ここから本文です

沖縄の郷土料理の『ゴーヤチャンプル』について質問です 『ゴーヤチャンプル』の...

kai********さん

2014/1/918:49:12

沖縄の郷土料理の『ゴーヤチャンプル』について質問です
『ゴーヤチャンプル』の歴史と
どのようなときに食べられるか教えてください
学校で使います

閲覧数:
5,011
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

awa********さん

2014/1/1021:01:56

沖縄在住者です。学校の課題も粋なもんですね(笑)。

チャンプルの定義ですが「野菜と豆腐の炒め物」です。
語義は長崎のチャンポンと同じで、「ごちゃ混ぜ」の意味。有り合せの野菜と豆腐を充分水気が飛ぶまで炒めた料理です。
この為、「豆腐の入らない炒め物」「汁ダクの炒め物」はチャンプルとは扱われず、内地でよく使われる「ソーミンチャンプル」や「ナーベーラーチャンプル」は間違いです。
・ソーミンチャンプル・・・豆腐が入らない為にOUT 正しくはソーミンイリチー
(半分スープのものは、ソーミンタシヤー)
・ナーベーラーチャンプル・・・汁ダクなのでOUT 正しくはナーベーラーンブシー

*イリチー 豆腐の入らない炒め物
*ンブシー チャンプルより汁ダクの炒め物
*タシヤー ンブシーより更に汁ダクの炒め物

ゴーヤは沖縄では夏の野菜ですので、ゴーヤチャンプルは夏を代表される庶民的食べ物です。何時の間にか冬でもゴーヤが手に入る様になり、今では年中、食されていますね。
これ以外のチャンプルでは「マーミナーチャンプル」や「フーチャンプル」が有名です。

ちなみに、チャンプルの歴史。
王朝時代より似た形は食されていましたが、現代の様に「ポーク入りチャンプル」が生まれたのは終戦後の米軍統治時代以降の話。米軍払い下げのポークが安価で手に入る様になり、現代の各種チャンプルが生まれました。現代のチャンプルは、歴史的にほんの数十年間です。

質問した人からのコメント

2014/1/14 19:06:17

降参 ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gpa********さん

2014/1/919:09:05

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる