ここから本文です

木藤亜也さん

sut********さん

2007/4/600:16:34

木藤亜也さん

1リットルの涙の特別編をやっていましたが、
日記が書けなくなって5年、生き続けたそうですが、
日記が書けなくなってからの生活は
どのような生活だったのでしょうか?

体は寝たきりになっても、精神は健常者・・・
私にはとても耐えられそうにありません・・・。
木藤さんが自殺を考えることなどはなかったのでしょうか?

ご存知の方お教え下さい。

閲覧数:
40,501
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

2007/4/601:51:43

幻冬舎から出ている母親の手記「いのちのハードル」を読むことをお勧めします。病気になったことで辛いことも多かったけど、素晴らしい出会いもあったようです。その素晴らしい出会いを亜也さんは宝物のように思っていたようでした。何かを食べる時も真剣でないと誤飲する。行動するにもすべてが不自由だった。それでも自分を見失わず笑顔と優しい心を忘れなかったようです。
きっと亜也さんの心では自殺を考えたかもしれません。でもそれはわかりません。「いのちのハードル」「1リットルの涙」を読んだ限り彼女は他人の気持ちをいちばんに考える人でそういったことを残すのはよくないと考えたので心の中に封印したかもしれません。
幻冬舎から出ている
「いのちのハードル」
「1リットルの涙」
ふたつ合わせて読むことをお勧めします。文庫本サイズです。その時はハンカチを用意してね。

質問した人からのコメント

2007/4/7 16:28:18

降参 ありがとうございました。

本当に芯の強い、亜也さんだったのですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる