ここから本文です

交通事故の過失割合について。 保険会社同士で過失割合が決まったのですが、事...

sar********さん

2013/10/322:18:32

交通事故の過失割合について。

保険会社同士で過失割合が決まったのですが、事故の相手が納得していない場合、
過失割合って覆るものなのですか?

保険会社同士も、こちらも過失割合に納

得していて、あとは相手が納得したら終わりなのですが。

また、相手を納得させる方法はないですか?
保険会社の説得に任せるのがいいのですか?

補足みなさん回答ありがとうございます。
ちなみに保険会社から提示されているのは過失割合は相手9:当方1です。
こちらは家族三人ケガをしました。
また、保険会社が同じでした。
警察でもこちらは過失は0と言われるような事故でしたので、
相手が納得しないのが謎だったのですが。。
相手がもし8:2になったら、利点があるのでしょうか?
どのみち等級は変わるだろうし、保険会社も同じだし、意味はあるのかと疑問です。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
9,432
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dbs********さん

編集あり2013/10/600:37:16

>保険会社同士で過失割合が決まったのですが、事故の相手が納得していない場合、 過失割合って覆るものなのですか?

覆る事はあります
納得していないから覆る訳ではなく、新たな目撃証言や調査などで、そもそもの事故態様が異なっていたケース等です

納得していないという曖昧な感情論だけでは覆りません


>また、相手を納得させる方法はないですか ?
>保険会社の説得に任せるのがいいのですか ?

これが一番難しい作業となります
過失割合は賠償に直結しますので、過失を多く取られれば実費がかさみます(車両保険未加入時)

金銭的なものも絡みますし、過失自体が理解できずに本当に自分は悪くないと思っている方もいます

そういったケースでは、相手の言い分によく耳を傾け対応していく事になります
事故態様を判例で説明をしても理解できない、感情的な判断で理解しようとしない場合、再度、事故現場に集まり、双方の言い分で実際の事故を再現し、まずは事故態様の理解の一致を目指します

質問者さんからすれば手の保険会社
が相手当事者を納得させられないのが悪いと感じられるかもしれませんが、相手保険会社にとっては契約者様です

契約者様の言い分を覆してまで示談は出来ません
ですので、よく話し合うしかありません

例えば裁判に発展した場合、当事者を出廷させ、そもそもの事故態様、過失割合を一から洗い直し、裁判官が丁寧に説明をすることもあります

判決に至らず和解と言う形もありますが、ここまでいけば大抵の方が己の過失を理解すると思います

追記
意外と理由は様々なんですが、やはり一番多いのは過失分が実費となるので1割でも多く相手に過失を押し付けたい

例えば9割の過失なら、質問者さんの保険会社が支払う賠償金は1割です
仮に損害が50万円ならば5万円が支払われます
質問者さんは損害の内9割を賠償してもらえます(クロス払い)

相手としては2割、3割と質問者さんに過失を押し付けられれば、10万円、15万円と受け取れる賠償金は変わってきます
その為に、高く見積もりを取るケースさえ現実にはあります
これが一番目の理由

あと特殊なケースでは、自分が大半の過失を占める事故をしたと家族に言えないからなんて人もいましたよ

また、交差点の出会い頭などの事故などでは、道交法に基づく優先性が解らずに、交差点に先に入ったのは自分で相手が後から進入してきたと主張する人もいました
基本的に交差点には優先権がどちらかにあり(同幅なら左方優先やセンターラインが貫通していれば、そちらが圧倒的な優先など)、交差点では進入の早い者勝ちとしては扱いません

こうなると己の過失を理解できないとなります

何にせよ、本当の理由は示談が完了した時だったり、相手が何らかの事情により状況が変わったときに、意外と解ったりもします

とりあえずは相手に過失を納得させて、その後にでも何に拘っていたのかを聞いてみたいものですね

質問した人からのコメント

2013/10/7 01:44:57

降参 みなさま、わかりやすい回答ありがとうございます。
私の気持ちを代弁してくださったこの方にベストアンサーにさせていただきます。
まさに何に拘っているのか聞きたいくらいです(笑)
また、まだまだ勉強不足でわからないことがありますので、また質問を
した際にはよろしくお願いいたします(T . T)

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

azu********さん

2013/10/415:25:39

覆ることはあります。

例えば、8対2の人身事故の場合、2側の人間が不服だとし提訴するとなると保険会社に不都合が発生するからです。

裁判になって過失割合が8対2のままでも、保険会社が基準とする慰謝料より多額の金員の支払いが双方に認められてしまうため。

それならと、保険会社同士で9対1や8対0にして、被保険者を納得させるのです。

保険会社はお金を出来るだけ払いたくないのです、保険会社が提示してくる慰謝料は日弁連が基準としている金額よりも3割から5割少ないのです。

大した事故でなければ弁護士を雇えば費用倒れになります、自分で勉強しましょう、毎年日弁連が発行してる通称レッドブックという本があります、この機会に勉強されてみてはいかがですか?

abe********さん

2013/10/401:49:40

本来過失割合は裁判によって決まります
しかしそれでは時間も費用もかかってしまうため過去の判例から似たものを元に話し合いで決めています
双方の当事者が納得すればその過失割合で賠償となりますが片方でも納得いっていない場合は納得いくまで話し合うか決まらないまま時間が過ぎるか裁判にて決着をつけるかです

交渉は保険会社に任せておけばいいですよ

あまりに交渉が長引きそうなら車両保険や人身傷害保険を使用し自身の保険会社から保証してもらったほうがいいと思います

rok********さん

編集あり2013/10/600:31:07

示談交渉付を掛けているなら保険屋さんに任せましょう。


補足を見て追記
どの様な事故か記載がなかったので通常の双方の過失案件事故だと思っていました。
もし、貴方方の過失が0の場合、保険会社の示談交渉サービスを受けることはできません。
弁護士特約が付いているなら弁護士を立てることになります。

相手がもし8:2になったら、利点があるのでしょうか?>>この場合の過失割合は飽くまでも民事(損害賠償責任)の示談に関わる数字であって加害者側の刑事・行政処分に影響しません。
任意保険を使うのなら90が80になっても同じで加害者にメリットはありません。

尚、保険会社が同じなら保険会社にとって100:0が90:10になるのはメリット大です。
トータルの支払保険金額は変わらないのに翌年の保険料は2契約共に3等級ダウンで保険料が高くなりますから・・・

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる