ここから本文です

ハイドン、モーツァルトの指揮

sz_********さん

2013/11/920:08:48

ハイドン、モーツァルトの指揮

シンフォニーや舞台作品の演奏会で、ハイドンやモーツァルトはどのように指揮をとったのでしょうか?
資料のいいのがあれば教えてもらいたいです。時代的には、バロックから前古典派への過渡期ということで、指揮台に立って振ったとは考えにくく、たとえばホグウッドがモーツァルトのシンフォニー全集で実演したようにチェンバロやフォルテピアノをオケの中に据えて、通奏低音を弾きながらのスタイルではなかったのかなー、と勝手に想像しています。

閲覧数:
233
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/11/920:29:49

http://homepage3.nifty.com/jy/essays/oke_form.htm
「配置に関してはまだ固定的ではなく、柔軟かつ流動的な所が多かった。とはいえ、やはり基本となるのは、バロック時代と変わらず通奏低音楽器を中心に置いて、他の楽器をその廻りに配置するというものであった。通奏低音はこの頃には、楽譜の上のパートとしては次第に消滅しつつあったが、演奏習慣としては合奏のまとめ役として依然残っていたのである。この場合通奏低音を弾くのは多くの場合は作曲家自身であり、そうでなければコンサートマスター(ヴァイオリンの首席奏者)がヴァイオリンを弾きながら指揮役を務めた。」

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる