ここから本文です

仮面ライダー龍騎の最終回のオチの意味

tak********さん

2007/4/422:33:34

仮面ライダー龍騎の最終回のオチの意味

仮面ライダー龍騎をレンタルで先ほど見終わりました。
かなり面白かったです!まさかこの歳になって仮面ライダーにときめいてしまうとは思いませんでしたw

ところで質問なのですが、

テレビ版最終回で、ライダーが全員死んでしまった筈なのに最終的には何事も無かったのようにエンドロールと共にライダー達が生活している場面でした。
なぜ彼らは復活しているのかが疑問です。
神崎兄妹がなんらかに関わっているようなのですが、これは一体どういった解釈をとればよいのでしょう!?

疑問を解決してスッキリした上で仮面ライダー555を見ようと思いますw
どうかよろしくお願いいたします<(_ _)>

閲覧数:
238,670
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aya********さん

編集あり2007/4/423:28:50

簡単に言いますと、あの世界は「神崎士郎が諦めるまで永遠に繰り返される閉じた時間軸」だからです。そして、最終回の世界こそがそのループから解放された正常な世界です(北岡のもっている新聞の日付で確認可能)
神崎兄妹は両親に監禁(虐待)されていましたよね。(虐待されたからミラーワールドを作る能力が生まれたのか、能力があったからそれを疎まれて虐待されたかははっきりしませんが)その末に、妹の優衣は病気(餓死?衰弱死?)で亡くなります。
神崎兄妹はミラーワールドという箱庭に「絵を描く」という行為を通して生物を生み出すことが出来ます。それはモンスターに限りません(以前自分たち自身の絵も描いていましたよね?)
優衣が亡くなったとき、鏡の向こうから声を掛けてきたのはその絵が具現化した「優衣の分身」です。
分身は士郎に「私がそっちに行っていい?」と聞きます。士郎はそれを受け入れ、優衣は20歳までの仮の命を手に入れます。(何故20歳かは、①10歳の時分身の命をもらったから、10+10で20歳 ②身近な大人に虐げられていた優衣が、無意識に「大人になんかなりたくない」と望んだ ということが考えられます)一方士郎は、勿論優衣の命を長らえさせようとします。研究に研究を重ね、ライダーシステムを完成させた士郎は、優衣のために膨大な生命エネルギーを集める必要がありました。
これがライダーバトルです。モンスターが一般人を襲い、ライダーがそのモンスターを狩り、さらにそのライダー同士が争って、最終的にオーディンがその頂点に立つ。(オーディンは士郎が諦めない限り死ぬことがないため。各ライダーに示された望みが叶うというのも士郎が戦いをさせるためについた嘘。完全な出来レースです)そうして精錬された「進化する魂」が優衣に与えられることになるのですが・・・。
最後までご覧になられたのならお分かりかと思いますが、優衣は優しい性格です。人の命を貰ってまで生き延びようとはしません。その命の受け取りを拒みます。そこで出てくるのが、28話に出てくる「タイムベント」。
士郎は時を巻き戻します。何度でも何度でも、優衣が命を受け取るまでずっと。与え続けては拒まれ続ける。その最後の繰り返しがTVのラストです。
士郎は優衣の説得を聞き入れ(おそらくは真司の影響による優衣の心の成長があると思います)、優衣が子供の頃に亡くなるという「正しい歴史」を受け入れることでループを断ち切り、士郎の干渉を受けない本来の時間が始まったのです。花鶏の中の写真が変わっているのはその為。
ですから最終回のライダーたちはお互いの記憶をもたず、ライダーバトル自体が無いのですから戦って死ぬこともありません。ですが、真司と蓮がお互いにデジャヴを感じていたように、人によってはどこかに記憶の欠片が残っていそうですね。

質問した人からのコメント

2007/4/4 23:46:49

おお!
完璧な解説ありがとうございました!
完全に理解いたしました!!!!
ありがとうございます!
スッキリしました!!(^O^)

「仮面ライダー龍騎 最終回」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kak********さん

編集あり2007/4/423:14:27

神崎優衣は、実際には、小さい頃に死亡しています。
現在の優衣はおそらくはミラーワールドの住人で、その存在は不安定なものです。
実際、作中では途中で消滅しています。
兄の神崎士郎も同様の存在です。
士郎は、優衣の消滅を防ごうとして、時間を戻すことにより現実をリセットして
やり直しをしようとしていました。
(士郎の操る仮面ライダーオーディンが時を逆行させる能力を持つのは、そのためです。)
最終回のラストシーンは、リセット後の世界です。そのために、ライダーに変身した
人物達が復活しています。

士郎による現実のリセットは、これが初めてではありません。
作中でも、状況が士郎の望まない方向に行った時、オーディンがリセットをかけたことが
あります。

また、「龍騎」にはTVシリーズの他に、
・テレビスペシャル 仮面ライダー龍騎スペシャル 13RIDERS
・劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL
の2作品がありますが、結末はすべて異なります。
これらは、繰り返しリセットされる現実の中のひとつということになります。
(どの作品だったかは忘れましたが、士郎が「今回もだめだったか」という旨の台詞を
述べたこともあったはずです。)

アバター

ID非公開さん

2007/4/422:38:34

もう数年前なのでうろ覚えなのですが、たしか夢オチみたいな感じじゃなかったですか?
あんまり納得いく、すっきりした終わりではなかったように思います。
答えになってなくてすいません。

555もおもしろいですよ!!隆起よりは随分と分かりやすいです。
私的には、カブトが一番好きでした。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる