ギターのレコーデイング、ライブでの音作りの考え方について質問です。 バンドを結成して何枚かcdを出したのですがその全てで自分達の求める音に近付けないことでフラストレーションが溜まっ

ギターのレコーデイング、ライブでの音作りの考え方について質問です。 バンドを結成して何枚かcdを出したのですがその全てで自分達の求める音に近付けないことでフラストレーションが溜まっ ています。 所属事務所にはお金をかけてもらえるようなバンドではないのでレコーデイングは全て自分達でハウスレコーデイングしています。 求める音はローカルサウンドスタイルのように全ての楽器が聞こえる音にしたいのですがどうしてもバッキングギターの音だけ引っ込んでしまいます。 アンプでイコライザーとにらめっこするのがもう苦痛です。リードギターのイコライザーとにらめっこして全く違う音にしてもローカルサウンドスタイルのようなコード感が得られません。 あったま来てレコーデイングした音をプロツー内蔵のイコライザーでロウ切ってミドルガッツリ上げてやったら近い音になりました。 聞いた感じイイ感じですがこんな感じで録音したギターの音をイコライザーでいじることはいいことなのでしょうか?むしろプロはこんなことしてるのでしょうか? 確かにアンプで削れない帯域、増やせない帯域があるのは分かるのですが..... ライブでもpaに「この帯域ぶった切ってくれ」なんて言ってるのでしょうか?そんなバンドを私は見たことがないです、、、こんなバンドにしたいと伝えてる方は見たことありますが私達ももちろんそうしていますが外音はそうなっていません。 もしそうだとしたらライブでの音作りはpaが帯域を弄りやすい、中音もいい音を出すことを考えて作ればいいのでしょうか? そしてpaに細かくこうしてくれと削る帯域等書いてあるメモでも渡せばいいのでしょうか? それともアンプから出た音は音量とパンくらいしかいじらず、ライブではpa任せにしたらいいのでしょうか? レコーデイングエンジニア、サウンドエンジニア、独学だが音には詳しい方からの回答お待ちしております。

補足

ドラムは電子ドラムでMIDIを録りそこにBFD2で音入れ、もしくはレコスタでとってきます。 usoさんの言ってることは理解できるのですがほぼ試していますし、それで問題が解決できていないので質問してるんです。 ローカルサウンドスタイルのような音をだしたいのですがアンプのイコライジングでどうにもならないので、幅広く調節できるイコライザーをかけるとかしていいのか?またそれはライブでも使うことはあるのかときいています。

バンド373閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

ハウスレコーディングだとドラムはどうなるのですか? ギターのマイク録りにしろライン録りにしろ 録音した音がぶつからないようにベーシックなトラックのパンを左右に振り分けるのは基本ですね。 SONER等のDAWならば音も波形で見れますし各トラックの音量調節も出来るはずです。 下手にマイク録音に拘わるよりPODの方が録音ではリアルに聴こえる場合もありますよ CDに関してはミキシングの問題かと思いますね。 ライブはCD何枚か出している程ならばそれぞれ自分の音を持ってるでしょうから 全体的な音量バランスが大切かと思います。 そのバンドサウンドの中でも前に出る音域等をPA云々よりも前に 実際にアンプ等スピーカーから出てる音で調整しながら変えていくしかないと思います。 (歌の伴奏が基本でありながら 個々の音が分かるようにすれば良いと) ライブの音はリハーサル中に出来るだけ客側(前)に出て 全体的な音量バランス等をチェックすると良いでしょう Recは全て録音後にミックスダウンする時もヘッドホン等で音量バランスを何回かチェックし 幾つか音量バランスやパンの振り分け具合を変えたのをWAVにして 後日客観的に聴いて一番バランスの良いのを選ぶと良いと思います。 http://www.youtube.com/watch?v=tY_42m2Er8k ↑このバンドのような音の事ですね。 アンプのイコライジングでどうにもならないので、幅広く調節できるイコライザーをかけるとかしていいのか? =自主制作でダメな事なんてないでしょう マスタリング時にEQやコンプやリバーブをかける事もあります (場合によりリミッター系の物も) またそれはライブでも使うことはあるのかときいています。 LIVEはアンプから出てる音が基本なので マイクで拾ってギターの特定の音域を調整しても +アンプから出る原音が混ざるのであまり意味ないですね。 音加工云々よりも出してる原音が問題ですね Diezelアンプを大音量で鳴らした音をマイクで拾った音と 宅録でスタックアンプでもなければ音の迫力に違いがでるのは当然です。 それなのでDiezelや等置いてあるリハスタジオ借りてギターをマイク録音してみる等 先ず録音するギターの原音から考え直した方が良いかと思います。 都内ならペンタにDiezelあるみたいです。 http://www.studiopenta.net/rehearsal/north.html 同じハイゲイン系ならケトナー置いてあるスタジオ http://www.st-ongakukan.com/sinjukunishi/eq.html 「ハイゲイン系のアンプのメーカー名 地域名 スタジオ 」でググり ギターのベーシックなパートの音にハイゲイン系の迫力のある音を求めるならば 貸しスタジオでそれなりの音量出しながら録音するという方法以外ないと思います。 クリアな音質にするには24 bit 92khzで録音し~マスタリング時にCD規格の16bit44.1に落とす等 DAWソフトでなるべく高いレートで録音しCD規格に落とすと 自分は「通りすがりの普通の人」なのでこれ以上は分かりませんね。 「ギターのレコーデイング」は作曲カテゴリーで質問してみるとか 「ライブでの音作り」の考え方について質問はギターベースカテゴリーでもう一度質問してみれば それぞれの専門的な知識を持った人がより良い回答してくれるかも知れません。 では( ̄^ ̄)ゞ 最後の最後ですが他のバンドの音の真似するとオリジナリティが薄れるとも思いますよ The Symphony もwelcome to the black paradeに・・・ http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=LGh_lV6pmV4#t=74

その他の回答(1件)

0

アマチュアですが、長年、自バンドの自主録音(もちろん録音自体を自分たちでやって・・・その作業も趣味のうち)でコツコツながら作品作りしてますけど(ま、曲自体はヲッサンバンドの自己満足曲ですが) 方法論だけで言えば、まったくuso800daiさん のおっしゃってるようなアプローチでやってますけどね。 とりあえず録音してから、ミックスがなかなかイメージが固まらないなんてことは私らでもあるし、その時に、DAW側で、 >ロウ切ってミドルガッツリ上げてやったら近い音になりました。 ってこと自体は、私とこでも時にはありますから、全くわからんことはないです。 ただ、それで「この曲は、こういうギター音にした方が合うなぁ」という合意がバンド内で出来れば、黙ってても担当ギタリストはエフェクタとアンプ(またはアンプシミュレータ)で、すぐさまそういう音を作ってくるし、それで「録り直ししよう」という話にすぐになるので、質問者と同じような悩みがいつまでも続くってことは、まず無いんですけどね? 質問文だけでは、私が理解できない事情等があるのかも・・・とは思いますが、文面だけで見ていたら、少なくとも私のところでは、ギタリストがすぐさま欲しい音をアンプでも作るし、その音でライブもこなすので、申し訳ないけど 「ギタリストにこういう音作れ・・・と言えば、レコーディングでもライブでも、それで済む話じゃないのかな?」 と、思ってしまうのですが?? もちろん、ギタリスト的に悩ましい音が欲しい・・・ってこともありますが、その時は録音役でもある私とスタジオにこもって試行錯誤して・・・で、ある程度素早く解決できますし、なによりも、Local Sound Style的なギター音なら、これはギターとしてはかなりオーソドックスな音ですから、申し訳ないけど「この程度の音で、そこまで悩ましく感じる理由」が、私には質問文の範囲ではよくわかりません。 (大抵のアンプとエフェクタで、そんなに悩まず作れる程度の音だけどな・・・という感じです) それはそれとして、私はバンドPAにも携わるので、その観点で順番に個別に言えば >こんな感じで録音したギターの音をイコライザーでいじることはいいことなのでしょうか? ミキシング段階では、それはアリですよ。 さっき言ったとおりで、ギタリストが自分で音を作ってきても、ある程度はミキシング時にさわりますよ。 パッと聞いた感じ完璧でも、少しは手を入れないと、ミックス後の収まりが悪いことは当然にあるので。 これは、プロもアマチュアも関係ないです。 もちろん、最低限の「いじり」で音が決まるのが最も良いので、「考え方変えて、ギタリスト側で音作り直して、最初から録り直そう」という判断になることも多い・・・というのが、うちのバンドの普通のスタイルではあるのですが。 もちろん、そうやってギタリスト側でアンプ音を変えられないと、ライブの時に困るという当たり前の問題もあるからこそ、ギタリストの方がむしろ素早く対応しますが。 >確かにアンプで削れない帯域、増やせない帯域があるのは分かるのですが..... ここが、ちょっと私には感覚的に理解しづらいのですが・・・ 少なくとも、Local Sound Styleのギター音に限ってなら、一般的なアンプ、ギターと若干のエフェクタ程度では再現できないような音は無いはずなので、なんでそんなに困るのかなぁと・・・ まぁ、私自身はベース屋なので、「どこにでも有るこのアンプとこのエフェクタをこうすれば・・・」までのピンポイントのアドバイスは、実際に音を聞かない限りはできないですけど、質問者がそういう悩み方をせざるを得ない「事情」がわからないので、ちょっと何とも言えません。 少なくとも、Local Sound Styleのギター音に限ってなら、うちのギタリスト連中は、ZOOMのアンプシミュレータだけでも、数分で近い線は作ってきますので・・・ね。 >ライブでもpaに「この帯域ぶった切ってくれ」なんて言ってるのでしょうか? PAやってる際に、そういう注文が出ることも、あることはあります。 実際にどこまでぶった切れるかは、その時のPAの機材体制(アマチュアでは、会場によっていろいろなので)によるので、「ごめん、この会場はここまでが限界!」なんてこともあったりしますが、まぁそこまで注文してくるバンドのギタリストなら、こっちの限界もわかってくれるので、そんなにもめたことはないですが。 >paに細かくこうしてくれと削る帯域等書いてあるメモでも渡せばいいのでしょうか? メモを貰うことは、私は無いですねぇ。 どっちかというと、素人ステージの悲しさで、「たぶん、このバンドはシャキッと切れのよう音が欲しいんだろうな」とわかってても、使えるアンプがどうしても重たい音しか出ない(例えば、ちょっと古くてとか)なんてことがあり、そういう場合は、ギタリストに「客席音は、ミキサーでこれくらいならいじれるけど」などと相談しながら音を作っていく感じでしょうか。 PA側も、ギタリスト自体がどの程度まで音を作れるかが、初対面ではわからないので、現場合わせをしないと何とも言えませんし、それでも大多数のギタリストは、自分でアンプ自体の音を作って「この感じで客席に出して下さい」と言ってくるもんですから。 PAも、とにかくギタリストが作るアンプ音を聞かないことには、次に何をどうするかも決められないので、メモ貰ったって全く参考にもならないですので。メモよりも実際のアンプの音が最優先ですから。 >ライブでの音作りはpaが帯域を弄りやすい、中音もいい音を出すことを考えて作ればいいのでしょうか? 上の通りで、まずはギタリストのアンプ音ありきですから、「この音を鳴らしたい」という音をアンプで作って貰うのが最優先。で、あとはPA側が、どこまでご要望に添えるかだけの話です。 逆に言えば、ギタリストが、本人が本来出したい音と似ても似つかない音しか作れず、「これをPAでなんとかしてくれ」と言われても、普通は無理ですよ。これはプロの場合でも。 むしろ、プロなら、絶対に自分の狙ったイメージ通りの音が出るアンプは当然持ち込むか手配してきますし、PA側もプロ御用達の機材体制を手配するだけの「金銭的+時間的余裕」があるのが当然ですから、そういう問題は最初から発生しないというのが道理です。 質問者が、そういうプロ(事務所側が黙ってても対応してくれるほどの・・・)であれば、何も問題のない話だとは思います。 それを踏まえて、少なくとも、ギタリストまたはバンド側が、最初からPAに音を思いっきりいじって貰うのを前提で現れるなんてケースは、私は『こっちもそれで納得がいくくらい、特殊な事情がある時』以外には経験がありません。 その意味で、 >そんなバンドを私は見たことがないです、、、 も、私の経験の上では「そのとおり」でしょう・・・と思います。 まぁよほど特殊なケース以外では、滅多に無いことです。 >こんなバンドにしたいと伝えてる方は見たことありますが >私達ももちろんそうしていますが外音はそうなっていません。 ここは、もう現場次第です。 もちろん、PAの上手い下手なんてのもあるんですが、私のようなアマチュア業界では、そもそも現場の機材がたかが知れているので、「はなっから、レコード等と同様の音が出ること自体があり得ない」なんてことは、出演者の方がわかりきっていますから、みんなその範囲で「アンプ音は、せめてここまでの音は出す」「PAは、できるだけこういう音に近づけてくれ」までが限界というのは、互いにわかりきった常識です。 ここでもめるのは、かならず「自力でアンプの音すら作れない」「その割にはプライドと口だけは達者」なド初心者バンドに限られますので、PA側ではまぁ「しったことか」になりますし、そのことでPAサイドの信用が落ちることもないので(わかってる奴は、みんなバンド側が馬鹿なことを知っているから)、それなりにやるしかないので。 余談ですが、学生等の若いバンドより、年寄りヲッサンバンドの口だけは達者な連中の方が、タチは悪いですけどね(爆) 中でも、少し前に書いたように、ギタリスト自体が「自分が本来出したい音と似ても似つかない音しか、アンプで作れない」状態で、リハスケジュールもあるので改善のしようもなく、そのまま本番に突入というのは、アマチュア界ではよくある話ですが、とにかく出したい音の片鱗もバンド側が作れてないのでは、PA側には打つ手はないです。 なぜか、PA側に文句ばかり言うのは、こういうタイプのバンドばかりというのが相場で、ベテランだと現場と現場の機材見ただけで限界がすぐわかりますから、PAにもさほどは文句ばかりぶつけず、むしろPAに協力する方向で自分たちで音作りに専念するというのが、普通の姿です。 ただし、バンド側がハコ借り切り、PAも丸抱え雇いで、本番の倍ほどの時間のリハをじっくり出来るということなら、打つ手はもう少し出てきますし、それで解決できないなら、PA屋が腕が悪いと言われるのも仕方ないですけどね。 たいていは、ハコ借り切りの独演イベントが打てる財力があれば、解決できる問題ではありますが。 とにかく、質問者におかれて、DAWでメチャクチャ大きくEQ操作しないと、Local Sound Style的なギター音が出来ないという点だけが、ちょっと私には「事情」がわかんないですね。そこだけは、私の回答では質問者とズレがあるのは理解できますので、何かあれば(もう補足できないので)再質問上げて貰えればと思いますが、