ここから本文です

100年ほど前のカラー写真について。

oio********さん

2013/12/2701:34:12

100年ほど前のカラー写真について。

※どちらの勝てに投稿して良いのか分からず、「フィルムカメラ」カテでも同様の質問をさせて頂いております。

曖昧な記憶なのですが、今から15年ほど前に小学校の先生に見せてもらった写真が忘れられません。

その写真というのは、海外から来た人が日本で撮った写真だというのですが、驚いたことに100年ほど前(写真を見せてもらった時の100年前なので1890年代頃だと思います)の写真だというのです。しかもそれがカラー写真で、今の時代に撮ったような写真でした。写真には髷を結った男の人が一人映っているものだったり、山道で籠を担いだ二人の男性が歩いている写真だったりというものだったと記憶しています。

そこで質問なのですが、そんな当時からカラー写真なんてものがあったのでしょうか?一般的にカメラが普及しだすのはもっと後だと思うのですが、その当時でも白黒写真は存在してたと思いますが、カラーの写真なんてあったのでしょうか?その写真は何かの資料みたいなものに掲載されてたものだったと思うので、合成とかではないと思うのですが、あまりに写りが綺麗で今の時代に撮ったような写真だったので不思議でなりません。
もしかして白黒写真を今の技術でカラーに仕立て上げたものだったのでしょうか?

当方カメラの知識など一切持ち合わせておりませんので、もしお分かりになる方がおられましたら教えて頂けないでしょうか?よろしくおねがいします。

閲覧数:
310
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

編集あり2013/12/2704:13:36

カラー写真は、20世紀初頭にルミエール兄弟によって商業的に実用化されました。もちろん高価だったので一般への普及は難しかったのでしょうけどね。
フランスの銀行家アーベル・カーンがそのカラー乾板を使って世界中に写真家を派遣させたのは有名な話ですが当時、日本のカラー写真も何枚も残ってはいます。
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83...

おそらく、その時の写真でしょう。

質問した人からのコメント

2013/12/29 04:30:07

カラー乾板で画像検索しました。曖昧ですがこういう写真だったような記憶があります。
たくさんの回答有難う御座いました。長年に渡っての疑問が少し晴れたように思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

je_********さん

2013/12/2712:24:11

たぶん、それは白黒の印画紙に染料系の絵の具
(透明水彩絵の具の類)で色を塗って着色したものです。
むかしは衣類は天然染料で色の種類は限られていましたし
家財道具などもペイントなどなく、素材のまんまの色なので
現場にいなかった人が後塗りしてもソレらしく着色できたのです。

今なら、Photoshopを使って、色塗りしたレイヤーをYCbCr分解して
Y(輝度)の部分に元の白黒画像をコピーすればカンタンに色付けが可能です。
最近着色処理を行ったものならば、そのようにしてカラー化したのでしょう。

たぶん、それは白黒の印画紙に染料系の絵の具
(透明水彩絵の具の類)で色を塗って着色したものです。...

qfr********さん

2013/12/2709:01:45

髷を結っていた、という事は今から150年くらい前の幕末
の写真でしょう。
1850年から1860年頃だと思います。
幕末の写真は今も数多く残されています。
その中にはカラー写真もありますが、殆どは白黒写真に
絵筆で色付けしてカラー化したものです。
たとえばこのような写真。

http://www.sakai.zaq.ne.jp/duehv307/list1.html

この当時、先進国にはカラー写真を写す技術は存在しま
したが、現代のように鮮明な色は再現できませんでした。
手先の器用な日本人が絵筆で色付けするほうが綺麗
だったようです。

kaw********さん

2013/12/2708:50:05

江戸時代の幕末から明治維新の頃には外国人相手に日本の風物を撮影したポストカードが沢山制作されました。
そして当時は勿論モノクロ写真でしたから、着色したという事です。

pit********さん

2013/12/2703:06:27

それは白黒の写真に色を塗った物です。
人工着色写真と呼ばれる物でカラー写真とは別物です。
また現在のデジタル技術でカラー化された物でもありません。
今でも大相撲で使われる横綱の大きな写真はこの手法で作られていますが、他にこの手法を使う公式な写真はまず無いです。
実際のカラー写真は1903年に出来たオートクロームがほぼ最初ですから、それ以前は塗り絵式の人工着色カラーです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる