ここから本文です

住宅ローン控除についての質問です。本年11月に法人を設立し、自宅住所を所在地に...

ほしねこさん

2013/10/2612:33:48

住宅ローン控除についての質問です。本年11月に法人を設立し、自宅住所を所在地にしようとしています。自宅は現在、住宅ローン減税を受けているのですが、その一室を事務所として法人に貸し出ししようと

思っています。
たとえば、住宅ローン残高が3000万円、毎月の住宅ローン返済額(35年元利均等返済)が10万円、昨年末の住宅ローン特別控除額が12万円、法人に貸し出す部屋の面積は自宅全体の20%、その家賃が月2万円とした場合、どのように住宅ローン特別控除額が計算されるのでしょうか。居住用が80%だから、住宅ローン残高のうち80%にあたる2400万円が残高として計算され、それにより控除額が計算されるという形になるのでしょうか。それとも、全額住宅ローン控除は適用され、私個人の賃貸収入を不動産所得として、そこから税金を納めれば問題ないという考えになりますでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。

閲覧数:
560
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2013/10/2612:44:13

お考えの通り、居住用部分にのみ摘要されますので控除額が80%となります。
控除以外で適用条件の面積基準がギリギリだった場合はこの適用基準も80%になりますので注意してください。

固定資産税の減免については変更されませんが、どうしてもまともに固定資産税を納付したい場合に限り減免の取り下げを区役所に申し出てください。

また、残りの20%相当額の利息が不動産賃貸の経費となり、20%相当額の固定資産税が経費になり、20%相当額の建物が減価償却資産として経費になります。

ただし、これらは同族会社と個人の関係です。
そのために、
①賃貸契約書
②家賃設定の算定根拠

これら書類を適正に作成し保管することおすすめします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる