ここから本文です

生後四か月半、ゴールデンの餌について質問です

dar********さん

2014/1/512:38:36

生後四か月半、ゴールデンの餌について質問です

今までナチュラルチョイスの大型犬、子犬用の餌を、便の状態やフードの袋に書いてある与える量の目安を参考にして徐々に増量しながら与えていました。
しかし、一日に約580g(2100kCal)を与え始めた頃から下痢をするようになりました。
獣医さんに行ったり、餌をおかゆに代えてみたりしたところ、ドッグフードの脂質が多すぎるのではないか?という疑問に至りました。

比べてみたところ、ニュートロナチュラルチョイスのドッグフードは、他のロイヤルカナンやユーカヌバなどの大型犬子犬用フードと比べて3~5%ほど脂質が多いようなのですが、この差は子犬にとって大きいものなのでしょうか?
また、脂質が多いのでは?という結論は素人の私が思い浮かんだものです。他に考えられる原因があるのでしょうか?

もし大きな差なのだとしたら、餌を切り替えていきたいと思っています。
ドッグフードに詳しい方、もしくは経験のある方など、ご教授いただけたらありがたいです。

また、おすすめのドッグフード(大型犬子犬用)などありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

補足アドバイスありがとうございます。
犬にとっての食事の大切さ…痛感いたしました。
早急に原因を特定して、改善したいと思います。
また調べてみると、アレルギーによる下痢もあるとのことだったのですが、
皮膚炎等の兆候は今のところありませんし、今の餌も与え初めて二か月までなんの異常もありませんでした。
こんな状態でも、アレルギーはあり得るのでしょうか?
もしあり得るなら、アレルギーの検査もお願いしようと思っています。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
751
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moe********さん

2014/1/610:32:55

確かに、脂質が多いように思います。
3~5%の差も大きいものです。

まだ、子犬ちゃんだから、下痢程度の体調変化しか現れないものと思いますが、
例えば、それを長年続けていれば、各臓器や皮膚等に重大なトラブルを
抱えることとなります。

我が家の老犬たちは、わたしの勉強不足のために、肝臓癌になり、体中も
脂肪腫だらけです。
肝性脳症の発作や血下痢も酷くて、危篤状態にも陥りました。。。

子犬のころから、ユーカヌバ・ナチュラルチョイス・ファーストチョイス・
ヒルズ・ロイヤルカナン・シュプレモ等…有名どころのフードを与えていました。
宣伝文句は、どれもすごく良いものばかりでしたから…。

でも、3か月程前に、アメリカのドッグフードの格付けサイトを見て愕然としました…。

日本では、特別療法食としても、当然のごとく薦められる、
ヒルズやロイヤルカナンのフードですら、2つ星または1つ星の評価だったんです。

それ以来、4つ星以上のフードに変えました。

肝臓癌のワンコには、アカナのダック&バートレット梨。(楽天市場で購入)

変えてすぐに! 発作も血下痢も全て治まり、笑顔でリビングを駆け回っています。

※体重12.4kgのE・コッカー14歳で、1日120gあげています。
※老犬には、少し高タンパク質・高栄養なので、給餌量は、
標準より少なめです。

本当に、食の大切さを改めて実感いたしました。

アカナにも、パピー専用フードがありますよ。
もし、このフードで、下痢しちゃう子なら、カリフォルニアナチュラル・
ナチュラルバランスなどでも良いかも知れないですね。

ひとまず、量を増やして下痢し始めるなら、その子にとっては、給餌量が多い
…ということです。

ドッグフードの格付けサイトです。
(アメリカのものですので、日本のフードは載っていないと思いますが)

http://www.dogfoodanalysis.com/dog_food_reviews/

質問した人からのコメント

2014/1/12 07:52:50

丁寧な御解答、ありがとうございます!
とにかく色々試して、最適な餌を見つけてみたいと思います!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる