ここから本文です

旅客機は風速何m以上の風が吹くと欠航の可能性があるんでしょうか??

ats********さん

2013/8/3000:21:10

旅客機は風速何m以上の風が吹くと欠航の可能性があるんでしょうか??

閲覧数:
184,142
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

編集あり2013/8/3015:27:55

旅客機には、離着陸の横風(濡れた路面だと横風成分が風速13メートルくらいの制限の機種が多いです)や追風の制限値がありますが、機種により違いがあります。規定上は、滑走路方向で向かい風なら、どれだけ風が吹いていても離着陸できますが、地上スタッフやボーディングブリッジを使わない場合の旅客の安全性等を考慮すると、風速25メートルくらいが限界としている場合が多いかと思います。
又、機種によっては、貨物用のドア操作やエンジンスタートに風速制限があり、運航できないケースがあります。

空港周辺の地形の影響もありますが、台風の強風域(風速15メートル以上)では、風向きによっては欠航になる可能性があり、暴風域(風速25メートル以上)では、運航されない場合がほとんどになります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「飛行機 欠航 基準」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kan********さん

2013/8/3009:47:58

旅客機の風の強さに対する運航制限は主として
滑走路の方向に対する横風成分が或る値を超えた場合の制限です。
追い風成分が15ノット(風速7m/sec)を超えた場合の離着陸の
制限も有りますが主として横風制限です。
滑走路面の状態によって変わってきます。
例えばB777の場合ですと、
乾いた滑走路では横風成分は38ノット:19m/sec
濡れている滑走路では20~25ノット:10~13m/sec
雪などの雪氷滑走路では10~20ノット:5~10m/sec
等の制限が有りこの値を超えると離着陸が出来なくなります。
正面からいくら強い風が吹いていても横風成分はゼロですので
離着陸に支障は有りませんが、(制限は有りませんが)
相当の揺れが有るでしょうから欠航になる可能性は有ります。

shi********さん

2013/8/3007:52:14

操縦士には横風制限みたいな規則があり、横風45kt以上は着陸しちゃダメと言ったような制限があります。

それに加え、機種・メーカーで風に耐えられる制限値を持っていますので、一概に何ktの風が吹くと欠航するとは言い切れません。

さらに、各航空会社が台風などの異常気象の際に、運航の可否を予め決めますので、決定的な条件はない物と思った方が良いですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2013/8/3000:30:11

航空機が飛ぶ飛ばないの条件は風速だけでなく風向や周辺の状況などにも影響を受けるため、何メートル以上なら飛ばない、という基準はありません。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる