ここから本文です

歯列矯正中なのですが、顎関節症らしき症状が出てきました 3年ほど前から、...

pipipi_1208さん

2014/1/807:33:56

歯列矯正中なのですが、顎関節症らしき症状が出てきました



3年ほど前から、軽い出っ歯(、というより上顎全体の突出)を治してもらうために歯列矯正をしています。


上下2本ずつ、計4

本を抜歯して治療を行ってます。


1ヶ月前からは、矯正も最終段階に入ったためか、奥まった下の歯列を上の歯列に合わせるために噛み合わせの調整をしています。

その噛み合わせの調節に入って2週間経った頃から、右側のエラの付け根の骨がポコっと小さく腫れて触ると痛いようになりました。

触らないとそこまで痛みはありません。


また、今まで気にしてなかっただけかもしれませんが口を少し大きめに開けると、耳の近くでゴキっと音がします。

最近体調も貧血のような気持ち悪さがあるので何か関連があるかと思うと怖いです。



この症状自体、顎関節症なのか分からないので同じ症状で医師の診断を受けている方がいたら教えてほしいです。

また歯列矯正が原因で顎関節症が引き起こされてしまった場合、顎関節症を治すことは可能なのでしょうか?



もちろん、歯列矯正の担当医にはこの症状について話すつもりですが、私の話をいつも受け流すスタンスの医師で、残念なのですが根本的に信用できないので、できるだけ他の方の意見も伺った上で、医師に相談したいと思い、質問しました。


ご協力お願いします!

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
9,897
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/1/808:08:01

矯正が、原因で顎関節症になるのは考え難いですが、可能性がゼロとは言い切れません。
ただ、今は噛み合わせを調整しているということですから、全体のバランスが変わってきて一時的に顎に負担がかかっているのかもしれません。痛いのであれば無理に触ったり大きく口を開けたりしてストレスをかけるのはやめた方が良いかと思います。

もし、顎関節症であれば基本的には治りません。症状を緩和したり、対処法を学んで上手く付き合っていかなくてはなりません。
ちなみに、矯正の先生は矯正専門医ですか??歯科には細かい分野分けがあり、その先生が顎関節症の扱いを得意としていれば良いのですが、もし、本格的に矯正の専門医だというのなら、他の歯科医師に相談してみてください。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2014/1/817:33:04

矯正が原因で、顎関節症に発病している方は、知恵袋でも多くいます。

人間の永久歯は均等加重になるように生えてきます。その歯を動かせば均等加重が破壊される確立が高いでしょう。

歯科医師は、顎関節症に発病させるために、説明も、問診も、情報提供もしません。たぶん多くの人間がそのまま放置されているのでは。歯科医師は、信用できる人間でない。そのように大学で教育されている。徳島大学の助教授が、人工物で発病していても、人工物が原因だと説明する歯科医師は、徳島大学ではいないといっていました。

他の回答者も同類では。

矯正で、顎関節症に発病する可能性があることを文書にしている歯科医師も知恵袋でいましたが、ごくわずかでしょう。



以下、参考にしてください。
顎関節症(医療文献の引用)
症状
頭痛、目めまい、吐き気,咬合痛(歯根膜炎)、夜間の噛み締め、開口障害、顎関節音、肩凝り、胃腸障害、手足のひえ、腰痛、倦怠感、その他複合した症状を呈する。刺激が脳に伝達され、神経の誤作動、神経の調整機能を喪失させるために起こる。病院では原因不明のため自律神経失調症という病名が付される。患者は、歯とこれらの症状とを関連つけることはできない(説明されないため)。病院を転々として、重度になれば、寝込むようになり、自殺を考えるようになる。
原因
局所的要因 10~60マイクロメーターの歯の早期接触(歯科医師の人工物や不要な咬合調整、矯正、抜歯、親知らず、虫歯の放置噛み合わせが悪く永久歯が生えた等により引き起こされる。)
精神的要因 監禁等の強いストレスを受けた場合。
身体的要因 骨折等の重度障害、頬杖、硬いものを食べた等、顎に負担をかけた。
治療(局所的要因)
大学病院歯学部で治療を行っている。早期接触を取り除き均等加重にすることが必要。10マイクロの早期接触位置(咬合紙の厚み30マイクロ)を特定するのは困難な場合がある。その場合は、歯科医師は、通常治せない。

気をつけること
歯科医師が原因の顎関節症は、歯科医師が、原因不明とかの虚偽説明をしています。治療が妨害されています。歯科医師の説明を鵜呑みにしないことが大事です。人を病気にして金を稼ぐ犯罪です。
咬合紙をみて噛み合わせいけるなどと虚偽の説明をしています。咬合紙上均等加重でも噛み合わせとしては不十分です。噛み合わせが正常といえるには、歯根膜が感知しないレベルでの均等加重が要求されます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

coolnotkoolさん

リクエストマッチ

2014/1/811:52:33

>この症状自体、顎関節症なのか分からないので同じ症状で医師の診断を受けている方がいたら教えてほしいです。

わからなければ“医師の診断を受けている方”に聞くのではなく、医師に聞くものでは?


>また歯列矯正が原因で顎関節症が引き起こされてしまった場合、顎関節症を治すことは可能なのでしょうか?

少なくとも矯正を辞めればよくなりそうですね。


>私の話をいつも受け流すスタンスの医師で、残念なのですが根本的に信用できない

その医師を選択し、好んで通っているのはあなたですが。

musashi7733さん

リクエストマッチ

2014/1/809:14:19

実際診ているDRを信用できなくて
こんな 無責任な所を信用できる???
しかも 何年も その先生に矯正してもらってるのに???

歯科医に相談する以外無いでしょうに。
ここで 意見が欲しいなら
せめて顎関節規格写真やMRI画像でも 添付したらどうですか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。