下さい。

閲覧数:
1,085
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2013/8/2317:32:09

借地借家法は借地権者・借家権者の権利保護のための法律なので、正当事由は限定的に解釈されるため、条文通りの適用になります。

借地借家法第28条 建物の賃貸人による第26条第1項の通知又は建物の賃貸借の解約の申入れは、建物の賃貸人及び賃借人が建物の使用を必要とする事情のほか、「建物の賃貸借に関する従前の経過」、「建物の利用状況」及び「建物の現況」並びに「建物の賃貸人が建物の明渡しの条件として又は建物の明渡しと引換えに建物の賃借人に対して財産上の給付をする旨の申出をした場合におけるその申出」を考慮して、正当の事由があると認められる場合でなければ、することができない。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる