ここから本文です

◆北側斜線制限 北側隣地の日照の悪化を防ぐため、建築物の北側に課せられる制限。...

all********さん

2013/12/3117:37:24

◆北側斜線制限
北側隣地の日照の悪化を防ぐため、建築物の北側に課せられる制限。

‥‥とありますが素朴な疑問です。何故、南でも東でも西でもなく「北」なのでしょうか?

補足*御回答有難うございます。申し訳ございませんが‥‥もう少し分かりやすく御説明頂ければ幸いです‥‥m(__)m

閲覧数:
375
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cos********さん

2014/1/109:02:16

建物の影は、南でも東でも西でもなく北側に生ずるからです<(_ _)>

日本では、日の出と日没の、ごく一部の時間帯を除き、太陽は、必ず南の空にあります。
よって、建物があると、その建物に当たった光は、その建物から見て太陽の反対側、すなわち、必ずその建物の北側に影を生ずるのです。

質問した人からのコメント

2014/1/7 02:05:50

成功 皆さん有難うございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ymさん

2014/1/413:46:38

そんなことより風水を気にした方がいいですよ。

kuimushiさん

2013/12/3120:48:48

当たり前としか考えていなかっただけに
改まった質問には答えるのが難しいものです。

建てられる側から考えると
冬の昼前後の日照が一番期待するところです。

そのときに影響を及ぼすのが南側に建つ建物です。

西や東の建物の日陰も影響を及ぼしますが
その時点の日照は弱く日照を受けることによるメリットが少なく
また太陽が低い位置にあるために長い日陰となります
この日陰が近隣に影響を与えないように考えると
建物として成り立たない低さになります。

南に関しては影が出ないので問題になりません。

こんな説明でお分かりいただけますか?

iph********さん

2013/12/3120:32:23

太陽は東からのぼり西にしずむからだ。

mit********さん

編集あり2013/12/3121:23:48

日本は北半球に存在するからだ。

おもしろい解釈もあるなあと感心しているが、
南中時が最も太陽高度が高く陰が短くなる。
だからここを規制して、もっと太陽高度が下がる他面を規制すると家は建たなくなり、経済的に問題がある。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる