ここから本文です

仕事疲れの頭痛・目痛の治し方

fgedictさん

2007/5/1808:18:22

仕事疲れの頭痛・目痛の治し方

最近、仕事がパソコンメインになったのですが、長時間続けて作業していると、頭の奥の辺りが痛くなったり、また目が痛みとともに疲労を感じるようになります。
これらの良い解消法ってないものでしょうか。

閲覧数:
7,884
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mi10160221さん

2007/5/1809:49:07

先ず休憩を上手く利用し、頭痛対策をする。2時間以上は継続しないで休憩を、休憩時間には血行よくするストレッチをする。例えば階段2-3階を走って昇り降り。カラダを動かし、血行を良くする努力をする。目も遠くを見たりとか・・。首・肩凝りは?腰は如何ですか?

頭痛はたぶん頚椎が原因では?頚椎は繊細ですので、マッサージ・指圧は慎重に。

*頚椎を安定させることで頭痛、目痛にも良い影響を与えると思います、更にはリラックスした睡眠へ導き、身体の疲れ回復を応援します。

(1睡眠姿勢の改善をされては?頚椎用枕で仰向けに寝ると、頚椎を優しく、しかもシッカリと保持、頚椎を安定させ、連動する部位の正常化を促します。頚椎「非常に重要なところで、脳とカラダ中継基地」はいろいろな部位(頭、脊髄、肩、両腕、背、首、腰、脚)と直接、間接に密接な関係にあり、頚椎及び頚椎の筋肉の安定化はこれらの部位の正常化に非常に関係します。同時にこの頚椎用枕は頭・頚椎の曲線にシックリいくだけでなく、リラックスした睡眠に導きます。これが正しい睡眠姿勢での眠りです、カラダの回復をリードします。頚椎用枕を検索、調べてください。

*カラダ全体の調整と弱った部位の鍛錬です、このストレッチは骨盤・腰椎を中心に色々な部位を鍛錬しますので、健康体つくりにいいです。

(2 講談社の”朝3分の寝たまま操体法”の109-125ページで 6つのストレッチを紹介、これらの運動で椎間板ヘルニアが手術なしで回復したとの報告もあり。本の中の絵を見て、日頃動かしていない部位を万遍なく鍛錬して下さい。これはカラダ全体向けストレッチです、又骨盤・腰椎を中心としたストレッチで、首、肩、腰にも連動、これらの歪み・痛みにも効果があります。

1.かかと伸ばし 2.膝倒し 3.膝抱え 4.つま先上げ 5.腕ひねり 6.足首まわし
(本は図書館に)

以上でカラダを整え、毎日の散歩と腹式呼吸で健康体つくりに努めてください。腹式呼吸はカラダの活性化に役立ちます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。