ここから本文です

歌舞伎を見るとき一番いい席は?

yon********さん

2013/9/505:45:37

歌舞伎を見るとき一番いい席は?

はじめて歌舞伎を見に行こうと思っています。プチ贅沢で、高くても一番いい席で見たいと考えていますが、観劇の条件として、どのあたりの席が良いですか? やはり最前列の席が一番ですか?それとも少し後ろがいいですか?桟敷席からはどうですか?

閲覧数:
21,812
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cho********さん

編集あり2013/9/514:49:21

一般的に良席とされる席をそれぞれ下記に挙げてみました。それぞれ一長一短があり、「一番いい」というのは人によって回答が異なったり、演目によって異なることもあります。また、当方は「お席はひとつのご縁」と考えています。思わぬ席に座って、大きな収穫があることも度々。初めての歌舞伎鑑賞、いいお席とご縁があるといいですね。

◆とちり席
一般的にはとちり席がご贔屓の座られる最良席とされます。いろはにほへと・・・の7~9列の中央ブロックがそこ。政治家などが座っておられるのもたいてい、このとちり席です。役者が見得を切るのもこのお席が多いんじゃないかな。ほどよく舞台から離れていて、全体が見渡しやすくお勧めできますが、前列に座る人が大柄の場合、舞台が見えづらいことも。

◆天覧席
4月に天皇陛下と皇后陛下がご覧になられた席は2階最前列の中央。京都の南座では特別席とされ、座席もゆったりとしています。ときおり座りますが、視界を妨げるものもなく、舞台も花道も見やすいです。特に舞踊演目は奥行きなどを見届けることができるので、贔屓役者の舞踊演目は迷わず2階最前列で見ることも。下記に紹介した知恵ノートにも書いていますが、役者が時折目線をやる席なので、そういう醍醐味も味わえます。

◆かぶりつき席
1階最前列の中央辺りを言います。こちらは舞台の演出で本水を使う際に被り物のビニールシートが配られるところから「被り付き」と言われるようになったお席。間近で役者の汗も見ることができます。ただし、劇場によっては足元が見えづらかったり、左右に広い劇場ですと、舞台機構がよく分からないこともあります。贔屓の役者が出る舞台なら、お勧めできるでしょうか。

◆桟敷席
誰もが一度は座ってみたい席なのではないでしょうか。靴を脱いで、くつろぎながら観劇できます。机もついているので、幕間のお弁当も優雅にいただけます。1等席と1~2千円ほどしか違わないので、お客様をお連れするなら、お勧め。舞台から少し遠いのが唯一の難点。歌舞伎座開場の4月初日の東桟敷席にはずらっと正装の芸者衆が客席に花を添えていました。

◆花道よこ
少々マニアックになりますが、花道のすぐ横なども楽しい席です。特に2~6列辺りですと、花道での芝居を真下から見上げる感覚。化粧の施し方、衣裳の素晴らしさなども十分に見ることができます。役者によっては、香をたいたいい匂いが香ってくることも。六方を踏む演出がある演目では、その迫力に驚かされます。

最後になりますが、知恵ノート「初めての歌舞伎鑑賞~座席の選び方~」を作成しています。上記に書いたことと重複することもありますが、よろしければ、詳しく座席について記していますので、ご参照ください。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n4223

質問した人からのコメント

2013/9/12 19:57:08

大変ありがとうございました。きっと満足のいく観劇ができると思います。他の方もありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kai********さん

2013/9/610:30:37

一等席~立見席まで、すべてクリアしました。お目当てさんをガッツリ見たいなら、大枚をはたいてでも、一等席を取る覚悟が必要なのが歌舞伎ではないかと思ってます。スーパー歌舞伎のように、宙乗りやアクロバットがあるならば、三等席でも見応えはあります。ついこないだ、大阪は上本町の新歌舞伎座で、おもだか屋メンバーの水滸伝を三等席で見ましたが、一階席で客席降りの立ち回りがありましたが、ステージに鏡が降りてきて、3階で見ているお客様に配慮した演出でしたね。鏡のおかげで一階席で何が起きてるかわからない心配や、侘しさを感じなかったんです。だいたい客席降りの演出を目当てにしているお客様だと、迷わず一等席を選びます。その一方で2階から3階の座席が売れなかったり、2階や3階にいるお客様が乗り出して見ると、後部座席のお客様が見えないとか、俳優さんたちの声は聞こえても、姿が見えないので侘しい上に、寂しいんですよね。ここ最近は歌舞伎だけでなく、宝塚でも客席降りに関しては2階席や3階席にも、複数の共演者がやってくる演出になってます。また、宙乗りの演出がある場合は、3階席の一部を塞いでいますので、座席数が通常より減ります。お目当てさんをガッツリ見たいか、その演目ならではの演出を楽しみたいかで、変わりますね。ただ、歌舞伎を上演している劇場は、ホールやアリーナのように大規模とか、天井は高くないので、3階に座っても、オペラグラスを使ったら、近くにお目当てさんや、他の俳優さんがいるかの如くよく見えます。私が使っているオペラグラスは競艇用でも使える倍率が高い機能で安物ではありますが、かつて使っていた、更なる安物とは全然違います。座席の善し悪しはお客様の価値観も付随しますね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hrh********さん

2013/9/510:11:16

一階なら、4列目~12列目くらいまでの花道右側のブロック(7番~14番)、花道右側のセンターブロック(15番~26番)と30番くらいまでが観易くいい席です。なかでもいいのが6列~19列のセンターブロック。特に舞踊の場合は、センターの席がいいです。花道での演技が大事な演目(例:助六、勧進、弁天小僧など)は、花道右側ブロックの花道間際に陣取ることもありますね。隣でじっくりみれますので。

二階なら、やはり最前列から4列目くらいまでですかね。花道右側から30番くらいがいいです。
三階は、花道をみたければ最前列か2-3列目までがいいところで、3階Aのセンターがいいです。勾配がキツイし、椅子の幅は広がったけど、足を置くスペースは相変わらず狭いので、長身のヒトにはしんどいです。なお、舞台全体は3階からもよくみえます。暗くなければ。

意外といいのが4階幕見の椅子席です。自由席なので、先着順。若い番号がとれれば、かなりいい席がとれます。3階B席とほとんど変わりません。

har********さん

2013/9/507:36:58

花横と言って、花道の横(右横)・最前列から3列~6列目あたりが良い席です。

言い換えれば「七三」の横ですね。役者は、花道のこのあたりで、立ち止まり、鬱側の観客の方を向いて見得を切ったりします。

花道が役者に一番近寄れる場所なのです。


海老蔵のすね毛が見えたり、汗が飛んできたり、息遣いが聞こえたりします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる