ここから本文です

ガラコについて

ワンダフォーさん

2013/9/1412:34:29

ガラコについて

ガラコってワイパーブレードに悪影響を及ぼすでしょうか?

ちょっと前にフロントガラスにガラコを塗ったのですが
その後処理にタオルでガラスを拭き取りました。
どうせまた使うだろうからとそのタオルをそのまま
洗わずに保管していたところボロボロになってしまいました。

ワイパーブレードも8ヶ月ほど前に交換したばかり
なのに細かいひび割れが発生しています。

通常こんなに早くひび割れができないのに、やはりガラコに
そういう成分が入っているのでしょうか?

どなたかご存知の方、ご回答お願いします。

補足補足
ご回答ありがとうございます。
このガラコには若干酸の成分が含まれているようです。
どおりでタオルの臭いを嗅いだときに酸っぱい臭いが
しました。
これが原因なのでしょうか?

閲覧数:
1,333
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ebi********さん

2013/9/1412:46:40

はじめまして、こんにちは

硬化しやすくはなるかと思います。撥水加工したガラス面にはビビリにくいワイパーも出ていますので、そちらをおすすめします。

質問した人からのコメント

2013/9/20 21:35:22

皆さんありがとうございました。無機酸という成分が入っているようです。意外にこれが曲者なのかもしれません。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sug********さん

編集あり2013/9/1513:58:44

撥水成分は低分子シリコーンないしは低分子PTFE(テフロン)です。専用ウォッシャー液の主成分は主成分は水・メタノール・界面活性剤で上記の撥水成分も含みます。
シリコーンのエマルジョンはアーマオール・クレポリメイトなどの樹脂保護材やタイヤワックスの主成分であったりもします。
常識的に考えてゴムや布への攻撃性はきわめて低いです。自分も10年くらいはガラコを使っていますがそういうことは全く経験しておりません。
自動車がらみで布がボロボロになる原因の筆頭はバッテリ液(希硫酸)でしょう。

補足:酸っぱい臭いがするからといって酸とは限りません。ちなみに硫酸は不揮発性のため臭いはしません。硫酸が繊維をボロボロにしてしまうのも酸としての性質からではなく触媒としての脱水作用からであり、不揮発性のためいつまでも残留してしまう点もこれを助長しています。

rol********さん

2013/9/1412:54:14

用法を守っていますか?守っていますか?

ガラコの乾燥時間は意外に長いですよ。

あまり厚塗りしすぎてもいけません。

とりあえず、実績的には安定している商品ですので、用法や量を確認せよ

piy********さん

2013/9/1412:51:08

超ガラコのようなフッ素系なら関係ないのですが、
シリコン系のガラコだとガラス面のシリコン成分が
ワイパーゴムにくっつきます。
それで劣化が早まります。

撥水加工したら、撥水ガラコワイパーに交換しましょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる