ここから本文です

メバルの体色の変化についての質問です(^-^)/

ari********さん

2013/12/1621:15:38

メバルの体色の変化についての質問です(^-^)/

メバリングの超初心者です。質問をお願いします(^-^)/

下の画像に示しますように、
メバルを釣り上げた直後の体色と、釣り上げた一時間ほど経過した後の体色の変化は、
どのような生物学的な機序なのでしょうか?

釣ったばかりは、クリーム色に茶色のラインですが、
その後、真っ黒になりますね。

そして、この種は、「アカメバル」で良いでしょうか?

ご教授よろしくお願い致します。

体色,アカメバル,メバリング,クリーム色,機序,クロメバル,シロメバル

閲覧数:
893
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/12/1700:45:48

>メバルを釣り上げた直後の体色と、釣り上げた一時間ほど経過した後の体色の変化は、
>どのような生物学的な機序なのでしょうか?

魚の体表には色素胞と呼ばれる体色を変化させる為の細胞があります。
釣られた後は絶命しますね。また、〆て神経を切断したりします。
そうなると、色素胞への指令が遮断されます。
となれば、体色の変化がなくなり、色素胞が活動していない本来の色が出るんです。


>そして、この種は、「アカメバル」で良いでしょうか?
はっきり申し上げて、写真での種の判別は不可能です。
メバルは地域により種ごとの体色変化が激しく、こうだ!と言えない魚です。
現に、いまでも多くの釣り人・漁業関係者さえ、
地域によりメバルの種類は最大5種いるという説が
一般的で、いまでも盲信されているくらいですから。

ちなみに、遺伝的な違いから、今では、
メバルは3種であるということが分かっています。
下記サイトに参考を示しました。

http://www.geocities.jp/ketasu/navie/mebaru/syurui.htm
http://www.q.turi.ne.jp/mebaru/
http://tsuriyoubi.jp/essay/0038/03.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%90%E3%83%AB

各サイトを見ると、
メバルの種の分類の際に、様々な呼び名が出てきて、
いったいどれが本当の名前なんだ?となりますね。

最も正しいのは一番下のサイト(ウィキペディア)
に表記されている、3種、
シロメバル・アカメバル・クロメバルです。

漁業者や釣り人の間で、
青メバルと言われるメバルはクロメバル、
金メバルと言われるメバルはアカメバルで、
シロメバルをクロメバルと呼ぶ地域もあったりと、
呼称がめちゃくちゃですので、くれぐれも、
原則、上記の三種であるということを忘れずに。

なぜここまで呼称が違うのかというと、
地域による体色の差が激しく、
また、死後の体色変化後の色で呼び名を
決めたりしたために、多様な呼び名で呼ばれているんですね。


と、ここまでうんちくだらけでしたが、
一応種の編別方法を示します。
最も確実な方法は胸鰭軟条数を数えることです。

アカメバル(メバルA型)・・・・・軟条数 15本
クロメバル(メバルB型)・・・・・軟条数 16本
シロメバル(メバルC型)・・・・・軟条数 17本

見た目での判別も可能ですが、かなりあいまいなので、これが一番確実です。
http://island.geocities.jp/mokoto_y_fish/F_mebaruN.htm
数え方が分かりやすく載っているサイトです。

一応、質問者様の釣られたメバルを見た目だけで判別するなら、
私ならシロメバルであると判別します。
体色変化前の色はアカメバルの場合、
茶か赤がかっていますが、写真のものを見る限り、
キレイな白色で、典型的なシロメバルの体色であると
いえるためです。
また、死後の体色に関しても、
アカメバルは金メバルと呼ばれるほど、
綺麗な金色ですが、写真では黒く色づいています。
アカメバルだともう少し綺麗に全体が光沢をもちますから、
上記から考えてシロメバルかと思います。

と、ここまで、自信満々に答えても、
結局は胸鰭を見たら違った!なんてこともありますから、
しっかり観察してみてください。

質問した人からのコメント

2013/12/17 08:39:26

降参 お二人さま、
そして、rx7802ms07fさん、まことにありがとうございます。
とても勉強になりました。
色素胞の死滅が、本来の体色を失わせるのですね。
胸鰭軟条数を数える方が、種の判定には確実なのですね。
今回釣り上げたメバル達は、
美味しい煮物としていただいており……(笑)、胸ビレの観察はできないのですが、
仰る通り、シロメバルかなと思います。
次回、釣り上げた時には、胸鰭軟条数を観察してみたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

min********さん

2013/12/1621:25:07

クロメバルやアカメバルなどの差違については、ここに詳しく書いてありました。

http://tsuriyoubi.jp/essay/0038/03.html

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる