ID非公開

2013/10/11 18:59

55回答

税務署より税金の督促がありましたが、それは取引先へ直接郵送で行き今後の取引が無くなるのは必至です・・・事実が知りたい!

税務署より税金の督促がありましたが、それは取引先へ直接郵送で行き今後の取引が無くなるのは必至です・・・事実が知りたい! 建築業をしています。 税金を事情があって滞納しています。 支払い義務がある事は十分わかっての質問ですので 「滞納する奴が何を言う」的なご意見は要りません。 「利息がそのくらいなら、どの位の期間滞納しているね」とかの ご意見も要りません。 滞納分はもちろん支払います。 本税だけを先に支払い、利息を分けて支払う予定です。 ただ、こんな事が他でもあっているのか事実が知りたいのです。 私の会社は小さな個人の建築関係の会社です。 近頃の仕事の状況ですが、原価が高騰し材料費無しの時間給でのみの 相手先の支払い・・・が慣例化してきており、我が身に実質残るのはほんのわずかです。 税金を70万円(本税35万円ほど+利息を合わせた合計)を滞納したあたりで、 新しい取引先(大口の現場も持っている会社)と出会い、 仕事を頂く年会費として(5万円ほど)を支払い今後の 収入が見込めるようになった・・・と思っていた矢先に、税務署から その取引先に督促と差し押さえの通知が来たと、その取引相手の社長から直々に連絡を 受けました。 私はその会社の従業員では間違いなくありません。 家の者が、今年の4月に1度だけ税務署からの徴収代行業者を名乗る人物から 電話を受けたのですが、「仕事柄自宅にはおらず現場に居る事がほとんど」と返答し、 携帯番号も把握しているとの返事だったとの会話をしている事が 先ほど分かりました。 しかし、私は一度たりとも携帯電話にその徴収代行業者から電話を頂戴した事は ありません。 後から分かったことですが、その取引会社のホームページには私の顔写真が さも従業員の紹介・・・と言うような趣旨で書かれており、ある現場で撮った 写真がこんな風に掲載されるとは思っておりませんでしたが、 多分、そこから“従業員”と取られたのかも知れません。 一番知りたいのは 税務署から仕事の上の取引先に督促が行く・・・と言った事実が他にも あるのか・・という事です。 私のように取引先に督促を税務署から予告も無く差し押さえ行為を された方を他にご存知だと言う方に教えて頂きたいのです。

税金6,461閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

あります。 国税の滞納は、自ら納税の相談にいくのが基本です。 期限を過ぎても納付がないと、税務署から督促状が送られてきます。(住所不定だと公示です) それに対して納税者が何のリアクションも起こさない場合には差し押さえしなければならないこととなっています。 あなたの場合は、徴収職員から家族が連絡を受けている、とありますが、ご自身で担当者に電話をかけたのでしょうか? もしかけずに放置していた場合、納付意思のない悪質な滞納者であると誤解を受けたのかもしれません。 電話をかけて、面接し、今こういう状況で利益が少ないので、これくらいずつしか払えない。とはっきり納付の意思や方法を伝えていましたか? これをせず、連絡がとれない(あなたが連絡をしない)という状況ですと、向こうはあなたに納付する意思があるとはわからないので、差し押さえを実行しなければならなくなります。 また、納付の相談をし、納付計画を立てて支払いの約束をしたにもかかわらず、無断で約束を破った場合なども同様に差し押さえになります。 たぶん税務署側は、あなたを従業員だと思い、給料の差し押さえをしようとしたか、あるいは売掛金があれば差し押さえを実行するためにリアクションを起こしたのだと思われます。 すぐにでも税務署の徴収担当者に会いに行って、具体的な納付計画と、現在経済状況が悪く資金繰りがつかないという資料、また納付の意思がある、ということをはっきりと示してください。 あなたに納付の意思があり、約束を守ってくれるだろうと思ってもらえれば、今後はいきなりこのような無体な手段に出られることも少なくなるでしょう。 大変でしょうが担当者を説得してください。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

連休明けに行き分納することになりました。半分が金利なので私の怠慢です。反省材料とし励みます。支払う意思を見せなかったのが原因ですので、以後気をつけます。電話でいきなり取引会社に「差し押さえ・税金滞納」のキーワードを聞いてしまったので狼狽してしまいましたが、調査書が行ったようでした。差し押さえではなかったとの事です。どちらにしろ体裁の悪い形となってしまいました。色々の知恵をありがとうございました。

お礼日時:2013/10/15 13:22

その他の回答(4件)

0

課税庁(税務署)の質問調査権を舐めてはいけません。 税務署には税金の徴収するために幅広い権限を与えられているのですよ。 差押えは予告もなく行われます。予告したら財産を隠されてしまいますからね。 その前に何度も督促されているとは思いますけどね。

0

差し押さえの対象として、売掛金があるから。取引先に照会して、売掛金あれば差押えするの、普通のことみたいですよ。 それが一番痛いのも知ってます。仕事無くしてしまう可能性もありますし。 分割相談とか、税務署に連絡してもらえれば、取引先にはいかないのに。

0

差し押さえ対象には、債権も含まれます。 売掛金の差し押さえは、十分有り得る事です。

0

まず第一に、「徴収代行業者」なる者が税務署に代わってあなたに電話したりすることはありません。簡易な(「納税をお忘れでありませんか?」レベルの)電話催告だけを委託するケースはありますが、それにしても代行業者と名乗ることはありません。 4月に一度だけかかったという電話は、ひょっとして税務署を騙る悪質な詐欺の電話だったのかもしれません。 次に、「督促」と「差押」は別の処分です。ご質問の内容はそこのところが曖昧で、ぜひ補足していただきたいのですが、取引先には「督促」(つまり、税金を払えという手紙)が行ったのですか? それとも「差押通知書」が行ったのですか? あるいはひょっとして、「財産調査書」が行ったのですか? 督促が取引先に行くことはありません。しかし、差押通知書や財産調査書は取引先に行きます。これは予告なしです。