ここから本文です

解剖学と生理学と解剖生理学の違いはありますか

gio********さん

2007/4/2321:44:38

解剖学と生理学と解剖生理学の違いはありますか

タイトルのとおりなんですが、私の通う医療系専門学校には解剖学と生理学がありますが、解剖生理学はありません。
解剖生理学と書いてあるの参考書を持っていれば
解剖学と生理学のことも乗っているってことなんですか? それとも微妙に違いのですか?

閲覧数:
35,995
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eij********さん

2007/4/2321:52:01

解剖学は構造。
生理学は機能。

それぞれですが、切り離せない関係です。
解剖生理学の参考書でOKですが、解剖学や生理学を極めたいならその限りではありません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「解剖生理学とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cob********さん

2007/4/2321:52:28

「解剖」の文字通り意味は「切り開き形状・構造を調べる」ということである。実際に解剖学は生命体を解剖し、その構造を肉眼的に観察することから始まった。さらに、顕微鏡の発明・発達に伴い、肉眼では認識できない構造が次々に明らかにされてきた (histology and cytology)。いわゆる記載解剖学 (Descriptive anatomy)である。また、成体の構造だけでなく、それに至る過程(個体発生、系統発生)に生じる構造の観察も行われた(embryology, comparative anatomy, teratology)。

しかし、構造を理解するためには、構造の単なる記載のみでは不十分である。その構造の持つ機能を理解することなくして構造を理解したことにはならない。したがって、必然的に形態の観察は機能の研究へと発展していく。また、発生現象に観察されるような生命体の成長・分化といった動的な変化を理解のためには、その変化を制御する因子は何かが考えられるようになった。

機能を研究する学問領域として、生理学が誕生したが、解剖学と生理学の学問対象は基本的には同じものであり、研究技術の違いにより主として形態をみるか機能をみるかの差に過ぎないと考えられる。
形態を制御する因子の研究は、遺伝学を生み出した。諸君もよく知っている Mendelは形質を伝達する因子をform-building elementsと呼んでいる。

医学教育における学問体系として、解剖学・生理学・遺伝学はその研究手法から別個の領域を形成している。しかしながら、これらの学問対象は基本的には同じものの異なった面を観察しているに過ぎない。実際、現在急速に進歩している分子生物学はさらに各学問の境界を取り去りつつあり、研究領域においてはこれらの学問は融合しつつあり、現在、細胞生物学、発生生物学という分野が形成されている。

諸君の医学部における解剖学の講義・実習においては、まず、ヒトの肉眼的構造および微細構造を学ぶ。そして、それらの構造の持つ機能を学ぶであろう。我々生命体が物質から構成されている限り、構造の持つ重要性は変わらない。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる