ここから本文です

日本に国防軍必要ですか 中国の脅威と桜井よし子先生はいいます でも、本当はア...

gen********さん

2013/11/1207:38:59

日本に国防軍必要ですか
中国の脅威と桜井よし子先生はいいます
でも、本当はアメリカ兵の弾除けになれなんですよね
中国と日本が戦争」なんて、ありえないですよね

閲覧数:
338
回答数:
16

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kum********さん

2013/11/1209:01:00

中国と日本の戦争など有り得ないし
してはいけませんが

アメリカは日本に代理戦争をさせようと
しています

桜井など右翼面をしながらアメリカの工作員
は沢山います

質問した人からのコメント

2013/11/17 22:23:03

桜井よしこは売国奴です
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/15件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/11/1722:11:12

なぜ、あり得ないと思うのでしょうか?
中国共産党の偉い人達は、中国人民の命など何とも思っていません。
当然、中国兵の命も何とも思っていません。
では、なぜ尖閣諸島を武力占拠してこないかと言えば、海軍力では自衛隊に勝てないからです。
負ける戦争を命令すれば政治的な失態となり、権力の座から引きずり下ろされてしまいます。
それだけでは済まず、薄熙来のように刑務所に入れられてしまうかもしれません。
それだけ中国の権力闘争は激しいです。

つまり、日本に戦争を仕掛けないのは、指導者の自己保身だけが理由です。
勝てると思うとか、勘違いしたなら仕掛けてくるでしょう。

olo********さん

2013/11/1308:51:18

chlorine122222777777さんの言う通りです

「元の戦争犯罪人の岸信介などに自民党の清和会をつくらせ押し付けたアメリカのCIAです。防衛庁から防衛省に格上げした安倍晋三です。安倍は、アメリカの武器商人と癒着しています。国防軍をつくりアメリカの弾除けにしようとしています。桜井も安倍も一致しています。」

fdi********さん

2013/11/1211:48:56

中国と日本が戦争」なんて、ありえないですよね
ハイその通りです
海外の企業誘致で経済発展を狙う中国の基本戦略に反する戦争を中国は仕掛けません。

それなのに脅威を煽っているのは 自民党憲法改正草案を成立させて国民を縛り上げることに賛成している売国奴です。

gor********さん

2013/11/1211:29:40

そもそも国防軍とは?自衛隊との違いは?軍備を増強或いは最先端
兵器を増強するのであれば違いはない。
また、増強、兵器についても相手国又は相手国兵站基地を攻撃する能
力を有するのか憲法上大きな違いが出て来る。
従って、憲法上の問題を吹っ飛ばして論議することは机上の空論に過ぎ
ない。
ただ、中国の脅威あるいは現状、尖閣における示威、威嚇行動は事実だ
し近い将来局地的部分的紛争がないとは限らない。
が、現状の世界情勢、中国の経済発展はまだ途上中であり13億の民を
養い国を発展させるには日本侵略のメリットはほとんどない。
他方、日本を敵に戦うことは米国をも敵に廻す事であり日本が攻撃しない
限り有り得ないのではなかろうか。
しかし、最低限の備えは必要だが突出した軍備増強は必要ないそのため
の日米安保であり多大な基地提供と莫大な思いやり予算を提供している。
また、米国は何もただで日本の国防を担い駐留してるのではない、どこの
世界に有事あらば他国のために膨大な軍事費を投入し自国の多くの将兵
の生命を犠牲にするお人好しの国があるのか、常識で考えれば判る。
総ては自国の国益、利益に叶い沿うからであり日本のためではない。
理由は簡単、
極東における米国の軍事経済の影響力の行使つまりアジアにおける米国の
軍事経済戦略を展開構築するためには中露北を睨み牽制しなければならない
そのためには韓国を含め日本の基地は最重要地でありどうしても必要であり
その為の日米安保と言えるのです。
従って、もlっと言えば基地を提供する日本は同等に近い立場とも言えるのです
がその外交力、政治力に欠けるだけなのではと言えるでしょう。

san********さん

2013/11/1211:24:00

「senatoyuna 」さんのおっしゃる通りです。

「中国共産党による日本解放要領」は、大変興味深く読ませて頂きました。

確かに、日本の大マスコミ、とりわけ、朝日、毎日の論調は、日中国交回復と、ほぼ同時に、親中に、ガラッと変わったように思います。

質問者さんは、「日本と中国が戦うことは、あり得ない」と、おっしゃっておられます。

しかし、現に尖閣諸島周辺には毎日のように、中国の公船が、接続水域を、航行しています。

これは、現実に起きている事なのです。

そして、あり得ない事ですが、武装した中国の艦船から、退去を呼びかける日本の艦船に向けて、射撃管制のレーダー波が浴びせかけられた、との報道もあります。

これは、確実に、「戦争になっても止むを得ない」ぐらいの挑発と、受け止めるべき事態です。

憲法改正、及び自衛隊の、国防軍への、改組が、契緊の課題と思う、今日この頃です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる