ここから本文です

神社にお参りしている人を見るとほとんどの人が2拝2拍手した後に合掌しながら祈念...

zyo********さん

2013/10/221:56:40

神社にお参りしている人を見るとほとんどの人が2拝2拍手した後に合掌しながら祈念していますが、元々日本の神道において合掌するという文化はあったのでしょうか?
仏教では清いお釈迦様の心と自分の心を合わせる

という意味で合掌をしますが当然ながら神社に釈尊はいないですよね。確かに神社によっては参拝方法は大きく異なりますが自分は合掌しろと言われたことは一度もないです。
回答お願いします。

閲覧数:
3,382
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yos********さん

2013/10/222:21:28

合掌はしません

神社によっても違いますが一般的なのは
「二拝二拍手一拝」で、拝(礼)はお辞儀ですから合掌はありません

でも日本人って仏教が檀家制度のせいで身近なのでつい合掌しちゃう人が
いるだけだと思いますよ

正確な事はわかりませんが、「二拝二拍手一拝」に確立するまでの変換は
あったようですよ
出雲大社はじめ作法が違うところも多々あるようですし・・・
でもどこも合掌は無いですね

面白いと思ったので調べてみました
ピッタリとはいえませんが西野神社のHPに参拝方法の歴史に
関わる事や皇室でも仕方が載っていたので参考になると思います

http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20070308

質問した人からのコメント

2013/10/8 23:22:47

皆さんありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ste********さん

2013/10/515:08:54

拍手の後の合掌は、拍手の動作の後祈念している最中どうも収まりが良いからそうなっているだけで、合掌を意図するものではないかと思います。
「拍手の後に静止した状態」が正解です。
正式な祈念は祝詞で上げなければいけませんから、合掌ポーズをしてたらむしろ不自然ですしね。

拝殿前での参拝は略式のもの、昇殿でも神職と違い参拝者はやはり略式。
なので、基本の動作(再拝二拍手一拝)が行えていれば問題ありません。
祈念している際は頭を下げても合掌風ポーズでも、目を開いていても閉じていても構いません。


余計なまめ知識として、食前の「いただきます」も、神道の正式な作法では一拝一拍手の後、「たなつもの〜」で始まる祝詞をあげます。
普段は祝詞奏上まではしませんから、拍手の後、手を合わせた合掌ポーズのまま「いただきます」と言うのか、手をひざに置いてから言うのか……と参拝と同じくちょっと迷いますね。

私個人的には、いずれの場合も合掌ポーズにならないようにしています。

kut********さん

2013/10/307:30:18

二礼二拍手一礼の後に合掌するのは、正しい作法ではありません。

また神道でも合掌の行為はあります。

一般神社では、あまり行いませんが、出雲神道では祝詞奏上の間に参列者が手を合わせている事が普通です。

ですから、神道の合掌行為は、地域差があるということです。

また青森からは縄文時代の合掌土偶が出土していますので、仏教以前に日本人は、合掌して祈っていた証拠です。

出雲神道に合掌行為が残っているのは、古い習俗だと思われます。

二礼二拍手一礼の後に合掌するのは、正しい作法ではありません。

また神道でも合掌の行為はあります。...

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる