ザ・レイプ・オブ・南京のアイリス・チャンはどうして自殺したのですか? 南京事件を世界中にばら撒きたかったのではないの?

補足

left_to_left_2007さん たった2行の質問文で人の人格までわかるなんてスゴイですねw きっと何でも分かる方なんでしょうねwww そんなに私のことが嫌い?

国際情勢37,829閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

28

28人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

一言でうつ病と言えば収まるかも知れないけど、見えないところでいろいろと複雑な事情があるんですね。 皆様詳しい回答ありがとうございました。 prideandprejudice18130さん 議論なさるのは結構ですけど「空白」止めてください。 読みにくいです。

お礼日時:2007/4/19 8:53

その他の回答(8件)

4

中国系の人ですから こういう本を出せば世界中の中国人が広めてくれると思ったのでしょうが デタラメな内容というのも広まっちゃいましたものね 鬱病とも聞きますが 精神的に追い詰められたのでしょう

4人がナイス!しています

3

うつ病。 「南京事件を世界中にばら撒きたかったのではないの?」 っていうのはすごく意味不明というか悪意に満ちた邪推というべきもので、 あなたの人格の問題を自らあけすけに語っています。

3人がナイス!しています

1

この本日本語で出版出来ないんだよ。 売国奴歴史修正主義者が版権を買った出版社を潰して、版権が浮いたんだ。 これが日本の言論の自由のレベルなんだ。 素晴らしき不可解な指摘がありました。 売国奴歴史修正主義者は指摘された箇所の修正を行って出版するそうです。 素晴らしい言論の自由です。 私も初耳です。 言論後、批判言論があるのが言論の自由だと思っていたのですが、言論の前に批判に対して言論の自由を規制するのですね。(笑) 確かに、売国奴歴史修正主義者の理想国家北朝鮮や中国は、言論の前に批判に対して言論の自由を規制します。

1人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
14

「レイプオブ南京」が嘘っぱちで捏造だったことがばれそうになったので精神衰弱になったのです。 そのごあれは中狂に書かされたトンデモ本だと自供されては元も子もなくなるので、 中狂によって暗殺されたのです。 おい、prideandprejudice18130。 お前ずい分、中狂に肩入れし偏った主張ばかりするが中狂の工作員か?それとも半島人?半日日本人? とっとと日本から消えうせろ。

14人がナイス!しています

11

平成16年11月9日「アイリス・チャン自殺」。チャンは出版後、うつ病になり11月9日の午前9時ごろカリフォルニア州サンタクララ郡の国道17号線のロスガトスの南の田舎の道で放置された自動車の中で「死んで」いたのを通行人に発見される。 警察の検視などの結果、頭部への銃弾1発で死んでおり車内の状況などから、チャンは自分の頭をピストルで撃ち抜き「ピストル自殺」したと断定。 その本の発売後チャンはさらに第二次世界大戦中日本軍兵士とフィリピンで戦った米軍兵士などについて書いていたが、うつ病で精神病院に入院し退院後に、ノイローゼを併発してチャンは「ピストル自殺」した。妄想癖アイリス・チャン自殺。 実は発売された「ザレイプオブ南京」の内容がまったくのいい加減なものだった。すべてが「 嘘八百 」でたらめの羅[ら]列で、載せてあった24枚の写真も全部偽造、捏造[ねつぞう]、やらせの写真ばかりだったのだ。 こんな「妄想癖の本」が、物事に疑り深いアメリカで何とベストセラーとなる異常事態が発生し始めている。その後はイラク核兵器情報の米政府「捏造問題」が発生。 本の出版後、国際的な問題となり発売後間もない平成10年9月には、藤岡信勝 [ 東京大学教授、教育学者 ] 氏が主宰する『 自由主義史観研究会 』は「アイリス・チャン反論集会」を開催。 また平成10年11月には、昭和史研究所の、中村粲 [ 独協大学教授 ] 氏らを中心とする諸団体が合同して『 南京を考えるシンポジウム 』を九段会館で開催した。 当時、南京に入城したカメラマン、将校、および評論家らによる実情報告と、入城当時の現存するあらゆるフィルムが上映された。勿論、そこに“虐殺”の片鱗[へんりん]すら窺[うか]がう余地はなかった。 また南京事件徹底検証の著者である、東中野修道 [ 亜細亜大学法学部教授 ] 氏が、チャンの描く史実の偽りや、南京戦の荒唐無稽[こうとうむげ]の作り話をなんと『 90箇所 』も指摘した! さらにチャンに対しては8項目にわたる『 公開質問状 』をぶっつけた。だがチャンはまったく反論さえもできず、挙句の果てに「ピストル自殺」し死んだのだ。 日本国の国家、国民に対してアイリス・チャンは死んで詫[わ]びたと言いってもいいだろう。我が国が争いを避けるため必死に黙っているのにつけ込む狂産[共産]中国人どもは一体何をやらかすか油断も隙もあったものではないのだ。 あのマッカーサーも間違いと認め、しかも国際法上、無効とされる劣悪な極東国際軍事裁判が元凶となり、日本の右翼団体組織は正当化され、今後は国際的に強大化していく。 最初から噂されていたこの陰謀本および映画化にも失敗しチャンは狂産中国情報機関かCIAにすべての責任を負わされて自殺し[殺され]たのだろうか・・、我が国の強大な右翼団体組織が「 アイリス・チャンを自殺! 」へと追い込んだとも。 嘘八百「ザレイプオブ南京」を出版したがために「アイリス・チャン自殺」によって、一件の謀略者は『 ミイラ取りがミイラになった 』のである。 この一連の経過によって、国際法上、無効とされる劣悪な極東国際軍事裁判での「A級戦犯」を含むすべての戦犯は『 冤罪 [ 無実! ]』であることを、究極のところ証明したことになった。 以下のサイトから http://6619.teacup.com/mayuman456/bbs

11人がナイス!しています