ここから本文です

日本語教師(日本語教員)について

mriroiroさん

2007/5/409:43:55

日本語教師(日本語教員)について

日本語教師という職業に興味を持っています。でも、どうすればなれるのかもよくわかりません。大学に日本語教師を養成するコースがあると聞いたんですけど具体的にどこがあるか(関東周辺で)わかりますか?
それと「何の資格が必要か」、「主な職場は何処か」も分かる限りでいいので教えてください。

閲覧数:
8,407
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bellemisajpさん

2007/5/422:45:29

まず、日本語教師になるために420時間の基本コースを取らなければなりません。これは、学校のコースでも通信教育でもいいですが、文法・歴史など知識編から教授法の実践編までの内容です。
年に一度、『日本語教育能力検定試験』が1月最終日曜日に行われ、それが公式な資格です。その試験のための勉強をすれば、ひいては日本語教師の必要要素は勉強できます。
実は、この検定に合格しなくても日本語教師をしていらっしゃる先生はたくさんいますが、最近は日本語学校や生徒のほうで検定保持者に限定して先生を指定する機関も増えています。

日本語教師養成講座はどこの日本語学校でもやっています。『日本語教師養成講座』でネット検索すれば、いろいろヒットします。関東周辺で有名どころは、千駄ヶ谷・アークアカデミー・インターカルトなどです。出版社のアルクがほぼ独占的に検定対策コースも行っています。教授陣がいいので、アルクの検定コースはお薦めです。
主な職場は、日本語学校のクラスレッスン(日本語学校には大きく分けて2種類あって、就学生(日本の大学に入学を目指す本当の学生)相手の学校とビザを発行しないビジネスマン相手の学校があります。)
学校外では、派遣という形で外資系(日系)企業で働く外国人ビジネスマン(オフィス)やその家族(ご自宅)や大使館、大学の留学生センター、大学の研究室などです。
日本語教師は専任教師と非常勤講師とがあって、後者が70パーセントぐらいではないかと思います。非常勤講師の場合、それだけで生活していくのはとても難しいです。(時給単位の薄給ですから)生活に困らないほどにレッスンをこなすには、大学の留学生センターにせよ、日本語学校にせよ、専任教師になることが不可欠です。
趣味程度に日本語教師を目指すのか、それを仕事としてするのかによって、自ずと方向が変わってくると思います。
こんな感じでお答えになったでしょうか。

質問した人からのコメント

2007/5/6 13:21:59

理解できました。ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。