ここから本文です

鉄の爪世界一はだれですか? FVエリックですか?

tzk********さん

2013/9/215:18:35

鉄の爪世界一はだれですか?
FVエリックですか?

閲覧数:
694
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kim********さん

編集あり2013/9/220:19:54

日本には多くの外人レスラーがやってきたが、その中でも観客動員力が優れていた一人にフリッツ・フォン・エリックがいる。彼は多くの日本人の胸に焼きついた強豪であり、その訃報が一般紙に掲載された数少ないプロレスラーでもあった。その彼の必殺技がアイアンクロー=鉄の爪である。この技の誕生には諸説あるが、彼が強盗事件に遭遇した時に犯人をつかみ倒したのがきっかけというのがエピソードとしては一番面白い。とにかく額をつかむという単純な技をフィニッシュに使ったのは、恐らくエリックが最初であろう。一度つかんだら離れないという恐怖の技。最も多く被害にあった日本人は馬場で、その対策として馬場はなんとエリックの右腕に噛み付くという、予想外のディフェンスを取ったのであった。ほかにつかみに言ったところをよけられ、マットに手をたたきつけて自爆するという展開も懐かしい。エリックは脳天だけでなく、ストマック・クローもフィニッシュに多用していた。彼の息子たちもクローを多用したが、あの父親が見せた威光は彼らのクロー攻撃からは見られなかった。 フリッツ・フォン・エリック Fritz Von Erich
■ニックネーム:鉄の爪
■本名:ジャック・アドキッセン
■身長・体重:195センチ、120キロ
■生年月日:1929年8月16日(1997年9月10日没)
■出身地:米・テキサス州ダラス出身
■得意技:アイアン・クロー
■主要タイトル:
カナディアン・オープン・タッグ(トロント版)
USヘビー(デトロイト版)
北米ヘビー(アマリロ版)
オマハ版世界ヘビー
AWA世界ヘビー
テキサス・ヘビー
アメリカン・ヘビー
インターナショナル・タッグ(日本プロレス版)
■来日回数:8回
■参加シリーズ:
41 11 (日) 【特】ウインター・S
42 5 (日) アイアン・クロー・S
45 2 (日)アイアンクロー・S
46 9 (日) 【特】サマー・ミステリー・S
48 4 (日) アイアンクロー・S
48 12(全)【特】ジャイアント・S第2弾
50 7 (全)【特】サマー・アクション・S
54 1(全)【特】新春ジャイアント・S

レスラーとして、またプロモーターとして多くのレスラーから一目を置かれたのは、ジャイアント馬場とこのエリックぐらいの者だろう。ドイツ人ギミックで売ったが、両親がユダヤ系移民だったという説がある。リング上での実力者振りはもちろんのこと、一緒に来日したミル・マスカラスがゴマをすっていたというぐらいプロモーターとしても威厳を持ち、1975年からはNWA会長も勤めた。
必殺技のアイアンクローは一度つかんだら絶対はなさない。その握力は130キロを超えていたという。リング上での栄光とは裏腹に、私生活では5人の息子を事故死で亡くしており、ケネディ家とともに呪われた一家と呼ばれ、晩年は寂しいものだったといわれている。1997年に肺がんの為他界。日本プロレス界を支えた外国人レスラーたち。ファンはみな、「未知の強豪」の来日に胸躍らせ、「悪役レスラー」の場外乱闘に逃げ回った。懐かしの顔を写真と共に紹介しよう。

■「鉄の爪」フリッツ・フォン・エリック
顔面を握りつぶすアイアンクローを武器に活躍。息子達も次々とレスラーになったが、長男ケビン以外はみな非業の死を遂げ「呪われたエリック一家」と呼ばれた。 御存知「鉄のツメ一家」の総帥でアイアンクロー&ストマッククローと言えばこの人・・・呪われた一家としてアメリカでもよく取り上げられる。次男ケビンを除く息子たちは不慮の死(デビットは来日時ホテルで病死・ケリーとマイクは自殺)を遂げた。
大学時代はアメフトの花形プレーヤーとして活躍し、23歳でプロレス入り。入門当時は本名フレッドアドキッセンとしてファィトしていた。1962―1963年ガニアから、2度にわたりAWAオマハ版とミネアポリス版ヘビー級タイトルを奪取。その後テキサスを基盤としテキサスヘビー・アメリカンヘビータイトル戴冠。
昭和41年初来日以降馬場・猪木等日本勢をクローとラフ殺法で大いに苦しめ昭和48年キラーカールクラップとのコンビでインタタッグを大木&上田組から奪取し米国に持ち帰った。
昭和57年8月ダラステキサススタジアムでキングコングバンディとアメリカンヘビー級タイトルを行い奪取しそれが引退試合となった。1975年8月NWA会長に就任し、NWA崩壊後はWCCWを設立し新日本と提携しケビン&ケリー兄弟が来日している。
1997年病死。享年66歳
顔面を掴めば血ダルマにして胃袋を掴めばヘドを吐かせ連戦連勝です。エリックの鉄の爪は軟式用の野球ボールをパンクさせてリンゴを片手で握り潰してジュースにしてエリックのアイアンクローで頭を掴まれて脳波が狂ったレスラーは5人を超えます。
本気になれば頭がい骨から顔の肉をむしりとることが可能といわれたレスラーです。
ディック・ザ・ブルーザーは警官隊と乱闘してブタ箱入りとなったのは1度ですが、エリックは2度も打ち込まされました。
地上最強の鉄人・ルー・テーズさえ、いつも鉄の爪に血ダルマにされての反則勝ちばかりでエリックに完勝したレスラーはいないです。ルー・テーズと10数戦してエリックの反則負けは多いのですが、テーズは1度も2フォールを奪えず、エリックは生傷男
ブルーザーを何度もKOしています。エリックは握力計の針を吹っ飛ばします。この世界一の握力が顔面と胃袋を掴めば失神させるアイアン・クローが生まれるのです。こんな、レスラーは2度と出てこないと思います。鉄人ルー・テーズのバックドロップと並んでエリックのアイアンクローは2大必殺技です。エリックを超える握力の持ち主はいないでしょう。驚異的な握力を武器にアイアンクローを開発してエリックは鉄の爪とレスラーたちから恐れられました。エリックは鉄の爪といわれるアイアンクローで世界中の
レスラーたちを苦しめました。ルー・テーズが最大の苦手にしていた相手の一人でした。テキサスの帝王の異名を欲しいままにしたレスラーでした。ニック・コザックというレスラーにアイアンクローで顔面を掴んだ時にコザックの顔はトマトみたいに潰れ、5本の指の間から大量の血が流れ、コザックは失神して警官隊とレフリーが、エリックの両腕を掴んで制止しました。なので鉄の爪、握力世界一はフリッツ・フォン・エリックで間違いないでしょう。




さて、エリックのほかに、脳天へのクローをフィニッシュに使ったレスラーとしては、バロン・フォン・ラシク、キラー・カール・クラップが双璧であろう。ラシクはこれを単純にブレーン・クロー=脳天つかみと称した。ただ、ラシクの場合クローをフィニッシュにしていたものの、エリックのようにこの技一本で勝負するということではなく、多彩なテクニックで追い込み、相手がへたばったところにお見舞いするというパターンであった。
もう一人、ブロンズ・クローのクラップはラシクと違い、クローをとったら何も残らないようなレスラーであった。本国アメリカでもエリックとのクロー合戦で売り出したり、外人不足に悩む新日本プロレスが、タイガー・ジェット・シンを発掘るまでエースにすえていたものの、やはりレスラーとしては2流であった。53年にはマンネリ解消のためか、親指の位置を目玉のあたりにずらしたアイ・クローを使用したが、これは明らかにサミング攻撃、良識あるファンの失笑を買った。

さて、クローをフィニッシュにしていたといえばタイガー・ジェット・シンのコブラ・クロー。これもチョーク攻撃としか思えないが、シンに悪党としてのイメージを植え付けるためには、ぴったりの見ていてイライラする陰惨な技であった。後継者はほとんどいない。また、何度もコブラクローの被害にあった坂口征二もアメリカ修行時代にショルダークローを多用していた。これは坂口に限ったことでなく、日系レスラーといえば、ショルダークローであった。

このようにクローと言うのは、前回紹介したスリーパー・ホールドのように陰惨な悪役の専売特許であり、エリックの息子たちのようなベビーフェイスがフィニッシュに使っても、もうひとつぴんとこない。このクロー攻撃というのも平成のリングからはまったく姿を消してしまっている。クロー一発で相手のこめかみから流血させられる大悪党は出ないものか?

アイアンクローの元祖で、「鉄の爪」と呼ばれた名レスラー。200kgを超えると言われた握力で顔面、または胃袋を握りつけるアイアンクローで人気を博した。29年テキサス州出身。54年プロレスデビュー。 63年バーン・ガニアを破りAWA世界ヘビー級王座を獲得した。66年に初来日、以降馬場とインター王座のベルトをめぐり6回も好勝負を繰り広げた。全日本プロレスにも3度来日し、馬場のPWF王座に2度挑戦している。97年逝去。
以上です。

質問した人からのコメント

2013/9/3 00:44:07

恐るべし鉄の爪(・・;)栄光のレスラー人生ですね。鉄の爪は唯一エリックだけとのこと。愚問でしたが、クローの使い手自体が少なかったんですね(>_<)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

adc********さん

2013/9/219:56:00

こんばんは。 水を差すようで申し訳ありませんが、「フェイスクロー」を「鉄の爪」と呼んでいるのは(呼ばれているのは)、フリッツ・フォン・エリックしかいません。 最近はいませんが、他に同じ「フェイス・クロー」を使うレスラーはいましたが、「ブレーン・クロー」とか「青銅の爪」とか呼ばれてたような気がします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる