ここから本文です

ニホンイシガメやクサガメの飼い方について。

ten********さん

2014/1/416:42:47

ニホンイシガメやクサガメの飼い方について。

高校生です。
亀を飼いたいと思っているのですが、気になることがあるので教えてください。

去年の夏、私の友達がニホンイシガメ2匹、クサガメ一匹、ミドリガメ2匹、メダカを大きな水槽で一緒に飼育し、ろ過装置、材木の隠れ家、レンガなどの設備を備えているのを見せてもらったのですが、すごく羨ましくなりました。
しかし、見物していると日本の亀は常に静かでビクビクしていて、ミドリガメは堂々と水槽内を歩き回り日本の亀の頭や足に噛み付くシーンが何度かありました。
調べてみると、多頭飼いはよくないと知恵袋でも指摘されている人が多いと知りました。
でも友達が言うには「この水槽の中で切磋琢磨しながら生存競争を繰り広げる光景が見ていて楽しいし、癒される。一緒に飼うのを楽しんでいる人も全国には多いはず。隠れ家もあるので大丈夫。」ということなのですが、こういう悪趣味というか虐待に近い飼い方はありなんでしょうか?
餌争奪ではミドリガメにかなわないので日本の亀専用の餌やり場を設けているとのことなんですが、なんか見ていて可哀そうな気になりました。

補足餌やり場をきちんと確保したり、頑丈な隠れ家を提供してやれば上に書いた飼い方は可能でしょうか?

閲覧数:
2,095
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fis********さん

編集あり2014/1/419:01:05

私はカメの性質や個体差を考慮・見極めた上でクサガメ、ニホンイシガメ、ノコヘリマルガメの3匹を同じケージでほぼ10年室内飼育しています。
もちろんそれがセオリーに反している事は百も承知ですが、問題があれば隔離するつもりで同居させていて10年過ぎました。

しかも皆ほぼ同い年で体格にも大きな差はありません。

あと甲長20Cm前後のカメ3匹に対してケージは十分な広さを確保し、3匹同時にバスキングできる広さの陸場も設けています。

エサもそれぞれ好みが違うので特性にあわせて与えています。

同居させると苦労する部分もありますが、管理がぐっと楽になりますし、多頭飼育者に多い「ライト使い回し」するよりカメが自由にいつでもバスキングできる利点もあります。

以前この3匹に加えてハイイロチズガメを同居させていましたが、こいつは成長に連れ気が荒い面が見えて来たので隔離して別に飼育しています。

問題が生じた時に隔離できるなら多頭飼育も問題ないと思います。

同じクサガメでもイシガメでも全く同じ性質ではなく、特に気が荒かったり逆に臆病な個体差があります。

それを見極めた上での同居なら問題ないと思いますよ。

飼育書などではリスクを考慮してほぼ否定していますが、それが全てではありません。

多頭飼育でもうまくやっている人も沢山います。

ただ、明らかに強弱差がついているケースで改善しないのは虐待と言われても仕方ありませんね。

いま自然で起こっている事を飼育ケージでもやっているのですから。

私は飼育している魚やカメが争うのを見て癒されるどころか極めてイヤですから。

質問した人からのコメント

2014/1/5 14:27:02

降参 いろいろなご意見があり、非常に勉強になりました。
やはり亀を飼うのは最低限の知識や愛情が必要と思いました。
多頭飼育でも、うまく継続されている人がいるんですね。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

xyzさん

2014/1/417:51:27

こんにちは。
室内飼育で限られたスペースでの「多頭飼育」は、あまりよくありません。
しかも、種が違う「多頭飼育」などは、「飼育法・知識」が無い飼育者だと思います。(同種でもお勧めしません)

「クサガメ・イシガメ・ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)」
この3種は、それぞれ飼育環境・生態などに違いがあります。
泳ぎの得意な種、成長と共に気性が荒くなる種、水質に敏感な種、成長と共に陸に居る時間が長い種、エサの傾向の違いなどがあります。


個体差はありますが、縄張り意識も強く、同じ種でも攻撃する事があります。
発情期のオスなどは、軽い興奮状態になっているので攻撃性が増します。(オス同士でも交尾しようとして追いかけ回す個体もいます)

『多頭飼いはよくないと知恵袋でも指摘されている人が多いと知りました。』
と書かれてますが、「知恵袋」以外にも「専門書」などに出ています。
同種・他種の多頭飼育は、「誤食」の危険性・エサが当たらない個体・病気が移る可能性がある為です。
飼育者の中には、「ショップ」で同種などを何匹も居れて販売してるから問題無い・今まで何もないから問題無いと言ってくる「無知な飼育者」もいます。

「補足」で書かれている内容であれば、広い庭などに池などを設けて飼育するか、室内であればカメが成体になった時の広いケージを設置出来るのであれば可能だと思います。

カゲマルさん

編集あり2014/1/417:39:59

それも一興かと。

確かに一般的には『好ましくない』とされる飼育状況ですが、現に飼育を実戦されてるので『可能』となります。

※ 好ましくないって事は『リスクが高い』と言う事ですから、長期的な飼育を行う上で様々な弊害が生じると思った方が良いです。
故に、回答側としては『単独飼育』をオススメするのです。

餌場や隠れ家を工夫しようが効果は期待出来ませんので、トライするのであればリスクを承知の上でとなりますね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる