ここから本文です

(1)カネミ油症事件ですが、カネミ倉庫とカネカに責任はあるのですか? (2...

kuj********さん

2007/4/1022:14:13

(1)カネミ油症事件ですが、カネミ倉庫とカネカに責任はあるのですか?

(2)あるとしたら、カネミ倉庫とカネカは賠償したのですか?またなぜ信頼が失墜したのにまだ営業を続けているのですか?

(3)またなぜ国に責任があるとされたのですか?

(4)なぜ国は、カネミ倉庫に米を預けて金を払っているのですか?

閲覧数:
21,722
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bro********さん

2007/4/1321:41:49

(1) カネミ倉庫はライスオイルの製造業者として、カネカはわが国で初めてPCBの生産を始めた化学企業として食品製造向けの工業薬品を供給する者も食品製造業と同じ高度の安全確保義務を負うており、それを果たさなかった。
(2) カネミ倉庫とカネカは賠償しました。1968年当時はそれによって、会社を倒産させるほどの影響を及ぼせなかった。
(3)国の責任は、一足早く発生した鶏のダーク油事件の段階で国が適切な処置をとっていれば、人の油症の発生をある程度、防止できた、という見方です。農林省福岡肥飼料検査所(福岡肥飼研)の公務員 、農林省家畜衛生試験場の公務員、農林本省の公務員が 職務上の義務を怠ったものとされました。
(4)国は備蓄米余剰米を、カネミ倉庫に預けて金を払っているのです。他意はありません。

質問した人からのコメント

2007/4/13 23:23:46

回答ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる