ここから本文です

『“水上ソーラー”開発 -海上など想定、浮体式パネル検証』 2014年01月07日 ⇒ や...

blu********さん

2014/1/920:46:06

『“水上ソーラー”開発 -海上など想定、浮体式パネル検証』 2014年01月07日

やっと検証が始まりましたか?

面積がほとんど無限にある洋上で、浮体洋上風力よりもはるかに軽い太陽光パネルを浮かせることは、それほど難しくないのでは?
もしかして、将来の本命と言われている浮体洋上風力よりも、浮体洋上太陽光の方が、もっと安く早く実用化するのでは?


◇軽量化なら、
・太陽光パネルは超軽量のフィルム型
・構造体はカーボングラスファイバー
を使えばよい。

◇太陽の向きに合わせるために回転させるのには、
時計&出力を最大にするように自動制御し、位置情報はGPS機能で簡単に入手できる。

◇水素生成ステーション
タンカーを改造して海に浮かせて、そこで、海水の電気分解で水素を生成し、水素キャリアーの常温の溶液に充填する。それを定期的に船で陸の水素発電所まで運ぶ。


これが発電コスト10円/kWh以下でできるようになれば、原発どころか火力発電所も不要になる?


※太陽光の実質の発電コスト
ここ数年で太陽光パネルの価格が大きく下がり、パネル寿命の実力は40年以上。40年で計算すると、太陽光の発電コストは、現在すでに火力並み「10円/kWh」になった。今後まだまだ下がる余地がある。



・・・

『NEDO、“水上ソーラー”開発-海上など想定、浮体式パネル検証』 2014年01月07日

「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2014年度から水上太陽光発電システムの開発に乗りだす。企業に実証事業を委託し、陸上と変わらないコストで池や湖、海に設置できる太陽光パネルの開発を支援する。陸上に太陽光パネルを設置できる土地が少なくなることを見越し、水上を新たな導入場所として開拓する。岡山県内のため池に出力50キロワットの設備を設置するほか、場所は未定とするが海上でも同10キロワットの設備で実証を始める計画。

“水上ソーラー”は太陽光パネルを水に浮かせ、係留させて発電する。国内では唯一、埼玉県桶川市の調整池で水上メガソーラーが稼働している。NEDOは水上の発電に適した太陽電池一体型の浮体構造(浮体式パネル)の開発を狙う。地面や屋根に設置するパネルと同等のコストを目指し、普及につなげる。

池を使った実証はコアテック(岡山県総社市)に委託した。同社はシート状の太陽電池をはり付けたパネルを使った軽量化でコストを低減。岡山県内のため池に出力50キロワットの設備を設け、発電量や耐久性、保守のしやすさ、漏電などに対する安全性を検証する。海上の実証はシリコンプラス(東京都中央区)に委託。同社は結晶系太陽電池と浮きを一体化したパネルの開発を目指す。太陽の動きに合わせて海上を移動させたり、波が高くなると陸揚げする運用を検討。海特有の課題として塩害対策も検証する。」




補足



<太陽光パネルの経年劣化>

◆中国製のパネル(サンテック)でも、出力72%の25年メーカー保証がついています。

◆産業技術総合研究所による出力劣化特性評価実験結果;
25年後(%)
・単結晶 82~85
・多結晶 86.8~89
・CIS/CIGS 92.7~93.2
・ヘテロ接合(HIT)90.4
・アモルファス 74.6

特にCISやHITのパネルは25年経っても90%以上の出力を維持します。
パネル寿命の実力は50年以上ある可能性あり。


20年後の買い取り価格終了後、そのまま発電を継続すれば、昨年の1年間の申請分2300万kW?のパネルは、設備償却も終わり、ものすごく安い原価で発電をさらに20年以上継続できるのです。
40年で計算すると、太陽光の実質発電コストは、すでに火力並み「10円/kWh」になったのです。

20年後なら蓄電池が1/10以下の価格になっている可能性が高く、出力変動が無いまさに夢の理想の電源インフラが地産地消で各地に安く整備されることになります。
人類の夢の実現はもうすぐ手の届くところまで来ています。

火力による代替はすでに完了し、本当は最も高くて非常に危険な「原発」を維持する理由など全く無いのです。





太陽光パネル,浮体洋上風力,水上ソーラー,浮体式パネル検証,海上,メガフロート,浮体式

閲覧数:
905
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

国際情勢のカテゴリーマスターが要らん無駄口を叩いておりますが、火力が危ないとば笑止千万であります。
【 原発推進信者はもはやカルト化していますから、何言っても無駄でしょう。せめてオウム真理教のようなテロだけは止めて下さいね。世の中の大半は既存電力会社に高い電力を盗み取られてるのにうんざりしてますよ。原発即時ゼロにしない限り、電力の値上げは繰り返され止まりませんから。足元見られん様に日本海やオホーツク海での国産メタンハイドレードの商用化で日本の燃料価格は暴落しますからね。】
履いた言葉は飲み込むなよ、この度基地外メガソーラー!
blue_train22さん、私は小泉純一郎元総理の2013年11月12日の【原発即時ゼロ記者会見】での沖縄の負担軽減には将来的に浮体式でかつ移動式の【メガフロート】発言を参考に、GTCCや再生可能エネルギーの大規模プラントを建設して、気象条件の最善の場所に移動しながら発電し、災害時には台風なども含めて遠く離れて発電し続けて、災害復旧に直ぐに駆け付けられる体制で行くべきと考えておるのであります。
(1) 面積が無限の洋上で浮体式・移動型の再生可能エネルギー巨大プラントを造る事は造作も無い容易い事であると思うのであります。
経済産業省の幹部の本命視する浮体式洋上風力発電は100万kW級で原発と同程度の5,000億円も掛かるのであり、浮体式で洋上太陽光の方が実用化も早くパネル価格のコスト低減と性能アップから、私も此方の方が有望と思っておったのであります。
フィルム型は色々と用途が在り、放射性廃棄物の【宇宙投機】の為の【輸送専用宇宙船】の永続的発電を可能とするし、住宅の壁などにも利用出来る優れ物であります。
(2) 私の案では【メガフロート】上にギガソーラー設備を建設して、当然に波力発電なども併設し、更には蓄電池も装備して、通常時には接岸して発電し、台風や大雨の時には遥か沖合で発電し続けて、災害が発生しておれば直ぐに駆け付けて災害復興のための電力供給を行えば良く、巨大地震が発生すれば即時に逃げて津波を受けない所で発電し震災復興には即戦力の発電プラントと思うのであります。
何れにしてもGPS機能は搭載し、気象条件や日照状況に対応出来るモノと成ると思うのであります。
水素生成ステーションを改造タンカーで海水の電離分解により水素エネルギーを水素キャリアーの常温の溶液に充填して、定期的に船で水素発電所へ運び込むのは2015年から始まるのであり、水素社会の実現も近いと思うのであります。パネルの寿命の40年はもはや常識であり、10円/kWhを大きく今後は下げて行くことは明白であります。
(3) NEDOによる実証計画は溜池等でのモノであり、本格的な海洋での【メガフロート】を軽量化すれば、移動も出来て接岸専用では無く成るので、災害への即応力が有ると思うのであります。
今後の太陽光パネルは軽量の極みであるフィルム型が主力と成るのは明らかであり結晶系太陽電池と浮きから成る【浮体式パネルで、海上を移動しながら最も高効率な場所にGPSを使って誘導し、危なく成れば陸揚げでは無く、公海上の遠方海洋への移動も合わせて実証して貰えば、その方が優れておると思うのであります。
(4) 補足に付いてはバカに対する御発言であり、太陽光パネルは50年の寿命と成り、本来の寿命が10年未満の原発とは全く耐久性が格段に違う事は歴然なのであります。
ブルームエナジー社の【ブルームエナジーサーバー】もあり、石油連盟等による水素社会の実現も確実に近付いておると、そう言う事実に目を閉じ耳を塞ぎ、口だけは偉そうな暴露暴露の屁理屈を何時迄も長文でほざくんじゃ無い、大うつけ者は何処ぞのクリニックかで更生する事を希望するモノであります。

【メガフロート太陽光発電所】

国際情勢のカテゴリーマスターが要らん無駄口を叩いておりますが、火力が危ないとば笑止千万であります。
【...

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

gis********さん

編集あり2014/1/1302:41:32

これだって問題は充分ありますよ。
・海の上だって曇ったり雨が降ったりします。冬になれば雪や雹も降ります。海水をかぶれば塩が付着し効率が落ちます。何より海水は腐食性が大変高い物です。故障率が跳ね上がりますけど。
・海の上に作るということは、メンテナンスをする人を送るために大変なコストがかかりますね。また海が荒れたら修理・点検もできません。洗うための真水を確保するだけで大騒ぎです。陸から持っていくのか、淡水化プラントを取り付けるのやら。
・海が荒れた時の波の高さってどれくらいか知ってますか?4mを越えることも稀ではないのですよ?こんなに広い板を何の工夫もなく浮かべていたら、簡単に割れるでしょうね。まぁこの問題については造船屋に解決策があるでしょうが、その代わり海が荒れたらまんべんなく海水を浴びる事だけは覚悟して下さいね。

あと最近太陽電池のコストが下がったとされているのは、本当かどうか確認する必要がありますよ。粗悪な中国製太陽電池セルの価格が暴落しているという現実がありますから。高品質な日本製太陽電池セルも長期間(5~10年)使うと出力電力が下がりますが、粗悪な中国製は1~2年で出力が半分以下になる事が知られています。その上ヨーロッパで自然エネルギーによる発電の買い取り価格が見直され、大幅に安くなり自然エネルギーバブルが弾けて太陽電池の需要が無くなってしまったのですよ。そのため中国では雨後の筍のようにできた太陽電池メーカーがバタバタと潰れたそうです。

私としては、大規模太陽光発電は宇宙に浮かべるしか実用化は無理だと思いますよ。もちろん現状の技術ではメンテナンスコストが莫大すぎてお話になりませんが。最低でも軌道エレベーターぐらいはできないと無理でしょうね。まだ月からヘリウム3を採取してくる方が採算が取れそうです。かつてアポロ計画の技術で採算が取れるという試算があったそうですから。

補足
>中国製のパネル(サンテック)でも、出力72%の25年メーカー保証がついています。
あの、それは契約上の保証であって、技術的に実証された訳ではありませんね。それに10年後にそのメーカーが存在する保証はどこにあるのですか?韓国などでは不良品を輸出しておき、クレームをつけようとしたら「そんな会社は解散してもうない」ということがありますが。
例:
・台湾鉄路管理局の被害
-- E1000型電車
-- EMU500形電車
どちらも作ったメーカーがなくなり、事業を継承したはずのメーカーがサポートを拒否したため修理が困難になってます。おかげで台湾鉄路管理局(国鉄に当たる)では韓国企業は出入り禁止です。

・パラオ KBブリッジ
韓国のSOCIOが鹿島建設の半額で受注し1977年に建設→建設直後から橋の中央部がへこむ→何度も補修するが直らない。パラオ政府が1990年に自前で220万ドルもかけて補修工事を行った→1996年に崩落事故を起こす。国家非常事態宣言→各国による援助開始。日本も飲料水の供給や仮設橋を提供→韓国に補償を求めたが、「そんな会社は解散してもう無い。韓国政府としては感知しない」→日本の無償ODAにより鹿島建設が再建。

日本メーカー製については、私が指摘したとおりですね。で、その他の点についてはどうなのですか?地上には天候や夜があることすら認められないのですか?

話は変わりますが、火力発電所が危険な状態になっている現状をやはり知らないのですね。法定点検を特例によりすっ飛ばして運転しているのですよ?火力発電所だって、事故を起こせば大災害になりますが。原子力発電所よりはるかに温度も圧力も高い水蒸気を扱っていますし、エネルギー量としては核兵器並みの燃料を発電所のすぐそばに備蓄しているのですから。その上無茶な量の原油・天然ガスを強い円で買い占めていますからね。おかげで何十年かぶりの貿易赤字の上に、貧乏国では石油製品が買えなくなる始末。貧乏国を犠牲にして原発止めているという自覚ありますか?しかも原発を止めるという事は、原発に電力をつぎ込まなければならないのですよ?止めれば冷却ポンプが止まって福島第一原発と同じことになります。せっかく核燃料が残っており、原子炉自体は正常なのに、廃炉にするまで電力をつぎ込むのですか?

ま、反原発信者はもはやカルト化していますから、何言っても無駄でしょう。せめてオウム真理教のようなテロだけは止めて下さいね。世の中の大半は原発止めて高い電力を買わされるのにうんざりしてますよ。原発再稼働しない限り、電力の値上げは繰り返され止まりませんから。足元見られてどんどん日本向け燃料価格は上がりますからね。

#まったく電力会社が嫌いで「原発必要悪」論者の私が、何でここまでかばってやらなきゃならんのだ。

追記
あ、そうそう、こんなでっかい板を海に浮かべたら、海の環境はどうなるんでしょうね?広い範囲で太陽光が遮られますから、原発の温排水程度では済まない影響がありそうですが。もし海流にまで影響が出たら、大変な事になりますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる