ここから本文です

「風立ちぬ」のカストルプ氏(軽井沢のホテルで出会った謎のドイツ人)は何故、何に...

nez********さん

2013/9/1112:19:16

「風立ちぬ」のカストルプ氏(軽井沢のホテルで出会った謎のドイツ人)は何故、何に追われていたのですか?どこに亡命して行ったの?

閲覧数:
43,246
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ani********さん

編集あり2013/9/1300:03:21

・カストルプの素性について
カストルプと次郎がはじめて出会ったとき、カストルプは「ドイツのタバコこれ最後」と言いましたよね。
しかし、二郎や菜穂子と再び集まったシーンでは、なんと同じ銘柄のドイツの煙草を吸っています。
このことからもわかるとおり、カストルプは度々秘密裏に配給と接触していたスパイであることが伺えます。

既出ですが、次郎が後半特高に狙われる羽目になってしまったのは、カストルプと接触してしまった為だと思われます。
カストルプは特高又はナチスに追われていたかと思われますが、その後の人生は窺い知れません。

・余談
カストルプとカプローニは目の光彩など、全く同じ部分を持ったキャラクターです。
カストルプには"煙草の煙だけ残して去る"というメフィストフェレス的な描写がありましたが、宮崎さんはカプローニ役の野村萬斎さんに「メフィストフェレスのように演じて欲しい」と同じ役回りの演技指導していました。

真意はわかりませんが、このふたりは天使と悪魔という共通の二面性を持ったキャラクターとして描かれているわけです。

質問した人からのコメント

2013/9/17 21:58:59

感謝 ありがとう御座いました。

「風立ちぬ ドイツ人」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2013/9/1123:18:41

たぶんナチス政権に追われていたと思います。

彼は二郎との会話でナチスを批判していました。
そのためゲシュタポ(ナチスの秘密警察)に追われて
ドイツを脱出したものと思われます。

また彼は「満州国の事も忘れる」などと言って日本の批判もしています。
そのため日本の特高(特別高等警察:実在した日本の思想弾圧のための警察)にも
目を付けられていたようです。
そのため二郎は名古屋に戻ってから特高に付け狙われます。

どこに亡命したかは劇中で語られていませんが、たぶんアメリカでしょう。

以下、余談ですが
彼はドイツの作家トーマス・マンをモデルにしているのではないでしょうか。
マンの代表作の一つに「魔の山」があり、映画のセリフのなかにも出てきます。
その「魔の山」の主人公がカストルプです。

マンはナチスに非常に批判的で、
そのため身の危険を感じて最終的にアメリカに亡命しています。
日本に立ち寄ったとは思えませんが
こうした事からマンをモデルにしたと思います。

yh9********さん

編集あり2013/9/1210:21:49

カストルプのモデルは、第二次大戦期に実在したソ連のドイツ人スパイのゾルゲという人物だと言われています。
ゾルゲも日本の様子を探りに来ていて、最終的に日本政府に捕まり処刑されました(ゾルゲ事件といいます)。

軽井沢の後に二郎が特高、つまり警察の特別高等課という思想犯専門の部署に追われている描写がありましたが、作中の描写を見る限り二郎が特高に追われる理由は軽井沢でカストルプに接触したこと以外にはないんですよ。
それにカストルプは枢軸国の情報に異常に詳しかったですし(しかも否定的)、ずーっと新聞を読んでいるのは情報収集活動の暗示とも取れますしね。
なのでカストルプはスパイで、日本政府に追われていたとしか言えないでしょう。
亡命は分かりませんね。逃げるとしたら本国・ソ連だと思いますが、ゾルゲの人生をなぞるのだとしたら逮捕されて処刑されたとも考えられます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる