姓名とは何ですか? 日本史の勉強で「姓名で答えよ」とあったのですが、姓名とは何ですか? 小野妹子の姓名。 蘇我馬子の姓名などなどあり、よくわかりません。

姓名とは何ですか? 日本史の勉強で「姓名で答えよ」とあったのですが、姓名とは何ですか? 小野妹子の姓名。 蘇我馬子の姓名などなどあり、よくわかりません。 回答お願いします。

日本史249閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

現代日本においては、 姓名=氏名=苗字と名 …なのです。 だから、一般的に「蘇我馬子の姓名は蘇我馬子」です なお、重箱の隅を突くような細かいことを言うなら、 蘇我馬子の「姓」は臣、「氏」は蘇我、「名」は馬子です。 ですが、 通常は「姓名で答えよ」と言われて、 「臣馬子」と書いたら不正解になりますよ。 「蘇我馬子」と書かないといけません。 冒頭に書いたように、現代の日本では、氏名=姓名だからです。

その他の回答(1件)

0

前の方の回答は誤りです。ご注意ください。 この場合の「姓名」とは「カバネ・ナ」です。 カバネとは古代日本のヤマト王権において、大王(おおきみ)から有力な氏族に与えられた、王権との関係・地位を示す称号で、現在の苗字とは意味が違います。 古代日本の高位の人間は氏(うじ)・姓(かばね)・名(な)を持っていました。 氏は一族を表し、姓はその人(一族)の爵位・官職を表し、名はその人の固有名詞でした。 時代によって姓も変遷があるのですが、代表的なものとして公・君(きみ)、臣(おみ)、連(むらじ)、直(あたい)、首(おびと)、史(ふひと)、村主(すぐり)などがあります。 上記のことから答えを導くと、小野妹子は「臣妹子(おみのいもこ)」、蘇我馬子は「大臣馬子(おおおみのうまこ)」となります。