ここから本文です

風俗嬢の末路について教えてください。 私は働いたことないのですが 風俗嬢の...

アバター

ID非公開さん

2013/12/303:24:48

風俗嬢の末路について教えてください。

私は働いたことないのですが
風俗嬢の知り合いがなんというか
TwitterやFacebookでの内容がもう、金金金です。
引越し費用60万だ〜
とかばっかり


財布にはいくらはいってるだの、今日でいくら使っただの。

周りにはキャバと言ってますがみんな風俗嬢だと知ってます。

FacebookやらTwitter見るたびに
縁を切りたいと思うようになってきました。


こんな金銭感覚で、普通の仕事に戻るのはまず無理かと思いますが
風俗嬢の末路ってどうなるんですか?そのまま熟女のソープで働くようになるんでしょうか?

二年前に、「一年後にキャバやめる!」って大々的に報告してきてコレです。最近は、私の背負ってるものはみんなにはわからない・・・。とか意味がわからないことまで。

辞めないのは自分なのに責任転嫁はじめたりします。

こういう風俗嬢は将来どうなるんでしょうか?



「あんたには関係ない」という回答はご勘弁ください。

閲覧数:
404,480
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

baby_vo666さん

2013/12/415:36:40

風俗嬢全般に言うと十人十色で金銭感覚も例外ではないです。
今回の質問は風俗嬢全般ではなく「こういう風俗嬢」との事なので、質問内容に記載の事から人物を予想して回答致します。
決して情報は多くないですが、今まで数千人の風俗嬢と接しているので大体の傾向はわかります。

内容から察するに、この方はお金に非常に執着していると思われます。
何かしらの目標、例えば専門学校入学金及び学費、海外旅行、起業、自動車購入、等の目的で金額や期間を設定されている風俗嬢の方は、比較的に普段の生活は一般職種の方と変わらず貯蓄機関だけが一般の方より異常に早い傾向にあり、目標達成後はあっさりと引退したり通常の生活に戻れる方が多いです。

逆に、通常の生活そのものの維持費が異常に高くそれを支える為に風俗の仕事をされている方の場合は、なかなか抜け出せません。
一人暮らしで家賃が20万以上とかで、毎日の様にコンビニで数千円あるいは場合により1万円近い買い物をしたり、基本的に毎日外食で食費だけで月に10万円前後あるいはそれ以上使うような方がザラにいます。
この場合月の最低支出が「家賃が20万+食費10万+コンビニなど5万」とするとこれだけで35万です。
このような方達はなんとこれが最低で1ミリも無駄遣いをしているという感覚は無いのです。
ここから光熱費、通信費、車などがあれば維持費、などで更に10~20万、更に遊興費、ブランド品を買ったり旅行やディズニーランドや中にはホストクラブへ行く方も少なからず居ます、そうなるとこういった方の月の生活費は最低で40~80万という事も普通にあるのです。
月に50~100万稼いでるのに貯金ゼロなんてザラにいます。

これが普通になってしまっている人は月給手取り18万でOLやったり、年収450万の旦那様と結婚して専業主婦、なんて事は到底無理なのです。

そうなると、風俗の仕事を簡単には辞める事はできません、質問者様も仰っているように熟女のソープで働くようになる方も非常に多いと思います。
二年前に、「一年後にキャバやめる!」と言って辞めていないというのも傾向の一つで「明日からダイエット始める!」と言った人が永遠にダイエットを始めないのと同じようなものです。
仮に、明確な目標があって1年でいくら貯めてその後どう使ってどう生きていくというそれなりの計画があれば別ですが、ただ単に「先のない商売だから1年で辞めるのだ!」と言ってる方はなかなか難しいですね。

当然、風俗嬢にもいわゆる賞味期限というのがあり、一般的な若い女性が在籍し業界内ではスタンダードなサービスでそこそこ稼げる、という期間は大体20代半ば過ぎまでで終わりあとは人妻・熟女のジャンルへと変わっていき単価も総客数も下がっていきます。
当然個人差が有り極端な例えですが仮に見た目が松嶋菜々子さんなら40歳でも全然稼げます、なんなら50歳過ぎても仮に見た目が黒木瞳さんならそこらの20歳の普通の子よりもおそらく稼ぐでしょう。
なので一概には言えないですが、通常は年とともに厳しい未来が待っています。

端的に、こういう風俗嬢は将来どうなるか、というと
いつまでたっても辞められず生きる上での第一優先がお金なので、同じようにお金でつながっているような人以外は徐々に周りに人が居なくなり気がつけば一人で、熟女系の風俗店で働き、派手なオバさんになり電車の中で独り言をつぶやくような人になります。
途中で運良くいい男と一緒になれば負のスパイラルから抜け出せる場合もあります。
かなりの割合で男に依存する部分が大きい傾向にあり、男しだいで信じられない位に別人のように社会適応する場合もあります。
運良くいい男と、と書きましたが、いい男の基準はあくまでもその本人にとってのいい男であり、世間一般のそれとは解離する場合もありますが、そのような男性と出会って引退するきっかけになる風俗嬢は非常にとてもとてもとっても多いです。


長文ですが最後に、一つ気になる点は「引越し費用60万」というと敷金礼金、仲介手数料、前家賃、と考えた場合は家賃10万円という事になります、都心のマンションに住んでいたらワンルームでも全然有り得る金額ですので決して異常な贅沢とは言えない金額だと思います。
もしかしたらSNSで書くネタがお金に関する事になりやすいボキャブラリーが貧困な方というだけの可能性もあるように感じました。

アバター

質問した人からのコメント

2013/12/6 12:00:48

一安心 かなり暇だといってるわりに高給料という感じで矛盾してたり。多分かなり給料は低いと思います。キャバ経験者の方の言ってるように、お金があるといちいち言いませんもんね。彼女は運命の相手という言葉も何度も数人に言ってました笑 なんかもう見てて痛々しいです。縁は切ります。ありがとうございました。

「ソープ嬢」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wjknq657さん

2013/12/604:52:57

金あってもホストクラブにつぎ込むんですかね。
まー辞める時は性病になって後悔した時なんじゃないでしょうか。

fuuchan_1122さん

2013/12/604:37:48

私の友達、現在24歳ですが…高校時代からキャバクラで働きだし、卒業と共に東京へ~スタイルが良く顔も可愛かったので、しばらくはグラビアアイドルしてましたけども、そこからなんでかAV女優になってしまいましたΣ(-∀-;)

ちゃんとTSUTAYAやレンタルビデオショップに並ぶくらいの人気みたいです。

名前ググればすぐに出てきます( ´∀`)/


高校の時からすごく仲の良い友で、大好きだったんですけど、AV女優になったと聞いたときは、正直引きました。
今は別世界の人で連絡とってません。

同窓会にも来なくなりました(+.+)

友達の話ですが、こんな人生の人もいます。。

tukush_iさん

編集あり2013/12/603:23:06

わたしもキャバ嬢を18才〜21才までやってました。3年間No.1嬢だったので金銭感覚はもちろん狂いまくり。数時間で何百万の買い物をすることもありました。

21で夜をあがったきっかけは お金に飽きたからです。
あと、昼でもナンバー1なれるのかな?っていう興味本位で。
でも出戻りしたくなかったので、お客さんの連絡先は全部消し、ケータイの番号も変え引越しもしました。

騒がれるのも引きとめられるのもだるいので友達には事後報告です。
前々から辞めることを公言するってことは、引き止めてほしいのではないでしょうか??


ほんとにお金持ってる人はいちいちお金がいくらとか周りに言わないですよ。
お金がいくらかかろうと別に関係ないから気にも止めません。何にいくら使ったかなど覚えていないし、そもそも値段を見ません、金額を言われても聞いていません。
そんなもんです。
だからその子はそうとう稼げてないキャバ嬢か風俗嬢なんだと思います。


ちなみに私はそのあと普通の昼間の仕事に入社し、10ヶ月で管理職に登りつめてました。いちお言っておきますがコネ入社や昇格ではないです笑


中途半端に稼いでる子って、夜から抜け出せない子が多いですよね。ホストとかにハマる子もたくさんいるし。

iwai513さん

2013/12/308:40:12

自分でまいた種は自分で刈り取ることになる。
末路はその人が今後どのような選択をするかによって変わります。

他人だけを変えることはできません。
縁を切りたいと思うようなら切るのもありですが、嫌な人間って自分にも同じような要素があるから引き合うのです。
自分が変わることで、それに反応するように相手が変わることはよくあることです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。