ここから本文です

株主総会議事録の記名・押印について

igo********さん

2013/10/614:53:56

株主総会議事録の記名・押印について

法律上、代表取締役の選任を株主総会で決議した場合以外は、出席取締役の記名押印は求められていないみたいですが、web上で議事録のひな形を検索すると、記名押印の記載があるものがほとんどです。
会社の商号変更をする場合、登記申請書に取締役の記名押印のない議事録(記名のみ)を添付して大丈夫でしょうか?

補足施行規則72条には押印については一言も書かれてないが…

閲覧数:
3,667
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

s36********さん

2013/10/1201:00:03

☆会社の商号変更をする場合、登記申請書に取締役の記名押印のない議事録(記名のみ)を添付して大丈夫でしょうか?
★押印が無くても「却下」にはならないと思いますが,押印しておく方が無難だと思います。

-----

「会社法」上は,「株主総会議事録」に,議事録作成者,出席取締役等が押印する旨の規定はありません(「代表取締役」を株主総会で選定した場合であっても)。

ただし,登記手続き上,株主総会で代表取締役を選定した場合には,議長及び出席取締役の押印(原則として「実印」)が求めれられています(商業登記規則61条4項1号)。

商業登記の解説本には,
「議事録作成者の押印は,会社法上は必須の要件ではない(商業登記規則61条により要件となる場合がある)が,議事録の原本を明らかにし,改ざんを防止する観点,登記申請代理と受任者との間のトラブルを防止する観点等から,常に押印を行うことが望ましい。」
とあります。
つまり,押印が無ければ,議事録の「ニセモノ」がいくらでも作れることになります。

それで,株主総会議事録のひな型は,「商号変更」に関するものであっても,押印されたものが掲示されているのだと思われます。

また,議事録に誤記があった場合,それが軽微なものであっても,始めから作り直す必要があります。
議事録作成者(出席取締役)の押印があれば,誤記の箇所のみを訂正し,そこに同じ印で「訂正印」を押印すれば,始めから作り直す必要が無くなります。

ということで,議事録には,押印しておく方が無難だと思います。

質問した人からのコメント

2013/10/13 14:31:48

みなさん、サンキュウ~!(堀内孝雄風に)

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pfl********さん

2013/10/623:36:12

法的には代表取締役と議事録作成者が記名押印すれば足りますが、万が一、他の取締役が「知らない」と言い出したら困るので、出席取締役全員に印鑑を求めるのが安全です。

hir********さん

編集あり2013/10/710:37:52

会社法施行規則第72条に書いてあるらしい。

補足について

ほんまやなぁ
役員の改選もないし
記名だけで大丈夫です!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる