ここから本文です

年金を納めていてもらう前に死んだらいくらか戻りますか??

xaonojikanxさん

2007/5/2521:07:04

年金を納めていてもらう前に死んだらいくらか戻りますか??

閲覧数:
37,465
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

melody_mamaさん

2007/5/2603:24:13

遺族年金の支給条件をクリアしていれば、
あなたの奥さんや子供などに、遺族年金が支給されます。
遺族年金には、遺族基礎年金と遺族厚生年金があり、
あなたが加入している制度により、支給条件や支給額に違いがあります。
1号被保険者の場合、遺族基礎年金は、18歳年度までの子がいるのがポイントですが、
子が成人していると妻や、子のいない夫婦の場合は、支給条件をクリアすれば、
60歳から65歳まで、寡婦年金というのがあります。
国民年金の保険料を3年以上納めている第1号被保険者が、
老齢基礎年金や障害基礎年金をもらわずに亡くなり、
遺族基礎年金の支給の対象となる遺族がいないときは、
死亡一時金をもらうことができます。
寡婦年金と死亡一時金の両方の受給資格を満たしている場合は、
どちらかを選択します。
いずれも期間が決まっってるものですから、終身ではもらえません。

一方、遺族厚生年金の場合は、子供の有無は関係ありません。
条件を満たせば、夫、父母、祖父母も支給対象です。
妻が 30歳未満の場合は、遺族厚生年金の受給権発生後5年間の有期年金となりますが、
他は失権(再婚など)ない限り、期限は特に決まってません。
自身の老齢基礎年金との併給は可能です。
自身の老齢厚生年金がある場合は、老齢厚生年金が優先ですが、
差額があれば、差額分は遺族厚生年金としてもらえます。

「年金もらう前に死んだら」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2007/5/2523:42:32

○年金を納めていてもらう前に死んだらいくらか戻りますか??

●年金受給前ですから、健常者で64歳以下ということですね。
そのような場合には、各種条件によって異なります。
*寡婦年金・・・・第1号被保険者として保険料を納めた期間が25年以上ある夫が死亡した場合に、
10年以上婚姻関係にあった妻が60歳から65歳になるまで、支給されます。
この年金は、夫が受給できたであろう第1号被保険者にかかる老齢福祉年金額の4分の3の額です。

*死亡一時金・・・・第1号被保険者として保険料を納めた期間が3年以上ある人が、
年金を受けずに死亡し、遺族が遺族基礎年金などを受けられない場合に支給されます。
この一時金は、保険料の納付期間に応じて12万円から32万円までの金額です。

その他、遺族基礎年金もありますが、未受給者ですから除外されます。

第1号被保険者とは、自営業者や学生など及び
アルバイトなどで職場で年金制度に加入していない人を言います。

gaianoasaさん

2007/5/2521:15:41

貴方には一円も出ません、奥さん若しくは18歳未満の子供さんには貴方が受け取るべき年金額の約半額が遺族年金として支給されます。
年金を掛けた年数と額により違いますが月額5万~ぐらいでしょう。
結局は年金は掛け損です。
頑張って長生きしてください。
80歳以上生きれば元は取れそうです、しかし今貴方が何歳のか?貴方が年金受給出来る頃にはまた減額されているかも、また支給年齢も引き上げがあるかもですね。

2007/5/2521:08:33

死んだ人に未成年の子どもがいた場合には「遺族年金」が支払われます。
独身だと1円も支払われません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。