ここから本文です

著作権法違反は親告罪ですか?非親告罪ですか?

jun********さん

2013/10/2816:58:02

著作権法違反は親告罪ですか?非親告罪ですか?

閲覧数:
1,427
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wan********さん

編集あり2013/10/2908:56:43

下記以外の刑罰は非親告罪、下記に挙げられている罪に限って親告罪です。

「民事と刑事」とか、ワケわからない回答もありますが、その辺は知恵袋なので諦めてください。
民事にはそもそも罪自体がありませんから…

第百二十三条
第百十九条、第百十条の 第三号及び第四号、 第百十条のニ並びに前条第一項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kon********さん

2013/10/2905:46:17

民事と刑事で異なります。
私の知恵ノートに、いくらかまとめています。
理解しないで踏んでしまうと、特にアップロードは、すでに警察が補導をしています。自主で逮捕2名は、都市伝説なので。

ゆえにどちらでもない。
見つけた人が著作権者に通報で民事、わいせつ動画は、刑事事件で逮捕なのですね。

axy********さん

2013/10/2822:55:07

コピー商品で著作物の出所を明示してなく消費者に著しく不利益を及ぼす場合は非親告罪です。
著作権法罰則規定第122条の第48条とはPCプログラムの事を書いています。

秋葉原の路上でウイルスバスターの海賊版を販売していた業者がいた。
マイクロソフト社の申告を待っていたら、多くの人が偽物を買ってしまい業者は逃げてしまいます。
よって、警察はこの条文により海賊版を売っていた業者を申告なしで現行犯逮捕した。


著作権法
第百二十二条 第四十八条又は第百二条第二項の規定に違反した者は、五十万円以下の罰金に処する。

第四十八条 次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。
第百二条 2 前項において準用する第三十二条、第三十七条第三項、第三十七条の二若しくは第四十二条の規定又は次項若しくは第四項の規定により実演若しくはレコード又は放送若しくは有線放送に係る音若しくは影像(以下「実演等」と総称する。)を複製する場合において、その出所を明示する慣行があるときは、これらの複製の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、その出所を明示しなければならない。

tar********さん

2013/10/2817:29:27

違反の内容によります。
申告罪と非申告罪の両方があります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる