ここから本文です

律令制からの官職で、小説などには、権守、員外介、員外中将などの役職がでてきま...

sun********さん

2013/12/2100:05:30

律令制からの官職で、小説などには、権守、員外介、員外中将などの役職がでてきます。
権も員外も、正規のものに対する、定員外というところでしょうが、権と員外の言葉の使い分けはいかがなっていますでしょうか。

閲覧数:
274
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ぽちょんさん

2013/12/2114:27:37

時代が違いまして、員外官は奈良時代、権官は平安時代。

員外官は、忙しい役職を助けるために配置される定員外の人。
なので実務系の官職に設置されたのですが、だんだん給料目当てに設置されるようになったので8世紀末には廃止されました。

権官の設置も8世紀末くらい。ちょうど員外官と入れ替わるように始まった制度です。
こっちが平安時代まで続きまして、「貴族に官職あげなきゃなんないけど定員足りない!」ということで乱発されました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる