ここから本文です

ベストアンサー以外の回答

6〜15件/16件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cit********さん

編集あり2013/9/511:23:23

初めて聞いた話なので驚きました。
そしてそのような配慮が既にされている学校もあるようですね・・・

誰に対してどのような配慮をするべきなのか
公平とは? 考え出すとなかなか難しい問題ではありますね。

普通の人からしてみたら、ど~でもいいようなつまらぬ問題でしかなく
実際順番をランダムにするだけの事ですから
強く希望する人がいるのならば、そうしましょうか?
そんな流れが出来やすいのでしょうか?

そのような中途半端な意見を
切り捨てるのは簡単なようにも思いますが・・・

このような話が上がるのは運動会だからでしょうね
マラソン大会だったら皆で一斉に走るので単純明快
順位が付いて、それでは可哀想・・・そんな話が出るとしたら相手にもされない筈です。

(勿論、順位だけが大切な訳でなく、一生懸命ベストを尽くす事
目標をたてて目指す事、負けて悔しい思いをする事、そんな事の全てが学習なのだと思います。)

運動会ではグループ分けせざるを得ないのでややこしいのですよね。
しかし順位とは別に、得点を与えるとすれば
本来ならば、早い子のグループのビリでも、次のグループの一位よりも
大きい得点を与えるべきなのだと思います。
これならば、マラソン大会同様で、不公平感は無い筈です。

ただ、運動会というお祭り的な要素も大きく、実際点付けが面倒ですから
そこまでする必要は無いでしょうが

順番をランダムにするという配慮はその本質を見失っていると感じます。
多くの子が一番を狙える稀な機会となっているからこその勘違いなのでしょうか?

単なる甘やかしなのか,自分の親としての力量の無さを認めているという事なのか・・・
ホント理解に苦しみます。

どんなグループでどんな順位になったって、たっぷり褒めてやりゃぁいいんだよ!
そう言いたいです。

というのが、持論ではありましたが・・・

誰の立場に立つのかで随分と感覚は変わるようです。
例えば、どんなに頑張っても一番遅い子に焦点を当てれば
第一グループであれば、誰から見ても一番遅いグループであろうと見られ
スタートまでずっと最前列に並び、そのプレッシャー、苦痛たるや
相当なモノなのでしょう。
声援も自分を嘲り笑っているかのように聞こえてしまっているのかもしれません。
そういった最弱者救済の措置として、苦痛を少しでも和らげられる方法とは言えると思いました。

ごく客観的に、見物人としても
だんだん早いグループになって盛り上げるというのも解かりやすいモノですが
そうでなくとも、それぞれのグループで抜きつ抜かれつの熱戦が繰り広げられる様子は見ていて楽しいモノです。

知人の話で、あるクラスの席替えで成績の悪い順に前から並ばせられた事があったようです。
最前列の子はとても辛そうだったとの事、
そんな話を思い出して、少し優しい気持ちを取り戻しました。

shi********さん

2013/9/415:14:05

クラスで学年で常に徒競走が遅い子を持つ親なのか
そうではない親なのか ではないのでしょうか?
恐らく その提案を申し出た親は、
我が子が常にクラスで学年で徒競走が遅い子の親
または、そうした親の心情を理解出来ている親(大人)
だったのではないのでしょうか
クラスや学年で常に徒競走が遅い子の親ではない親からしてみれば
そんな事どうでも良いじゃない・・・と感じたり受け取ってしまう内容
なのかもしれませんが 常に遅い子を持つ親にしてみたら
結構 重要な内容になる事です
この温度差ではないのでしょうか
常にクラスで徒競走が遅い子の中には
運動会なんてこの世の中になければ良いのに・・・
と真剣に悩んでいる子 運動会を本気で休みたいと
思っている子が全国には多々実在しています
それ位 その家庭の親子には毎年様々な葛藤がある訳ですが
そうした経験をする事のない家庭からしてみれば
どうでも良い事としか思えなかったり
そうした家庭の事まで考えられなかったり だと思います
貴方の話を聞き終えて ストレートに感じた事は
貴方にとって 貴方達親子にとって
別にどっちでも構わない事なのでしたら
どうぞお好きに・・・と言う器量を持って
賛成も反対もない立場で気持ちで居れば良いだけだった
のではないのでしょうか?
私に限らず 多くの親 多くの大人 も同じだと思いますが
自分に関係ない事 自分の家族に関係ない事は
どうぞお好きに 丸く収まれば何でも結構です
だと思います
世の中には、自分や自分達とは違う 様々な人々が暮らしています
足が遅い子 その事を悩んでいる子/親子
外見から認識・確認出来なかったとしても
病気や障害 人より劣っている面を持っている
こうした人々がそうではない人々と一緒に暮らしているのが
私達の社会生活だと思います
そうした事を理解・認識し弁えられた上で生活出来る事も
しなければならない事も
私達 子供を持つ親(大人)に課せられている事の
一つなのではないのでしょうか

col********さん

2013/9/410:48:17

私も多分、ぽかーん…だと。
質問読みながらも、気づいたら口が開いてました(^^;;

でもまあ、グループの順を変えるくらいなら、簡単にできますからね。
やってあげてもいいんじゃない?
3年生ということで、まだ難しいかもしれないですが、高学年であれば、子どもたちに決めさせてもいいかな?とも思いますけどね。
子どもが決めたことなら、親も文句言わないんじゃないかな…と。
でも、気の強い子がそういう風に持っていった!とかいう人もいるかな…。
難しい…。

さて、質問についての回答ですが、走る組や順は、学年ごとに、先生が決めていると思います。
家の5年生の子は、昨年度までは背の順でしたが、今年度はタイム順でした。
速いグループからだったような??
あれ?遅いグループからだったかな??
うちの子ちょうど真ん中のグループだったので、忘れてしまいました(^^;;

kom********さん

2013/9/409:37:41

元教員です。
質問の主旨から外れますが・・お許しください。
問題提起です
『タイム順で同じくらいの速さの子と走らせるのはいいこと』なのでしょうか?
このことの効用は、
1.同じ力の人と競り合うことによって、より、力が発揮される。
2.誰にも、一位となる機会があるので、一生懸命走る。
などと言われていますが・・・。
これは、あくまでも原則論・抽象論です
以下の例を考えてみてください。
1.私の近所に、100m13秒台後半で走る6年生がいました。けれども、かれは、6年間、万年2位だったのです。100m12秒台半ばで走る天才児がいて、タイム順ですから、いつも、同じ組で走らされていたからです。
2.学年の50m走のタイムが 1位7秒5 2位7秒6 3位7秒8 4位8秒3 5位8秒4 6位9秒2 7位9秒3 8位9秒4だったとします。
各レース4人で走るとしたら、4位の子はどんなにがんばっても最下位でしょうし、5位の子は楽勝ですね。
こういうことは、しばしば起こるのです。
ですから、、試走の際、「ライバルがわざとタイムを落とすように走った。」などの不満が口をついて出ることもあるのです。
私は、前日にでも、抽選で組み合わせを決めたらどうかと思っています。
世の中には、運・不運があること。どんな状況の中でも全力を尽くすこと。
などを学させる機会となるように思いますので・・・。
一見、公平なようで、実は、不公平・・・。
このような、みせかけの教育的な方法は考え直すべきではないでしょうか?

non********さん

編集あり2013/9/410:57:52

そうですね、理解に苦しみますね。

遅い子の親はそう思うのですね・・・。

息子はいつも早いグループのほぼビリ・・・・。

タイム順じゃないほうがいいのにな~と思ってましたが、そんなこと先生に言おうなんて思ったこともないです。

6年になって少しタイムが落ち、1グループ落ちたら初めて1位をとれました。

どういう方法をとっても、きっと不満が出るものだと思います。

遅くて悔しい思いをしたなら毎日走って速くなろう、とか、遅いわけでもないのにいつもビリ、人生理不尽なこともあるよね、とか、もっと子供を精神的・肉体的に鍛える、前向きにさせる親のフォローがあれば済む話じゃないかと思います。

エンジンさん

2013/9/409:13:28

最近親がでしゃばり過ぎです。子の喧嘩に親が出るようなものです。子供にとって遅かろうが、子供にとっていい思い出になるはずです。私たちの通わせてる学校も同じような傾向があります。

2013/9/408:54:06

子供の運動会といえど学校の教育活動の一環です。
当然先生は色々な教育的配慮はしていますし、教育的配慮をしないといけません。

懇談会で出た意見内容は配慮の方向が間違っているので考慮するに値しませんが、そういう保護者も世の中少なくないという事です。
実はモンスターペアレンツは噂で聞くほどたくさんいるわけではないのですが、こういった些細な、しかしトンチンカンな意見が現場の先生を萎縮させているのではないかなぁと思います。

もっとも先生側もそういう前提で、親対策もきちんとしておくべきだと思いますよ。
今回のような意見はさすがにトンチンカンですから、先生側から今の方式の「ねらい」をきちんと説明し、意見のトンチンカンぶりを指摘しておけばそれで済んだと思います。

今回の意見のポイントは「誰がわかっちゃうの?」という所だと思います。
本当は「遅い子」が可哀想なのではなくて、見ている保護者たちが「可哀想と思う」という事ではないでしょうか。
子供同士はとっくにわかっていますもんね。

そしてタイムグループ別に走る良さは、最初から差が開きすぎると力は出ないけど、力が競ったもの同士では自分の実力を最大限に発揮しやすいからこういった方式をとっています。(学習やスポーツメンタルではこのスモールステップ理論が良く使われる)

と理詰めで説明していけば、「さすが先生・・・。こういう配慮をしているんだ」とほとんどが納得できたのでは?

私は親も親だと思いますが、それに対して先生や学校もきちんと説明責任を果たせないとどんどんスレ違いが増幅していくのではないかと思います。

asi********さん

2013/9/405:48:15

私も、どんな順番にしても速い遅いは見ればわかると思いますwww

私自身も走るの遅いし、うちの子も遅い方です。
でも、遅くても一生懸命走ればいいと思うし、子供にもそう思ってほしいし、見ている人にもそう思って応援してもらえればいいと思います。

子供同士は十分わかっているし、親だってわかってる、他の人だって見ればわかる・・・じゃあ、だれを意識してるの???
私は、本当は、子供たちが世の中に遅い子も速い子もいることを十分お互いが理解して認め合い応援しあう姿を身に着けることの方が大切だと思います。
また、遅い子も自分の力を自覚して目標をもって力いっぱい走り、速い子を素直に応援できたらそれでいいと思います。
できなくても卑屈にならない精神を身に着けられるような集団を作っていければいいと思います。
(こういうのって、走ることに関してだけではないと思います)

うちの子の学校は遅い順に走りますが、みんな精一杯走ります。
誰も遅い子を笑ったりしません。
平等に応援しあえるので、今のままでも何も不満はないです。

ただ、そういう雰囲気でない地域や学校は、親御さんが心配になってそういうことを提案されるのかもしれません。
もしかしたら、その親御さん自信が、どこか心の中に少し卑屈になってしまう部分があったり偏見があったりするのかもしれませんね。

mak********さん

2013/9/402:14:43

小学校の教員です。
私の勤務してきた学校では、どこもその方の提案のように走順はランダムでした。
配慮と言えば配慮ですね。
遅い子達は確かにどこに入れてもすぐにわかってしまいますが、一人一人に点数が入るので、みんな頑張って走ります。

hoy********さん

2013/9/323:11:04

あなたの感覚が正常だと思います

すべて我が子かわいさなのでしょうね

自分の子に可愛そうな思いをさせたくないという

でも、世の中競争社会ですから過保護な思いやりは子どもを大人にするための妨げ以外の何者でもないですね

どのようなパターンで出走順を組んでもベストはないと思います

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる