ここから本文です

クイーンの人気が出たのは日本が最初だって本当ですか?エピソードがあれば教えて...

wbw********さん

2013/10/1820:57:17

クイーンの人気が出たのは日本が最初だって本当ですか?エピソードがあれば教えてください。

閲覧数:
12,243
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

que********さん

2013/10/2220:48:24

本当です。クイーンの人気は、日本が発端だったと言っても過言ではありません。

クイーンは、1stアルバムで、まだ自分たちのサウンドが決まっていなかったせいか、本国のイギリスや欧米では人気が今ひとつで、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルなど、当時のブリティッシュロックバンドと比較されて、音楽誌でも酷評されました。

2ndアルバム、クイーンIIでは、クイーンらしいサウンドが確立され、ダイナミックなアルバムに仕上がっています。しかし、イギリスでは、売れ行きが良いとは言えませんでした。

そんなとき、クイーンの実力を見いだしたのが、日本の音楽誌「ミュージックライフ」です。この雑誌は、過去にビートルズなども取材した日本の代表的な音楽誌で、洋楽の人気は、当時、この雑誌によって決まるといってもよかったほどです。MLはクイーンを猛プッシュし、本国と引き替えに日本で人気が爆発しました。

>こちらも参照
https://ja.wikipedia.org/wiki/ビッグ・イン・ジャパン

ただ、当時はクイーンの音楽性というよりは、貴公子のようなメンバーらのルックスが人気だったようです。(逆にミーハーバンド、と批判されたりもしていましたけど)そのため、ファンはロックバンドにしては珍しく、女性に多かったそうです。

3rdアルバムを発表した翌年、1975年にクイーンは初来日しました。東京に飛行機で降り立った4人は、空港に押し寄せたファンに唖然としたそうです。ファンの数はおよそ1200人ほどいて、クイーンの姿を見ると、歓声があがり、到着ロビーからそのまま出ては危険と判断されたため、裏口から脱出したエピソードは有名です。ちなみに、その後に到着したホテルにも100人ほどのファンが集まっていたそうです。

また、ホテルからライヴ会場の武道館へ向かおうとした際にも、ファンが200人ほど集まって出られず、裏口から出発したそうです。

当時、フレディは、「日本人は、あまり感情を表に出さない人々だから、ライヴでも盛り上がらないかもしれない。でも、心の中ではよく思っているから、心配しないで」と言われたそうですが、実際にライヴが始まると、熱狂的なファンによって、演奏も聞こえないほどの歓声が上がって驚いたそうです。バリケードを破ってファンがステージに侵入するのを防ぐため、フレディが演奏を中断して落ち着くように言わなければならないほどでした。気絶者も出たそうです。

このように、大盛況=缶詰状態の日本ツアーでしたが、本国よりも人気があったために、メンバーは感激し、以後親日家となりました。特にフレディはひどく、日本でショッピングをして、タクシー数台分の買い物をするほどでした。彼の自宅には、日本庭園もあります。また、ブライアンは、畳を購入したそうです。

以後、4thアルバム「オペラ座の夜」が大ヒットし、クイーンは世界でも指折りのバンドとなっていくのですが、それよりも早く、世界で最初に人気が出たのは日本です。

どうも、長々とすみません。

質問した人からのコメント

2013/10/25 16:47:05

驚く みなさん、ありがとうございました!

「クイーン 日本」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gle********さん

2013/10/2009:42:19

別に本国で売れてたけどね。
オペラ座の夜まで人気が出なかったなんて嘘です。
それは批評家に対してです。
大衆に対してはキラークイーンですでに人気を勝ち取ってますね。

get********さん

2013/10/1823:04:42

sakuradamonyaさん の補足。
teo torriatte は日本ツアー中に完成した曲って事も踏まえてteo torriatte の和訳ググって読んでみ、本国では馬鹿にされてたって事も含めて歌詞に書いてあるから。

fal********さん

2013/10/1821:48:15

・ その頃はドル高で 白人コンプレックスが如実で
日本のミーハー婦女子の間で 盛り上がり、その権化といえる
「 ミュージック ライフ」 の人気投票で 何年か 一位を続けましたw

・ 初来日公演時には グルーピーがホテルに押し寄せて、
順番まちで メイク ラヴを メンバーは貪りましたw
とくに 一番人気のロジャー君は 十数人と相手したそうな・・・
とにかく ジャパン、BCRにしてもそうですが 日本では
フェミニンな 少女漫画のような オカマが 当時は人気ありましたw
悲しいかな 音楽性は 二の次だったとおもわれます。
ただ クイーンの場合、演奏も確かだったんで 初期の3枚は
硬派HRファンの野郎にも 受けは悪くなかったとおもわれます。。

sak********さん

編集あり2013/10/1821:10:38

本当です。本国イギリスでは馬鹿にされてましたが、日本ではセカンドアルバムから本格的に注目されキラークィーンのシングルではかなりヒットしました。その後のシングル「ボヘミアンラプソディ」が世界的にヒットするまで本国ではまだ馬鹿にしてました。いち早くからファンとしてクィーンのファンであった日本のファンの為にお礼の意味を込めてサビを日本語で作った歌が「手をとりあって」です。この歌はボヘミアンラプソディが収録された4枚目のアルバム「オペラ座の夜」の次の5枚目のアルバム「華麗なるレース」の最後の曲として収録されてます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる